自転車コースの簡単作成とGPSデータの処理方法

自転車で走るコースを考えて、地図上で距離と高低を把握し難易度を判断して、そのデータを元に走り、結果を地図に記録し、WebペイジにUP。 地図は紙から電子データに代わり、鉛筆で引くルートはコンピューターが勝手に引いてくれるようになりました。 現状のジオポタでの利用方法を纏めました。 gpxファイルはGoogle Earth、カシミール3D、その他多くのGPSで使える汎用性の高いファイル形式です。

ルートラボ or Googleマップ(ルート作成) → (gpxファイル取り出し) → GPSBabel(ルートポイント数調整) → カシミール3D、Google Earth(視覚化と難易度判定) → GPSにUP

GPSデータ → カシミール3D(gpxファイル取り出しと視覚化) → GPSBabel(トラックポイント数調整) → xml(=gpx)ファイルでWebにUP

by GEO POTTERING 事務局


ルート作成ツール

・ ルートラボ
   指定した2点間の道を自動で繋いでくれる。
   ルートデータをgpxファイルなどで取り出せる。
   プロフィールマップが見られる。

・ Google マップ
   指定した目的地の道を自動で繋いでくれる。
   『目的地を追加』すると経由点が増やせる。
   作られたルートをつまんで別の道に置くとルートの変更ができる。
   海外の場合にも利用できる。
    GMapToGPX(下記補助ツール参照)を利用しルートデータをgpxファイルで取り出せる。
    *2015.05現在、GMapToGPXは機能しなくなった。
     代わりにGPS VisualizerConvert a fileで取り出せる。

上記の補助ツール

・  GMapToGPX
    Google マップで作ったルートデータをgpxファイルで取り出せる。
     1.  GMapToGPXのブックマークレットを登録
     2. Googleマップでルート検索
     3. ブックマークレットの実行(登録したGMapToGPXをクリック)
     4. 『Full』をクリックしルートデータすべてを表示さす
     5. すべてを選択し、コピー、ペーストしてファイルとして保存
    解説ペイジ:Googleマップのルート検索結果をGPXに変換する方法

ルート(トラック)データ変換ツール

・ GPSBabel
   GPSが扱う様々なファイルを相互変換したり、トラックポイント数を減らしたりできる。
   ルートラボで作ったデータはポイント数が多いので、これで適当数に減らす。

・ Making GPX Tracks - OpenStreetMap
   GPSBabelを使ったトラックデータポイントの間引き方法などの解説。
   このペイジのSimplifying tracks参照。

・ TCX Converter
   Garmin GPS EdgeシリーズのTCXファイルをGPXファイルなどに変換できる。

地図描画ツール

・ カシミール3D
   様々な地図の描画が可能。
   プロフィールマップ(断面図)作成、累積登坂高度測定など便利な機能が沢山。
   山旅倶楽部オンライン地図サービスで国土地理院の地形図を配布している。
   ALPSLAB routeで作ったルートデータを取り込み、主に累積登坂高度の検討に使用する。

・ Google Earth
   航空写真でルートを表示する。 3次元的描画が可能。
   ルートをスタートからゴールまで自動でトレースする機能あり。
   山間部の雰囲気などを掴むのに便利。

・ Google マップ
   道路地図と航空写真を表示する。
   xml(=gpx)ファイルのウェイポイント、トラックなどを表示できる。

Google マップにルートなどを表示させるツール

・ Notions GPX Viewer
   Google マップにxml(=gpx)ファイルのウェイポイント、トラックなどを表示させる。

・ Google Maps API Tutorial
   Google マップ用のチュートリアル。
   Using the ELabel extension でラベル表示。

海外の場合のルート作成手順

Googleマップが海外にも使えるので便利だか、細い道などの情報が少ないので、補助的にGoogle Earth の『パスを追加』機能を利用する。

1  Google Earthの『検索』ウィンドウの『ルート』の『出発地点』『到着地点』に地名か住所を入れる。

2.1 ルーペマークの『検索を開始』をクリックすると自動的にルートが引かれる。

2.2 自動的にルートが引けない箇所は、ツールバーの『パスを追加』でルートを引く。

3  作られたルートをkmlで保存する。

4  kmlファイルをGPSBabelでgpx(xml)に変換する。

5  複数のルートを統合する必要がある場合は、gpx(xml)ファイルの<trk>もしくは<trkseg>以下を単一ファイルに纏める。

6  gpx(xml)ファイルをGPSにUP、またはWebにUP

■ Googleマップでも上記と同様のことができるようになった。

マイプレイス→新しい地図を作成→線を引く→Google Earth表示→右上のリンク『このリンクをメールに貼付けて共有できます』内をコピー→コピーしたアドレスの後ろに『&output=kml』を書き加える→このURLに移動→KMLファイルをダウンロード→以下上記4に続く

 参考:http://maps.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=171563

海外の場合のGPS用地図の作成

Garmin のGPSを使用しているなら、OpenStreetMap を利用するのがもっとも簡便。Free Garmin Maps Download For All Your GPS Needsにも有用な情報があるかもしれない。しかしこれらは情報量が限られていることが多いので、より多くの情報を求める場合には、以下の方法がある。

Garmin のGPSの一部は Garmin Custom Maps に対応している。 JPEGフォーマットの地図が入手できれば、これらの機種に読み込んでベースマップとして使うことが出来る。 (国内の地図でも有効)

1  Google Earthを開き、作成する地図の領域を表示する。

2  新規オーバーレイにJPEGフォーマットの地図を読み込む。

3  Google Earthの位置に合わせて読み込んだ地図を変形させる。

4  できたオーバーレイ情報を『名前を付けて場所を保存』を選択し、kmzで保存する。

5  保存したkmzファイルをGarmin GPS の『Custom Maps』にコピー。

 参考: KASIMIR 3D マップカッタープラグインの使い方

海外の場合に役立つ地図など

・ GPSies -- ルートラボ感覚でルート作成ができる

・ Openrunner

・ GPX file viewer

・ GPS Visualizer -- googleマップで作成したルートデータをgpxファイルで取り出せる

・ Openmtbmap.org

自転車生活 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
last modified:2015-05-27
uploaded:2007-08-22