9301

蘇州

上海+蘇州 2

開催日 1992.12.28(月)- 1993.01.03(日)

蘇州の運河
蘇州の運河

旅の紹介

◆  『東洋のベニス』 2000年以上の歴史を持つといわれる蘇州、街を取り囲む外城河以外にも様々な運河が街の中を網の目のように巡ります。 『蘇湖熟、天下足』 蘇州と湖州の作物が豊かなら、中国全土の食料をまかなうことができる。 『上有天堂、下有蘇杭』 天には極楽、地には蘇州と杭州がある。 このように様々に言われてきた蘇州は水が豊かで風光明媚、静かに時が流れるところです。

地図ベース:Google Maps (航空写真表示でご覧ください。地図表示では位置がずれます。)

day 月日 行程 備考
01 12.28
(月)
成田
→ 上海(外灘、南京路)
成田10:00→上海12:40
泊:上海大厦
02 12.29
(火)
上海
(外灘、自由市場、豫園、黄浦江遊覧、大世界遊楽場)

泊:上海大厦
03 12.30
(水)
上海
(人民公園、玉仏寺、フランス租界、淮海路)

泊:上海大厦
04 12.31
(木)
上海
→ 蘇州(留園、西園、寒山寺)
列車/上海07:35→蘇州08:50
泊:蘇州飯店
05 01.01
(金)
蘇州
(獅子林、拙政園、北寺塔)

泊:蘇州飯店
06 01.02
(土)
蘇州
→ 上海(虹口公園、旧日本人街)

泊:上海大厦
07 01.03
(日)
上海
→ 成田
1元= 25円、時差:-1h

蘇州駅蘇州駅

1992年の年末も年末、12月の31日に上海から蘇州へと列車でやってきました。 上海の駅の窓口で『蘇州まで2人ね!』と中国語で言ったら通じたのがうれしかった。 切符は買うのに苦労することがありますからね。 私たちが乗ったのは軟座(1等みたいなもの)で、日本でも良くある2人づつが向かい合わせの席でしたが、乗客がまったくいなくて独占状態でした。 窓の下半分、目線の部分はレースのカーテンで覆われていて、座席にもレースのカバーが翔られている、ちょっとレトロな車両です。

運河運河

蘇州の駅は思ったより大きな立派な駅でした。 駅からは人力車(自転車で引く)で上海から予約した蘇州飯店に向かいました。 蘇州は水の都、運河の街、至る所に水路があります。

ホテルで朝食をとり、ちょっと休憩したあと自転車を借りました。 蘇州の観光エリアは自転車で廻るのに丁度良い大きさなので、あちこちにレンタサイクル屋さんがあります。

街中の小さな通り街中の小さな通り

蘇州の中心部は東西3km、南北4kmほどの外城河に囲まれたエリアですが、留園、西園、寒山寺の3カ所の見どころはこのエリアから西に数kmほど離れたところにあります。 まずはこの離れた見どころに向かうことにしました。

大通りはまずまず立派な通りですが、裏道は庶民の生活が見え隠れしていて楽しい。 民家の軒先には洗濯物が干され、その前を荷車に物資を積んだ人々が行き交います。

小さな街角小さな街角

蘇州の主だった交通手段は自転車です。 男も女も自転車に乗ったり押したり。 ちょっとした街角には物売りがお店を広げています。 ここでは白菜や落花生といった日常の生活野菜が売られています。

外城河外城河

蘇州の中心部をぐるっと取り巻く外城河はこのあたりで一番大きな運河。 そこでは様々な物資を運ぶ船がいつも行ったり来たりしています。

市場市場

『歓迎光臨』と書かれた看板があるここはどうやら生鮮市場のようです。 肉、魚、そして野菜が所狭しと並んでいました。

肉屋肉屋

肉やでは日本ではあまり見かけない風景が見られます。 そもそも日本の肉屋は自分の所で捌いていないところもあり、仮に捌いていたとしても、それは店の裏、客が見えない所で仕事をします。 ところがこちらでは店先で切り刻んでいます。 日本ではまずお目にかからないブタの頭が、カウンターの上にデ〜ンと乗っています。

人民服の男たち人民服の男たち

このころの中国は都市部の若者は人民服を脱ぎ始めましたが、お年寄りや地方ではまだまだ人民服が活躍しています。

裏通りの男たち裏通りの男たち

自転車でリアカーを引くおじさん。

日向の女たち日なたの女たち

運河沿いの日だまりでは家の前に女たちが腰掛け、編み物などをしています。

日なたの女たち2日なたの女たち2

中国ではどこでも洗面器が大活躍。 鉄にホーロー引きされた白いのが一般的で、これにきれいな絵柄が入ったものなどはホテルの客室にも置かれることがあります。 レトロな魔法瓶に入ったお湯をこの洗面器に移し、顔を洗うのです。

この家の前にもいくつか洗面器が並んでいます。 食材を入れたり、調理したおかずを入れたり、洗面器は何にでも使われます。

西園西園の大雄宝殿

日なたを自転車で風を切って走るのは壮快です。 まず着いたのは留園。 なぜか紹介できるような写真がないので留園は飛ばして、それから隣のこちら西園へ。 境内に入ると何やら白くけぶっています。 屋外の一角に赤い蝋燭と赤い線香が供えられていて、そこからモクモクともの凄い煙が上がっているのでした。 ここは元代初めに帰元寺の名で起こったものの、お隣留園の所有者がこちらも手に入れて庭園とし、西園と名付けたそうです。 その後またお寺になったりと紆余曲折あったそうですが、19世紀半ばに消失後再建。 ということで、100年と少し前の建物のようです。 羅漢堂には500体もの羅漢像が安置され(撮影禁止なので写真はお見せ出来ませんが)、これは圧巻!

お昼はこの西園で精進料理。 冷菜4種、じゅん菜スープ、八宝豆腐、甘い蒸し物みかん作り、飲物で60元/2人。

道は自転車専用?道は自転車専用?

西園のあとは寒山寺を廻り街中に戻りました。

蘇州の街は上海に比べると、いや比べるのは間違いだけれど、とても落ち着いていて、未現代的とでもいえば良いのか、歴史的な建物が多いといえば良いのか、とにかくそんな感じです。 道に車はほとんどおらず、走っているのは自転車ばかりです。

お好み焼きやさんお好み焼きやさん

そんな蘇州ですが、上海と共通していることといえば、やっぱりこちらも露店がいっぱい出ているということでしょうか。 餃子だかシュウマイだかを作って路上で売る人、こちらはお好み焼きかな。

竹の専門店竹の専門店

こちらはちょっとおもしろいです。 ここには竹で作ったものばかりが並べられています。 手前から竹のお箸、ぐちゃっと積まれているのはなんと竹の洗濯バサミ、その右は中華鍋などを洗う竹のたわし、その先は竹の衣紋掛け、おばさんの籠に入っているのは竹の鍋敷き、その他もろもろ竹だらけです。

ただいま工事中ただいま工事中

まるでタイムスリップしたような蘇州ですが、そんな蘇州にも建設ラッシュの波が。 さすかに上海と違ってここには超高層はないようです。 古いエリアを取り壊し3階建てほどの建物に建て替えているようでした。 そうそう、アジアの建物は木造が多いのではと思われる方が多いかもしれませんが、ここではレンガブロック造です。 実は木造の建物というのはアジアでも思っているほど多くはないのです。

西のほうの観光はひとまずこれでおしまい。 ホテルに戻り、夕食はそのレストランで、ワンタンスープ、麻辣豆腐、八宝銀杏炒め、紅魚尾醤油味、ビールと紹興酒で75元/2人也。

我らが人力車我らが人力車

翌日はホテルの南側に広がる公園をぶらつきながら、外城河の杭州行きの船乗り場まで散歩。 そこで人力車(自転車の)の顔付の悪そーな兄さんに声をかけられる。

『おい、あんたらどこまで行くんだい、安くするから乗りなよ!』 としつこい。 実は今日は外城河で囲まれた狭いエリアを巡るので、レンタサイクルではなく人力車でと思っていたので、丁度よい。 けれどこの兄さん、口の聞き方といい人相といい、いかにも信用できなさそうだったので、『私たちは歩いて廻るから、人力車には乗らないよ。』 といってなんとか断りました。

しかし、一日人力車をチャーターするなら早い方が良い、ということで、この兄さんが立ち去ったあとちょうどそこへやってきた別のお兄さんと交渉。 こちらは話し方といい顔付といい、とても穏やかで信頼出来そうです。 交渉が成立して今日はこの人力車にお世話になることにしました。

一旦ホテルへ戻り、身支度を整えて街巡りに出発です。

昼食は筆談で昼食は筆談で

まずは腹ごしらえと向かったのは蘇州の中心部、観前街にある松鶴楼。 ここはなんでも創業1732年の老舗で『松鼠桂魚』というのが売りらしいのですが、実はここで何を頼んだのかは忘れてしまいました。 しかし、同じテーブルになった女の子とお父さんと母さんの3人の家族との筆談が楽しかった。

この女の子、私たちが聞いたことのない言葉をしゃべっているのが気になって仕方がない様子。 お父さんとお母さんに、こちらをちらっと見てはなにやらひそひそと話しかけています。

そこでこの女の子に話しかけてみました。 ニーハオしかわからない私たちは紙切れを取り出してそこに、『私は日本人です、あなたは?』 とか書き出しました。 すると『私は中国人です。あなたはどうして蘇州にいるんですか?』と答えが帰ってきます。 むずかしい字はお父さんが代筆してくれます。 こうして食事中、この子とのおしゃべりを楽しんだのでした。

獅子林獅子林

庭園というのは日本もそうですが、一日にいくつも見ると、どれがどれだか分からなくなります。 ここ中国の庭園は、でこぼこが多い奇妙な石があちこちにあり、池があり築山があり、丸い出入り口があり、白い塀がある。 どこも皆同じように見えてしまうから困ったものです。

 獅子林獅子林

こちらは獅子林。  14世紀の中頃、元代末期に造られたもので、獅子林という名は太湖石と呼ばれる空洞だらけの奇岩が獅子のように見えることから付けられたらしく、ボコボコ、がちゃがちゃな石がそこらじゅうに置かれています。

池を取り巻くようにして回廊や遊歩道があり、上海の豫園の入口にあったようなギザギザに架かる橋を渡ると、お決まりの東屋があり、そこを通り抜けると迷路のような岩山へ渡ることができます。

箒やさん拙政園

記録があやしいのですがこちらはたぶん 拙政園(せっせいえん)。 北京の頤和園、承徳の避暑山荘、蘇州の留園と共に、中国の四大名園といわれているところです。 16世紀の初頭の明代の造営です。 蘇州ではもっとも有名な庭園でとても広く5万平米もあるそうです。

拙政園の大きな池拙政園の大きな池

ここにも大小の池があちこちにあり、たくさんの建物がその廻りを取り囲んでいます。 獅子林より大きく伸びやかな印象で、建物、庭ともに少し日本的な感じもします。

豫園の龍壁北寺塔

北寺塔。 高さ76m、9層の八角形の塔です。 報恩寺というお寺にありますが北寺と言った方がわかりやすい。 お寺は3世紀ごろの三国時代は呉に建立したと言われていて、塔ははじめは11層あったとのことですが、12〜13世紀の南宋時代に煉瓦と木を使った現在の姿に改修されたそうです。

蘇州の屋根並み蘇州の屋根並み

北寺塔から下を見ればこんな感じ。 白い壁に黒い瓦の家々が続きます。

北寺塔から北寺塔から

北寺塔から蘇州のメインストリート人民路を見ればこんな感じ。 車がほとんどいないのがわかりますね。

広州博物館『鎮海楼』外城河を行き交う船

外城河は蘇州の城壁の外側に作られた堀のような運河で周囲は23kmほどあるそうです。 この外城河はいつでも行き交う船の姿があります。

上海+蘇州 TOP サイダー&サリーナの世界の旅 GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2008-11-08