9702

モンゴル

総合評価 ★★
開催日 1997.08.23(土)- 08.30(土) 難易度 ▲▲

ブルド周辺にて
ブルド周辺にて

旅の紹介

◆  草原の国、遊牧民族の国モンゴル。 朝、ゲルでの目覚めは遠く何キロメートルも先の動物の鳴き声で。 丘に上れば見渡す限りの草原に風が歌を歌う。 日が暮れればゲルの煙突から白い煙りが立ち上り、夜更けには満天の星の下で語り合う。 時には馬やラクダに乗り、ナーダム(祭)を観、草原でゴロンとすれば真っ青な空! とにかくとってもとっても魅力的なところです。

モンゴルの地図
地図ベース:Perry-Castaneda Library Map Collection

day  月日 行程 備考
1 08.23
(土)
東京→ウランバートル JL111/羽田06:30→関西07:45
MIAT9032/関西08:55→ウランバートル13:15
泊/ウランバートル:ボロルマのアパート
2 08.24
(日)
ウランバートル
泊/ウランバートル:ボロルマのアパート
3 08.25
(月)
ウランバートル→ブルド 泊/ブルド(バヤンゴビ):ツーリスト・ゲル
4 08.26
(火)
ブルド→ハラホリン→ブルド 泊/ブルド(バヤンゴビ):ツーリスト・ゲル
5 08.27
(水)
ブルド→ウランバートル
泊/ウランバートル:ボロルマのアパート
6 08.28
(木)
ウランバートル→テレルジ
泊/テレルジ:ジョルチン社のホテル
7 08.29
(金)
テレルジ→ウランバートル
泊/ウランバートル:ボロルマのアパート
8 08.30
(土)
ウランバートル→東京 MIAT9033/ウランバートル16:00→関西20:00
JL120/関西21:30→羽田22:45
1US$=750Tg(トゥグリク)

◆感想 by サイダー

今年の夏休みは多く取れそうにない。 近くて涼しいところで休養を、と思ったら知り合いのモンゴル人を思い出した。 モンゴルならぴったりだ! 情報を入手すべくバトブヤンに会うとその友人エンヘを紹介してくれた。 『モンゴルを個人で旅行するのはたいへんよ。 友だちが現地で日本語を勉強しているから会ったらいいですよ。』

というわけで、エンヘの友人ボロルマと現地で会うことにした。 結局彼女に旅の大部分をお世話になることになる。 陸の移動は効率的とは言いがたい路線バスを利用するか車をチャーターするかヒッチハイクするかしかないようだし、宿は一エリアに一箇所か二箇所と少なく、電話が発達していないので手配もスムースに行かない。 現地で旅行代理店に頼むよりおもしろそうだからね。

今回はウランバートル周辺をちょっと廻っただけに終わりましたが、それでもとても魅力的でした。 何より見知らぬ旅人をゲルに招き入れてくれ、お茶を振る舞ってくれた遊牧民の人たちの笑顔が素敵でした。 見渡す限りの草原のなかにぽつんとある白いゲルは思ったとおりの風景。 いつかゴビ砂漠やカザフスタンの近くへも行きたいと思います。

P.S.  難易度を▲▲としましたが、実は私たちはさほど苦労をしていません。 ボロルマがいろいろと面倒を見てくれたからで、それがなかったら▲▲か▲▲▲だったろうということで。 ひとつ苦労をしたことを紹介すれば、食事ですね。 ウランバートルなら探せばそこそこのレストランもあるのでしょうが、一般的には羊肉しかなく野菜も少ないうえ寒冷地だからか脂分が多いものが多いのです。 簡単に言えば単調なこってり味で、今までの旅の中では一番きつかったかな。

モンゴル 1 モンゴル TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2005-07-25