8802

スペイン 6

アルコス+ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ

開催日 1988.09.12(月)- 09.13(火)

アルコス・デ・ラ・フロンテーラの街角
アルコス・デ・ラ・フロンテーラの街角

旅の紹介

◆ アンダルシアの旅は中盤に。 フロンテーラの2つの町を巡ります。 アルコスは白い街。 ヘレスではシェリーを飲みまくり。

行程表

day 月日 行程 備考
21 09.12
(月)
Ronda12:00 → 14:00Arcos de la Frontera
16:00 → 17:00Jerez de la Frontera
レンタカー
泊:Hostal Trujillo** 2,500Pts
22 09.13
(火)
Jerez de la Frontera15:39
→ 17:15Sevilla
列車
泊:H.Murillo** 7,000Pts
1Pts(ペセタ)= 1.1円、時差: -7h(夏時間)

アンダルシアの道からアンダルシアの道から

私たちの小さな車セアット・イビザは渓谷の上に建つロンダを離れ、アンダルシアの道をひたすら次の街アルコス・デ・ラ・フロンテーラに向けて走っています。 灼熱の太陽に照らされた車内は暑い暑い! 窓から見えるのは、これは石ころ?と思えるような水分を一滴も含んでいないようなごろごろした土の塊ばかり。 これでも畑だというのでびっくり仰天です。

まっすぐ伸びた道に突然どこから現れたのか、手を挙げて佇む人。 車を止めると、途中まで乗せていってほしいとのこと。 なんと生まれてはじめてここスペインでヒッチハイカーを拾うことになりました。

サンタマリア教会の尖塔を見るサンタマリア教会の尖塔を見る

14時ごろ岩山の上にあるアルコスに到着。 昨日は日曜日で銀行が休みだったのでお金を下ろそうと思うが、どうしたわけかここの銀行は休み。 ありゃ、ま。 仕方なくクレジットカードが使えるレストランで昼食です。 1,000ptsとちょっと高かったけれど味は良かったのでいいことにします。

白い家々白い家々

アルコスはアンダルシアの白い町として有名ですが、このあたりの村はどこでも白いので、ここまでやってくるとちょっと感動が薄くなります。 がちょっとかわいらしい家があったのでパチリ。

サン・ペドロ教会への道サン・ペドロ教会への道

旧市街はどこでもたいていそうですが、ちょっと細い入り組んだ路地が多く、その先は教会ということが多い。

隅柱のある建物の角隅柱のある建物の角

このあたりの建物は何世紀ごろからあるのかわかりませんが、ギリシャっぽいこんな柱が白い壁の中にあったりします。

カビルド広場からの眺めカビルド広場からの眺め

サンタ・マリア教会の前のカビルド広場の奥はちょっとした展望台になっています。 そこからやってきたアンダルシアを見渡せば

緑の平原緑の平原

下にグアダレーテ川が流れ、オリーブの畑に遠方まで緑の絨毯。 たいてい赤茶けた大地が広がるアンダルシアですが、ここからの眺めはめずらしく緑です。

ヘレスのボデガヘレスのボデガ

アルコスの次はヘレスです。 ヘレスは言わずと知れたシェリー酒の産地。 スペインでシェリーは単にヘレスまたはビノ・デ・ヘレス(ヘレスのワイン)と呼ばれます。 ということでここはボデガ(ワイン醸造所)巡りでしょう。

と、その前に今までお世話になったレンタカーを返却、これで充分に飲めます!

ボデガの中庭ボデガの中庭

どこのボデガでも工場見学できるようになっていますが、そのメーカーによって案内の仕方が違うのがちょっと面白い。 上の写真のWilliams&Hunbertでは、気のいいおじさんが作業着姿で熱心に解説(しかしスペイン語)してくれました。  薄暗い貯蔵庫に入ると、

『これは若いワインでこっちは年寄り、これくらい年を取ると飲んでもおいしくない、香りを楽しむのさ。』

といって長い柄の付いた柄杓のようなもので樽からワインを取り出しグラスに移します。

この中庭のほうはJhon Harvey's。 見学ルートもきちんと決められていて、若き美女が6名の客を纏めて英語できっちり説明してくれました。

樽をごろごろ樽をごろごろ

ボデガ内の建物の間はたいていこんな感じで樽が積まれ、その脇を作業員がごろごろと樽を運んで行きます。

シェリー酒は普通のワインとは製造方法がずいぶん違うといいます。 ぶどうの品種は3種だけだそうで、一般のワインは収穫した年ごとに瓶詰めされるのでビンテージ・イヤーができますが、シェリーは単年のぶどうだけで作られるのではなく、古いものから新しいものまでがブレンドされるのだそうです。 そういえばシェリーの瓶には収穫年が書いてありませんね。

セビーリャ フランス+スペイン TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2009-05-20