8802

スペイン 7

セビーリャ

開催日 1988.09.13(火)- 09.15(木)

カテドラルとヒラルダの塔
カテドラルとヒラルダの塔

旅の紹介

◆ アンダルシアの旅も佳境に。 ヒラルダの塔とカテドラル、アラブが色濃いアルカサール、ユダヤ人街サンタ・クルス街をメインに激暑のセビーリャを歩きます。

行程表

day 月日 行程 備考
22 09.13
(火)
Jerez de la Frontera15:39
→ 17:15Sevilla
列車
泊:H.Murillo** 7,000Pts
23 09.14
(水)
Sevilla 泊:Hostal Goya** 3,110Pts 朝食付
24 09.15
(木)
Sevilla
→ Carmona
泊:CH星なし 1,800Pts
1Pts(ペセタ)= 1.1円、時差: -7h(夏時間)

ヒラルダの塔ヒラルダの塔

暑い! 飲んだ水分は皮膚からすぐに蒸発し、皮膚には塩が湧き、からからにひからびたそこには割れ目が見えるようだ。

旅は3週間目に入り佳境に。 いよいよアンダルシア最大の街セビーリャです。 ヘレスから列車でやってきた私たちは街に入るまでに暑さでもうへろへろ。 熱射病なのかサイダーがダウンして安宿を当たる余裕がなく、かなり高価な宿に倒れ込んでしまいました。

翌日はなんとかサイダーも元気を取り戻し観光スタートです。 セビーリャといえばカテドラルにヒラルダの塔! 町中どこからでも見えるヒラルダの塔は約100m、12世紀にイスラム教徒によって作られたもので、 当時は鐘のある70mまででしたが、カトリック時代にさらにその上に塔を増築したものだとか。 てっぺんに載るヒラルダ(風見)は高さ4mもあるブロンズ像で、これがちゃんと風で動くというから驚き。

カテドラルのファサードカテドラルのファサード

ヒラルダの塔を抱え込んで建っているカテドラルはゴシックですが、ここにもイスラムの匂いがプンプン。

それもそのはず、セビーリャは8世紀初頭にイスラムにより支配されて以降、レコンキスタにより13世紀半ばにカトリック勢力により再征服されるまで、この地にイスラム文化を繁栄させていたのです。 新大陸との貿易により巨万の富を築き、セビーリャの歴史上の黄金期となる15世紀に、元あったイスラム寺院を改増築してつくられたのがこのカテドラルだそうです。 たしかスペイン最大のカテドラルのはずで、とにかく巨大!

オレンジのパティオオレンジのパティオ

そのカテドラルの中庭にあたるのがオレンジのパティオ。 オレンジのパティオというのはこのカテドラル以外にもありますが、ここはとても広く、整然と碁盤の目のようにオレンジの木が茂っています。

カテドラルの内部も外観同様巨大。 一般的な教会より横幅が大きいのが特徴ですが、これもイスラム寺院モスクの名残りらしい

鐘楼鐘楼

ヒラルダの塔はめずらしいことに階段ではなくスロープで上るようになっています。 これは王様が馬に乗って上れるようにしたからだとか。 そのスロープで薄暗い塔の中をゆっくり登って行くと着いた先には大きな鐘が。 この鐘、28個もあるそうで、もちろん現役、今でもセビーリャの街にその音を響かせています。

ヒラルダの塔からの眺めヒラルダの塔からの眺め

ここからはセビーリャの街が一望にできます。

近景近景

さすがにアンダルシアを代表する都市だけあり、建物は歴史的なものが多く階数も高い。

カテドラルの屋根カテドラルの屋根

街の遠望も素晴らしいが、なんといっても大迫力なのがこのカテドラルの屋根。 ゴシック様式の尖塔にボールトの屋根、フライング・バットレス。 凄い! としかいいようがありません。

アルカサール方面を望むアルカサール方面を望む

街の反対側は様相ががらりと変わり、アルカサールのうしろに広大な緑の公園、スペイン広場あたりです。

アルカサールアルカサール

セビーリャでアラブ色がもっとも色濃く現れているのはこちらのアルカサール。 この宮殿は14世紀にイスラム時代の宮殿の跡地にムデハル様式で建てられたもので、グラナダのアルハンブラ宮殿によく似ています。

トリウンフォ広場に面した赤い門トリウンフォ広場に面した赤い門

赤い壁のアーチの門の上には、おそらく王家の紋章と思われる、片手に十字架を持ち王冠を冠ったライオンのタイルが。 ここをくぐって進むと、植え込みのあるモンテーリャのパティオ、さらに進むと、

乙女のパティオ乙女のパティオ

お〜、とため息が出るほど美しいパティオに出ます。 平面的な大きさの割に高さのある1階は、柱廊のアーチの上にはこれ以上はない、と思えるほど繊細なレース状の装飾が施され、尖塔アーチの装飾も見事。

複雑な形状と光と影が織りなす空間複雑な形状と光と影が織りなす空間

奥の壁の腰には鮮やかな色のタイルが組紐のような装飾でさまざまな幾何学模様を構成しています。 回廊の天井にも同じような模様が施されています。

柱頭柱頭

美しい柱頭とアーチと細かい彫刻が施された壁。

大使の間の天井大使の間の天井

回廊を取り巻く部屋のひとつ『大使の間』。 高い四角い天井はいったん折り上げられ、その中に色鮮やかな金色のドームの天井。 ここも外部の腰壁のタイルなどと同じようにアラベスクが、天井から壁面まで途切れることなく施されています。

大使の間大使の間

独特のイスラム風アーチの仕切り壁と美しい文様の柱。 壁にはキリスト教巡礼者のシンボル、帆立貝がアラベスクの中に埋込まれています。

人形のバティオ人形のバティオ

このパティオの名称の由来はこのどこかに人形がいるからだそうです。 よくよく探せば、入ってすぐのアーチの下のアラベスクの文様のなかに子供の顔のようなものが紛れ込んでいました。 イスラムは偶像崇拝禁止ですが、作ったのがキリスト教徒だからいいのでしょうか? 

三階建ての建物に囲まれたこの空間も美しく、上部にはガラスの屋根が架けられています。

サンタ・クルス街サンタ・クルス街

アルカサールの北東にはかつてユダヤ人街であったサンタ・クルス街が広がっています。 入り組んだ細い道が迷路のようになっていて、ぶらぶらするにはうってつけのところです。

細い路地細い路地

壁には古いランタンが掛けられ、鉄の黒い格子のバルコニーにはきれいな花が飾られています。 入口の鉄柵から中を覗けば、たいていきれいなパティオがあります。

広場広場

街角というか広場というか、小さな道のちょっとした広がりにはいつのころのものか、とにかく古いに違いない石の柱が立っていました。 その上には鋳物の十字架。

壁際の古い柱壁際の古い柱

はげ落ちた壁の模様もなんだかサマになっています。

カラフルなアーケードカラフルなアーケード

これは新しいのか古いのかちょっと見ただけではわからないような、カラフルなアーケード。 どこだったかな?

グアダルキビール川のほとりに建つ黄金色じゃない黄金の塔を巡り、サンタ・カリダ病院でムリリョなどを観たりしましたが、セビーリャの印象は、とにかく暑かった〜 ということですねぇ。

カルモナ フランス+スペイン TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2009-05-21