9301

上海+蘇州

総合評価 ★★
開催日 1992.12.28(月)- 1993.01.03(日) 難易度

蘇州の運河
蘇州の運河

旅の紹介

◆  租界時代のエキゾチックな雰囲気を残しつつ、商業的に大きな発展を遂げつつある中国最大の都市上海と、『東洋のベニス』といわれ、風光明媚で静かに時が流れる運河の街蘇州を巡ります。

地図ベース:Google Maps

day 月日 行程 備考
01 12.28
(月)
成田
→ 上海(外灘、南京路)
成田10:00→上海12:40
泊:上海大厦
02 12.29
(火)
上海
(外灘、自由市場、豫園、黄浦江遊覧、大世界遊楽場)

泊:上海大厦
03 12.30
(水)
上海
(人民公園、玉仏寺、フランス租界、淮海路)

泊:上海大厦
04 12.31
(木)
上海
→ 蘇州(留園、西園、寒山寺)
列車/上海07:35→蘇州08:50
泊:蘇州飯店
05 01.01
(金)
蘇州
(獅子林、拙政園、北寺塔)

泊:蘇州飯店
06 01.02
(土)
蘇州
→ 上海(虹口公園、旧日本人街)

泊:上海大厦
07 01.03
(日)
上海
→ 成田
1元= 25円、時差:-1h

◆感想 by サリーナ

上海は、改革開放が軌道に乗った80年代に、その失敗の影響を懸念した政府があえて経済特区に選ばなかったため、しばらく発展が遅れていたのだそうです。 その後、90年代前半から爆発的に成長をはじめ、97年頃から超高層ビルが雨後のタケノコのように生えていったとか。 ということは、93〜94年の私たちの旅は、昔の上海の雰囲気を体験する最後のチャンスであったかもしれません。 上海では路上のチマキ屋やお好み焼き屋、まんじゅう屋と、散策しながらの買い食いが楽しみでした。 それから何といっても『大世界遊楽場』が面白い。 古びたビルの中の暗闇をゴオー!!とチャチイ感じのジェットコースターで駆け巡るアトラクションや、夜店の雰囲気の射的。 中央広場での劇場の催しは、京劇風はいいけれど、西洋音楽(マイケルジャクソンのスリラー)になると、まるで学芸会の踊りのようにヘタなダンス。 今でも健在だといいのですが。

蘇州では、レンタサイクルでのんびりした運河の街の庭めぐりを楽しみました。 この楽しい体験は、その後のジオポタに結びつく前史といえるかもしれません。 

上海+蘇州 1 サイダー&サリーナの世界の旅 GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2008-11-08