9301

上海

上海+蘇州 1

開催日 1992.12.28(月)- 1993.01.03(日)

自転車軍団が行く
自転車軍団が行く

旅の紹介

◆  租界時代のエキゾチックな雰囲気を残す上海、中国最大の人口を持つ上海、中国最大の商業都市上海、超高層ビルが建ち始めた上海、そうは言ってもまだまだ自転車が活躍している上海、上海雑技団の上海。 いろいろな顔の上海を楽しみます。

地図ベース:Google Maps (航空写真表示でご覧ください。地図表示では位置がずれます。)

day 月日 行程 備考
01 12.28
(月)
成田
→ 上海(外灘、南京路)
成田10:00→上海12:40
泊:上海大厦
02 12.29
(火)
上海
(外灘、自由市場、豫園、黄浦江遊覧、大世界遊楽場)

泊:上海大厦
03 12.30
(水)
上海
(人民公園、玉仏寺、フランス租界、淮海路)

泊:上海大厦
04 12.31
(木)
上海
→ 蘇州(留園、西園、寒山寺)
列車/上海07:35→蘇州08:50
泊:蘇州飯店
05 01.01
(金)
蘇州
(獅子林、拙政園、北寺塔)

泊:蘇州飯店
06 01.02
(土)
蘇州
→ 上海(虹口公園、旧日本人街)

泊:上海大厦
07 01.03
(日)
上海
→ 成田
1元= 25円、時差:-1h

外灘(バンド)外灘(バンド)

短い冬休みを過ごそうとやってきた1992年の年末の上海。 上海虹橋機場から路線バスに乗り、延安西路で乗り換えて外灘(バンド)までやってきました。  外灘(バンド)は黄浦江(ホアンプーヂアン)に面する山中東一路(チュンシャンドンイールー)の一部で、広い遊歩道が川に面して延びています。 そこには租界時代からの立派な建物が建ち並んでいます。 時計台のある上海海関(税関)は1927年造、とんがり屋根は高級ホテル和平飯店、その隣は中国銀行です。

外灘(バンド)の対岸外灘(バンド)の対岸

黄浦江の対岸では新しい高層ビルがいくつも建設中です。 この黄浦江の東側のエリアはこれからどんどん開発が進みそうで、新しい上海の顔になりそうなプロジェクトがいくつも立ち上がりそうな、そんなところです。

外灘(バンド)を北に進むと、蘇州(スウヂョウ)河に架かるグレーの鉄の塊のようなごっつい外白渡橋が現れました。 この橋を渡った所に茶色の壁のような建物が立ちはだかります。 これが私たちの宿、上海大厦(シャンハイ・ターシャ)です。 15時に到着したこの宿のインテリアはちょっとレトロな感じでそう悪くもありませんが、外壁のてっぺんの『aiwa』の看板がなんとも妙な雰囲気でした。

夕方、和平飯店から西に延びる繁華街の南京路を散策して外灘(バンド)に戻ると、遊歩道の街灯が緩いカーブを描いてどこまでも延びていました。

朝食の『ちまき』を買う朝食の『ちまき』を買う

翌日は豫園(ユイユェン)をメインにして外灘(バンド)周辺を歩くことにしました。 朝食は和平飯店の近くでほかほかの『ちまき』を買いました。 本場のちまきはやっぱりひと味違います。

揚げパン?揚げパン?

黄浦江の遊覧船があるということなので、その乗場を探しつつ外灘(バンド)を南下します。 1.5kmほどで外灘(バンド)が終わると、あとは豫園方向に適当に歩きました。 街中はどこも露店でいっぱいです。 これは細長い揚げパンのようなものを作っているところです。

お好み焼き?お好み焼き?

その隣では大きなお好み焼きのようなものを。 とにかく街中どこでもこんな調子だから、そこら中から食べ物の匂いがしてきます。

椎茸を量る椎茸を量る

食べ物とはいってもこちらは八百屋さん。 路上にほんのちょっとした台を出してそこに商品が積まれています。 日本ではもう見かけなくなった天秤秤を使って椎茸を量っていました。 このあたりには魚屋さんや乾物屋さんや洋服小物の店と、とにかくなんでも並んでいます。

豫園近くの通り豫園近くの通り

豫園(ユイユェン)が近づいてきました。 豫園商場といわれるこの周辺は豫園の門前市が商店街として発展したもので、点心を売る店や土産物屋やその他の専門店がびっしりと並んでいて老舗も多く、各地からやってきた中国人がわんさか、行ったり来たりしています。

この外側、人民路と中華路で囲まれた円形のゾーンはその昔は上海城とよばれ、16世紀半ばに倭寇の襲撃を防ぐために作られた城壁が廻っていたそうです。 ここは租界時代にも中国人だけが住んでいた地域で、今なお木造の建物が密集している、中国の臭いがとても濃いところです。

豫園豫園

お店群の中を掻き分けるようにして着いたのがここ、豫園(ユイユェン)です。 『豫』は『愉』のことで、『楽しい園』という意味を持つの明代の庭園。

入口には池があり、その中に軒先が跳ね上がったいかにも中国好みの2階建ての東屋、湖心亭があります。 ここにギザギザに架かる九曲橋を渡り中に入ると、そこはなかなか気持ちのよい茶屋でした。 歩き疲れたのでこの茶屋で休憩です。

豫園の中には中国各地から集められたという奇岩がたくさん。

豫園の龍壁豫園の龍壁

内部は塀で5つのゾーンに仕切られています。 それぞれの中にはいろいろなお堂や池があり、ぐるっと廻ればなかなか楽しいです。 が、わかりやすい楽しさはこの龍でしょうか。 龍は皇帝の象徴なので普通は装飾に使うことを禁じられているそうです。 でもここには龍がいます。 この龍、爪が4本しかないので龍じゃあないそうな。 龍って爪が5本なんだって。

昼食は近くの豫園商場の点心店で、蒸し餃子、蒸し饅頭6種とお茶で15元/2人也。

新装開店?の花新装開店?の花

さて、豫園のあとはぶらぶらと外灘(バンド)へ戻り黄浦江の遊覧船に乗ることにしました。 またまた市場を眺め、子供たちの遊びを眺め、ぶらぶら行きます。 こらは新装開店?の花。 黄色の菊に赤い帯、そこに黄色の文字といかにも中国風です。

広州博物館『鎮海楼』黄浦江遊覧

外灘(バンド)の黄浦公園にある埠頭から黄浦江遊覧の船に乗りました。 9元/人也。 船は黄浦江(ホアンプーヂアン)をゆっくり下り、長江(揚子江)との合流点までの30kmを往復します。 大型の客船からジャンクまでありとあらゆる船が行き交うのを眺めながら時を過ごします。

黄浦江の夕日黄浦江の夕日

しかしデッキはかなり寒く、景色は単調なのですぐに見飽きてしまいました。 13時半に出発して戻ったのが17時なので3時間半の遊覧です。 これはちょっと冗長過ぎです。

大世界遊楽場大世界遊楽場

夜は蟹でも食べよう、と向かったのは上海ガニで有名な王宝和酒家。 ところが有名なだけあり上海ガニってのは一杯二千円ほどと、とても高価なのです。  それで上海ガニは諦めて、カニ豆腐、カニ玉、タケノコと高菜の炒め物、小龍包とお酒にしました。 95元/2人也。 しかし、隣のおばさんは上海ガニをムシャムシャと食べていた!

夕食のあとは、昼間見たちょっとあやしい大世界遊楽場という所に行ってみました。 強烈なネオンがギンギンギラギラのここは大世界(ダスカ)と親しまれる大衆演芸場で、ちょっとした遊園地のようなものもあります。 入場料2元/人也。 中にある『魔奇世界』というなんともすばらしい名前の看板の下には、『一部立体的 一座新奇的 魔宮』とあります。 なんだかこれは面白そうと入れば、ここはどうやらのお化け屋敷よう。 真っ暗闇の中をジェットコースターで廻るもので、お化けの人形が置いてあるようなのですが、暗くてほとんど見えない上に、このジェットコースターが、ガクガク、ガッチーン、ビューン、ガタ、ガッターンという具合にとても廻りを見る暇がないほどの代物。 すごくアホらしくて面白い!(笑) これは別料金で2元/人也。 その他、大昔日本の遊園地にもあった射的なんかもありましたが、これまた的がとってもレトロでいいのです。

演芸のほうは、手品や雑技、京劇といったものがやられていて、こちらも日本で見られるのとはちょっと違って、少し滑稽で面白いといえば面白い。 とにかく一見の価値のあるところでした。 お薦めです。(笑) 

人民公園人民公園

翌日はこの大世界遊楽場の近くの人民公園から、その南のフランス租界あたりをぶらぶらすることにしました。 朝食はホテルでおかゆと饅頭をいくつか。 中国のおかゆはとってもおいしくて朝ご飯にぴったりです。

人民公園に着くと、そこは朝早くから大勢の人々が集まっていました。 赤い扇子を持って踊りのようなことをしている人々、これは太極拳かな?

人民公園人民公園

日なたのテーブルに集まっているのは男が多く、トランプや将棋を楽しんでいます。 そのテーブルを取り囲んで野次馬が何人もたかっているので、一つのテーブルには10人以上が張り付いています。

人民公園人民公園

こちらはのんびり、ぼんやりと日なたぼっこをしながら新聞を読んでいます。 外灘(バンド)といい、この人民公園といい、本当にたくさんの人がいます。 上海の人々は外で過ごすのがとても好きなようです。

上海市第一百貨商店上海市第一百貨商店

人民公園の東北の角には上海最大のデパート、上海市第一百貨商店があります。 上海の大きな建物は租界時代に造られたちょっとレトロなものが多く、これも1934年に建てられたものだそうです。

リング状の歩道橋に集まる人々リング状の歩道橋に集まる人々

その前は南京路と西蔵路が交わる大きな交差点で、その上にちょっと珍しいリング状の歩道橋が架けられています。 その上は 歩道橋が落っこちてしまうのではないかと思われるほどの人でいっぱい。 百貨店の中も人でいっぱいです。 その割に店員が少なく、ここでカシミアのセーターでも買おうと思ったのですが、商品を見せてもらったりするのがものすごく大変で、断念。

上海市第一百貨商店からは西へ向かい、玉仏寺へ。 門前の食堂でワンタンスープと蒸し餃子の昼食は7元/2人也でした。

さらに行けば上海展覧中心というばかでかい敷地のばかでかい建物に出ました。 ここはショッピングセンターのようなもので、家具や絨毯に始まり漢方薬までとありとあらゆるものが売られています。 さきほど買い損ねたカシミアのセーターを格安でGET。

上海展覧中心からは南下して淮海路(ホアイハイルー)に入りました。 淮海中路は、1842年の南京条約により開港した上海に設定された租界の中の一つ、フランス租界の中心で、旧蒋介石邸などの立派な建物があります。

紙芝居のおじさん紙芝居のおじさん

そんな建物を見てもいいですがそれより、ぐわ〜〜と道の端から端まで並んで走る自転車の群れ(TOP写真参照)や、もう日本ではなくなったトロリーバスなどを眺めるのも楽しい。

横丁に入ると子供たちがたかっているところに出ました。 一体何事か? と覗いてみると、これまた日本では消えてなくなった紙芝居のおじさん。 紙芝居が終わらないと飴は買えないんだよ!

飴を買う子供たち飴を買う子供たち

というわけで、画面に見入る子供たちです。 紙芝居が終わった所でちょっと変わった形の飴が子供たちに配られます。 おいし〜〜い! といい顔。

この後私たちは南京路に戻り、夕食。 海鮮三種とキヌサヤの炒め物、ブロッコリーの炒め物、鳥唐揚げのレモンソース、桂魚蒸、老酒で140元/2人也。

珠江の船上海雑技団

上海の夜はやはりこれでしょう。 大世界遊楽場はそれなりに面白いですが、この上海雑技団のほうはもう世界的に有名と言ってもいいものになりました。 入場料は20元/人也です。 ほとんど体操選手かと思われるような軽い身のこなしに、頭とお尻がひっくり返ってしまうくらいに柔らかな体の持ち主が、次から次へと妙技を披露してくれます。 パチパチ!

珠江の船珠江の船

年が明けた1993年の1月2日、ここ中国は旧正月だからか、特別お正月らしい賑わいはなく、ほとんど平常と変わらぬ空気が流れています。

虹口公園虹口公園

この日は上海の中心から北にある虹口公園(ホンコウゴンユェン)に行ってみました。 新正月も休みなのか、ここにはとても多くの人々がやってきています。 園の中には日本でも有名な魯迅の墓があり、大きな池や築山があります。

珠江の船サトウキビ

この虹口公園の近くでは妙なものを見かけました。 竹のような木のようなものが路上に組まれて置いてあります。 その隣ではおじさんがせっせとその木のようなものを鉈で削っています。 どうやらこれはサトウキビらしいのですが、いったい何に使うのでしょう? ジュースにするの? 他にも柄のない竹の箒のようなものなどが。

旧日本人街旧日本人街

虹口公園から南下すると旧日本人街です。 大正から昭和の初期にかけてここには多くの日本人が住んでいたようです。 建物は日本風というわけではなく、どこかちょっとヨーロッパ調です。

珠江の船旧日本人街

中には唐破風のお寺だったらしきものなどもありますが、ほとんどはレンガ蔵のこんな建物が並びます。 連続したアーチが綺麗ですが、その窓に干された洗濯物がいかにもアジアという感じですね。

箒やさん箒やさん

その塀の下には箒を作る人が。 おじさんが丁寧に一つ一つ作っては塀に立て掛けていました。 こちらはちゃんと柄が付いていますね。

上海+蘇州 2 上海+蘇州 TOP サイダー&サリーナの世界の旅 GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2008-11-08