0112

宇都宮餃子ツアー

開催日 2001年09月15日(土) 曇/雨 
参加者 ミワプッチ/ヴェネーノ/ミキーレ/セーナ/サイダー/サリーナ
ビジター 須藤さん
総合評価 ★★
難易度
走行距離 45km
地域 首都圏

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

コース紹介

餃子専門店30軒を擁する餃子の街、宇都宮。 そのうち2軒を食覇し、ハイライトとしてあのワールドカップも行われた宇都宮森林公園周回コースの一部を走ります。

宇都宮駅前にて宇都宮駅前にて

宇都宮駅前の『餃子像』の前で今日の『餃子ツアー』の安全を祈願する参加者

餃子像、思ったより小さいのね!

大谷石の断崖大谷石の断崖

いきなり餃子屋さんに入り、走る前にたらふく餃子を食べたメンバー。 こんなんで走れるのかな?

古い商家を見たり巨大仏舎利を見たりしたあと、大谷観音へと向う。 するといきなり目の前に大谷石の断崖が!

広場には、繋いだ石ではなくて一体の石で出来ているものとしては日本一大きい観音像が建っている。山を削り出して創ったそうだ。(これは大谷観音じゃなく、?観音)

大谷石の採掘場内にて大谷石の採掘場内にて

巨大観音を後にして大谷石の採掘場(今は資料館)へ向う。

採掘場が近づくと空気がひんやりしてきた。 なにやら背筋がゾクゾク。

薄暗い階段を下り始めると『ひょえ〜』 『すげ〜』との叫びが。 しかし階段はまだまだ下へ続くのだ。 そこに見たものは、まさに宇宙空間だった。 高さ、幅、奥行共に不明(我々には)の壮大な暗闇。 大谷石が採掘された跡なのだ。

湖の前で湖の前で

さて、いよいよメインコース、森林公園に突入だ。 ここから激坂が待っている。

さあ行くぞ! とダムの前で記念撮影。

左から、得意な登りを前にやる気満々なヴェネーノ、新妻(新ブロンプトン)にまたがるミキーレ、今日はゴールスプリントじゃないのねのサリーナ、ヴェネーノには負けないよのミワプッチ、メインの前にすでに息も絶え絶えのセーナ、余裕のヴィジター須藤さん。

記念撮影が終わると、ポツポツ、ザーッ と雨。 休憩所に駆け込み退避するも雨は上がってくれない。

田んぼの中を行く田んぼの中を行く

『わしはここから帰る〜う』と弱きなセーナを、クライマー、ミワプッチとヴェネーノが『戻るより進んだほうが楽だよ!』と激坂へ引きずり込もうとする。 廻りのみんなは、にやにやしているだけ! カッパを着込んで全員で激坂へ突入! しかし、路面は滝のようになっている。 『あ〜、やっぱり戻ればよかった〜〜〜』

なんと頂上に着くと雨は小降りに。

合羽でGO!合羽でGO!

坂を下り、宇都宮駅方面へ田園コースを快調に走る信号トリオ、 赤:サリーナ、青:ヴェネーノ、黄:須藤さん

稲のある景色稲のある景色

美しい日本の風景ですね。

廻りは田んぼや畑が広がり、稲、じゃがいも、枝豆などの作物が実る。

けぶった山並と刈り入れ目前の稲。

田舎道を行く田舎道を行く

雨もどうやら上がったらしい。 先頭はGPSを携え道案内のミワプッチ、セーナもなんとかがんばった。 ミキーレは新妻をかばいつつ後方からみんなのバックアップ。 最後尾には余裕の須藤さん---この方、オールラウンダーでアジア諸国を自転車で制覇したつわものらしい---

今回のすばらしいルートはミワプッチによるジオポタIT革命の成果。 GPSと地図ソフトを駆使した賜物!

打ち上げも餃子打ち上げも餃子

雨の泥おとしはやっぱり温泉! 豪華露天風呂もあるパワー温泉リフレ---600円也

最後の〆はやっぱり『餃子』と『黄金の液体』

今日食べた餃子の種類

水餃子、普通の焼餃子、青じそ餃子、激辛餃子、玉子スープ餃子、味噌味スープ餃子、蟹餃子、木耳餃子、韮とネギの餃子、無添加餃子、もう一つ…忘れた…

宇都宮餃子ツアーレポート----by ミワプッチ(企画者)

9/15日敬老の日の祝日、私ミワプッチ、ヴェネーノ、サイダー、サリーナ、ゲストの須藤さん、前日参加宣言のミキーレと宇都宮餃子ツアーに出かけることになりました。
まずは上野駅で集合です。 早めにきたはずなのに、早々とサイダー、サリーナに会ってしまいました。次にヴェネーノと須藤さん。
09:06、ミキーレは電車が発車しても現れません。。 まさか自走中?
しばらくすると、なんとセーナが来ました! 途中の最寄駅から乗ってきたようです。 「ドタ参のセーナ」とサイダーに名づけられてました。
天気は曇りベース。 普通列車でお尻も痛くなってきたころ、やっと宇都宮駅に着きました。自走してなかったミキーレにも改札で会う事が出来ました。総勢7人。

改札をでた外で自転車を組み立て、東口の餃子像前で集合写真! 餃子像は穴だらけで、東口はさびれてた。。。
自転車に乗って、西口へ回り、二荒山神社近くの餃子屋「来らっせ」をめざします。
このときGPSを使っているのに、一本前で曲がってしまい、ちょっと迷ってしまいました。。そこで見かけた他の餃子店「みんみん」のすごい行列にビビリましたが、「来らっせ」ではどうやら座れました。
しかし、この店はサービスがあまりよろしくなかった。。 地ビールもいまいちのようでした。 餃子は、市内各店舗のものを日替わりで何種類か食べられるので、餃子カレー丼をのぞき、全種類頼みました。
どれがどれ〜?と確認しながらお腹一杯腹ごしらえ。 すでにこれから走ろうって感じじゃなくなってます。

それでもなんとか自転車にまたがり、小高い丘にある、仏舎利を目指します。 うーん、特にどうって事なかったな。 ここは。
つぎは大谷石の崖仏を目指します。 まだナビゲーションになれていないので、「あやしいGPS!」なんていわれながらも、いい感じの田舎道も通ったりして、以外に早く到着。
今は稲刈りのシーズンで、黄金色の稲穂がきれいです。
大谷石崖仏は300円だったので、無料の平和観音だけ見学。サリーナとミキーレは観音様の頭の上に階段で登りました。
割と時間に余裕があったので、大谷石資料館も見学することにしました。 敷地内に入ると、途端にまわりの空気がひんやりとしてきます。 まだ地下に入っていないのに。
入場料は600円! とちょっと高いなぁと思って中に入ると、これはビックリ! まるで、「レイダース失われたアーク」のようです。 特にミキーレは大感激してました。
地下の採石所の気温は12度だそうです。 上に上がってくると、とても蒸し暑い。 一休みして再出発です。

いよいよ本日のハイライト、森林公園のサイクリングコースを目指します。 途中で多気山への坂道を登るのですが、セーナは早くも押しが入りました。 私ものろのろと送れて頂上へ。 途中の茶屋がいい感じだったなぁ。 だんだんと車も少なくなってきて、森林公園の駐車場に到着。 ロードの人が一人だけいました。
赤川ダムまで少し登り、休憩していると、本降りの雨が。慌てて東屋へ避難します。
しばらく待ちましたが、どうもやみそうにないので雨装備をして出発。 ここからが激坂です。

頂上への激坂は路面に応援のペイントなどがしてあり、サイクリングレース気分。 しかし土砂降りで地面を水がどばどばと流れています。 きついことはきつかったけど、ほんの少しの登りで頂上到着。 意外にも簡単でした。 頂上はとくに展望がなく、がっかり。 雨もやんでしまいました。 もうすこし待てばよかった! 雨装備を着たまま山を一気に下ります。
下りきったところでセーナの変速機にトラブル! サイダーが直しました。 ここからは、ルートを作ってはいても実際通れるかどうか分からないという、あやしいGPSの本領発揮です。 あっちにふらふらこっちにふらふら、集合写真を撮ったいい感じの景色の田んぼ道もありました(虹が見られました)が、農耕機専用なんていう砂利道も通ってしまいました。皆さんごめんなさい。 宇都宮市は、普通のどうってことない道でも自転車歩行者用の白線が道路脇に引いてあったりして、なかなか自転車向きの都市のようです。 さすがジャパンカップ開催地!?

日も傾いてきた頃、お風呂に到着!パワー温泉なんてなんじゃい、と思っていたら、スーパー銭湯のようです。 安くて新しくてゴージャス。 みんな大満足です。ビールもばっちりです。 ヴェネーノは、夕飯の餃子屋までビールを我慢してました。えらい!

お風呂を出るととっぷり日が暮れている上にまた雨。いや〜んな感じでしたが、幸いすぐに餃子屋に到着。はっきりいってお店の外観をみたら予感しました。 ここはイケる。海外で必ずおいしいレストランを発見するという私の鼻が大丈夫だと行っています。 店内はがら空きでしたが、帰る頃には一杯でした。 この「餃子園」の餃子は4種類。 オーソドックスに美味しく、しかも焼き餃子190円と言う破格の安さ!昼間の「来らっせ」はやはり観光客価格だったのでしょうか。。。? さて、たらふく食べて飲んで、えっこのお会計! やーこのツアーは良かったねぇといってもらって、企画者として、とても嬉しかったです。

お店を出ると雨も止んでおり、宇都宮駅へ一直線! ルートを外れているので、適当な道を走ります。 すると、途中でサイダーが餃子やにリュックを置き忘れた事が発覚! 一人で取りに戻りました。 我々は無事宇都宮へ。 輪行準備をして、みんなは売店が閉まる前にビールを確保します。 サイダーは途中で電話してきて、迷っているようです。。
改札でずっと待っていましたが、ついにサイダー現る! 往復8キロを野生の勘で走ってきたのか!? サリーナが次の電車まで時間を知らせに行くと、「ビール買っといて!」だって。 うーむ。
結局電車を逃すこともなく、無事出発。 須藤さんは、ジオポタMLに参加決意したそうで、早くもサイダー&サリーナ事務局がコードネームを考えている様子。 車内宴会で周りに迷惑かけつつも、セーナ、ミキーレと電車を降りてゆき、上野駅23:38到着。 無事解散と相成りました。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2001-09