0105-3

紀伊半島周遊 三日目

大泊〜熊野〜潮岬

開催日 2001年04月30日(月)曇のち雨
参加者 サイダー/サリーナ/ミキーレ/チューボー/ジーク
総合評価 ★★
難易度 ▲▲
走行距離 85km
地域 東海・近畿

橋杭岩
橋杭岩

コース紹介

出発時は止んでいたものの、ほどなく雨。 前日、最後にサリーナのBIKEが破損、今日はサリーナを除き4人。 雨の中を爽快に飛ばすミキーレ。 おかげで平均速度20km/hというとんでもない記録となりました。 相変わらずアップダウンは続くのですが今回のコースのなかでは最も楽だったかな。 追い風も味方してくれました。 素晴しい海岸の景色を楽しみながら本州最南端に到着!

走行ルート図 地図ベース:昭文社エアリアマップ全日本道路地図
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
大泊 START 発08:45 R42 海岸に100匹以上の鯉のぼり!
新宮 28km 着10:45
発11:10

R42
駅前で休憩 めはり寿司、さんま寿司を食す
太地町
 昼食
51km 着12:30
発14:00

R42
くじらで有名な町 くじら博物館見学
橋杭岩 75km 着15:15
発16:00

R42
弘法大師が作ったとの神話
串本 77km 着16:15
発16:50

r41
町営『珊瑚の湯』で一風呂
潮岬 85km 着17:15 泊/ユースホステルみさきロッジTEL:0735−62−1474
会員2700円、ビジター3900円、 朝食600円、夕食1000円

海岸の鯉のぼり海岸の鯉のぼり

大泊から進むとほどなく、海岸に100匹以上の鯉のぼりが泳いでいる。

続鯉のぼり続鯉のぼり

サリーナはこの日、観光をしながら電車で潮岬へ。

名物『獅子岩』名物『獅子岩』

ミキーレ以下二人は猛スピードでかっ飛んで行ったので、ここはスルーしてしまった。 のんびりが好きなサイダーだけが獅子岩を楽しんだ。

旧道のトンネル旧道のトンネル

このあたりのR42のトンネルは旧道を利用したらしい、歩行者自転車専用トンネルが車道と平行してあり、安全で快適。 こんなトンネルがもっと増えてほしいですね!

切り通しを行く切り通しを行く

相変わらず雨の中を爽快に飛ばすミキーレ、なんとか追い付こうとがんばる、ジークとチューボー。

ここは切り通し。 登りが終わり、さあダウンヒル! ここからジークの猛追が始まり、絶好調でミキーレを追い越すのだった。

くじら博物館の舟の模型くじら博物館の舟の模型

新宮で駅弁として有名な『めはり寿司』や、さんま寿司を賞味し、くじらの街、太地町へ。

太地町のくじら博物館には、くじらの標本や鯨漁の説明展示があり、装飾されたきれいな舟の模型もあった。

橋杭岩の見える海岸橋杭岩の見える海岸

いよいよ、本州最南端に近づいてきた。 橋杭岩の向こうには潮岬。

橋杭岩橋杭岩

弘法大師が作ったとの神話で有名な橋杭岩。波の侵食でこのような奇妙な形になった岩がたくさん続く。

ここでケン・ボーズが合流。

スピード違反のミキーレを除名して、4人は串本駅の近くの町営『珊瑚の湯』で一風呂。 温泉はやっぱり最高〜!

ミキーレは一人、紀伊大島散策へ。

チューボー感想 by チューボー

雨と風と坂の三重苦

三重苦のなかの走行はかなりきついものでした。さらに交通量も多く、大型トラツクがダーと横を通り抜けるときは「あーこわー」と感じたものです。 そして最終日に転倒という初めての経験もしました。

たまには、思い切り体力を使い、あぶない思いもし、神経を緊張させるのもいいものです。 心身ともに活性化します。 きつかったとはいえ、坂を除けば、雨は半分、風も半分ほどは追い風でこれは楽チンでした。 浜辺にずらりと鯉のぼりが120匹以上も並んで泳いでいる風景にも出会えました。

毎日の食事が非常においしい。 体力を思い切り使うので体がご飯を要求する。 空腹を味わうのもいいものです。 食事とともにピールも体に吸われていきます。  温泉です!---体が喜んでくれて生きてる実感を味わえます。

全てが終わったあとは、つらいことを忘れ達成感と楽しい思い出だけが残ります。 みんなよく頑張りました。 また一緒に走りましょう !

反省点など

1  ヘルメットはやはり必要ですね。あとでヘルメットを見ると左側がへこんでいました。その分頭が守られたのです。
2  手袋もこけたときに手を守り、雨の日は体温低下を防ぎます。
3  車道から歩道への乗り上げは細心の注意を。特に雨の日は一度降りてからするぐらいの注意が必要かも。車道の端もでこぼこがあったり、排水溝の鉄蓋があったりしてこわい。

< 前日へ 紀伊半島周遊TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2001-05