0209

九州横断 やまなみハイウェイ

開催日 2002年04月27日 (土)- 05年月1日(水)
参加者 サイダー/サリーナ/ヴェネーノ/ジーク
総合評価 ★★★
難易度 ▲▲△
走行距離 225km
累積高度 4,750m
地域 九州

大観峰より阿蘇山を望む
大観峰より阿蘇山を望む

コース紹介

別府、湯布院、阿蘇山という九州屈指の観光名所を繋いで、ほぼ九州を横断するコースです。 大分空港発、湯布院をまわり温泉を楽しみつつ阿蘇山を目指します。 別府は時間の都合で外しましたが、それ以外でもすばらしい温泉が沢山あって、走ったあとの楽しみも大きい。

景色は素晴しいものがあります。 特に『やまなみハイウェイ』の『瀬の本』以降、眺望が開けて阿蘇山を前方に見ながらのダウンヒルと、阿蘇の外輪山を走る『ミルクロード』は日本の中でも屈指の景観と言えるでしょう。 少々残念なのは道幅が広くはなくて交通量が多いこと(GWだから?)ですが、それでもそこから得られる絶景からすれば許容範囲と言わせるだけの、本当に素晴しいコースです。   最後には上りも景色が開けていて楽しく、もちろん辛い『阿蘇山アタック』が待っています。

全般に上りの大変多いコースですが、勾配は4〜5%程度が多く、無理をしなければなんとかなるでしょう。 初日と3日目の一部には激坂があります。 阿蘇山への最初の上りは想像より緩く5〜7%が続きます。 10%ほどのところが2〜3箇所、最後の火口までの有料道路は結構きついです。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院80万分の1ベース 山旅倶楽部提供

day 月日 コース 走行距離 評価 難易度 備考
1 0427 (土)
曇り
大分空港〜
湯布院
60km ★★☆ ▲▲ 空港から別府方面へ。 途中から山登りに突入
由布岳の北を廻って湯布院へ
2 0428 (日)
曇り晴
湯布院〜
湯坪温泉
45km ★★★ ▲▲ 湯布院散策後、
水分峠から新緑の『やまなみハイウェイ』へ
3 0429 (月)
晴曇り晴
湯坪温泉〜
阿蘇ファームランド
61km ★★★ ▲▲△ やまなみハイウェイの大草原から
外輪山の尾根道、絶景の『ミルクロード』へ
4 0430 (火)
曇り
阿蘇山アタック
阿蘇ファームランド〜
垂玉温泉
25km ★★☆ ▲▲△ 草千里と火口で散策
後はダウンヒルで渓谷の秘湯へまっしぐら
5 0501 (水)
雨後曇り
阿蘇白川
〜熊本空港
34km ★★☆ 白川水源で水補給
なだらかな下り基調の道をひたすら空港へ!

概要

別府湾を見下ろす

別府湾を見下ろす

大分空港〜湯布院

大分空港から湯布院まで走ります。 空港から、別府湾とのどかな田園風景を眺めつつ別府方面へ。 日出町で有名な『城下カレイ』を賞味したら、激坂山上りに突入! よっこらよっこら上り、豊後富士と呼ばれる由布岳の北を廻って、湯布院を目指します。

やまなみハイウェイの水分峠付近から

やまなみハイウェイの水分峠付近から

湯布院〜湯坪温泉

湯布院から湯坪温泉まで。 金鱗湖など湯布院を散策し、水分峠を越え新緑の『やまなみハイウェイ』に入ります。 山下池を一周し大分名物『だんご汁』を食べたら、朝日台で九重連山や高原の景色を堪能し、長者原では自然観察路を歩いて、湯坪温泉へ。

緑の丘陵が続くミルクロード

緑の丘陵が続くミルクロード

湯坪温泉〜阿蘇ファームランド

阿蘇山をぐるり。 初々しい緑のトンネルを抜けると眺望が開け、やまなみハイウェイで阿蘇山に向かってダウンヒル。 外輪山を走るミルクロードは、見渡す限りの草原の中を緩やかなアップダウンを繰り返します。 大観峰からは阿蘇山と大カルデラの絶景!

草千里にて

草千里にて

阿蘇山アタック

九州横断のメインイベント、阿蘇山アタック! 阿蘇山の麓から米塚を横目に、杵島岳、烏帽子岳を眺めつつ、えっこらよっこらと上り続けます。 緑の草原の草千里を散策し、エメラルドグリーンの火口を覗き込んだら、ダウンヒルで渓谷の秘湯へまっしぐら。

垂玉温泉

垂玉温泉

阿蘇白川〜熊本空港

垂玉温泉で露天風呂をはしご。 水底から小石を巻き上げながらこんこんと湧き出る透明な水は白川水源。 曲がりくねった道は霧にけぶって幽玄の世界。 しばらくこの霧中走行を楽しみ、里に降りて空港まで。

サイダー感想 by 企画者サイダー

新緑の美しいこの季節、日本中どこへ行っても素敵な景色に出会えますね。 そんな中でもこのコースは特別に素晴しく、美しく、そして本当にきつかった。

阿蘇山周辺の景色は見事というしかありません。 新緑の雑木林のトンネルを抜けたり、これから挑戦する阿蘇山を遠景に草原で寝転がったり。 『やまなみハイウェイ』から『ミルクロード』へと進むと、どんどん近づいてくる阿蘇山を中心にパースペクティヴに展開する広大な風景! 日本にもこんなところがあったんだ!!

阿蘇山火口へ全員無事にたどり着いたときには、本当に嬉しく感動ものでした。 ゆっくりでもなんでも、自分の足で到達したその達成感は格別。 もっとも日々の助けはすばらしい『温泉』だったかも。

私たちは決して自転車ツーリングの上級者とはいえません。 それでも無理のない行程で一こぎずつ確実に進めば、登坂高度1,000m/日を登れることが分かりました。 4日でゆうに富士山頂を突破したことになります。 時には勾配20%を越す激坂も… そんなところは『押し』でもいいじゃないか。

ジーク感想 by ジーク

『九州横断』上級コース!! ジオポタと出会って一年ほど、自転車暦も決して長くない私にとってこの企画は参加を躊躇させるに十分でしたが、来年60歳を迎える年齢を考えると「こんなチャンスは二度とないかも知れない!」との思い強く、バス・タクシーでの輪行も覚悟で参加を決意したのでした。

結果は天候にもまずまず恵まれ、新緑で見事な九州の山々を満喫してきました。 ひとたび走り出したとたん、いや〜なんともすばらしい大自然に感動! 美しい風景から信じられないような力を与えられ、仲間の励ましにも後押しされて、なんと全行程を完走するという快挙! ひと漕ぎひと漕ぎの積み重ねが自分を阿蘇の火口にまで運び上げた! わが人生に最高の思い出をひとつ加えることができました。

このホームページを見ていると、5日間の感動に満ちた様々のシーンが生き生きと蘇ってきます。自らに勇気を与える糧として、今後私は折に触れ、とりわけ自分を励ましたい時、このホームページにアクセスすることでしょう。

サリーナ感想 by サリーナ

中学時代まで九州で育った私にとって、今回コースにはなじみのある地名が多く、特に『やまなみハイウェイ』の九重あたりは小さい頃の夏休みの思い出がたくさん詰っているところ。 本当にワクワクして出発の日を迎えました。

走り出してみると、地図ではわかっていたものの、登り坂ばかりなことに衝撃を受けました。 そういえば小学校の頃は車に乗っけてもらって行ったんだよね…。 でも自転車で走ったからこそ、美しい自然を充分に満喫できました。 自転車には絶好の季節、新緑を浴びてペダルを踏む。 すばらしい展望に歓声をあげ、そしてゆっくり登るから道端の小さな花を見つけて、登りの楽しさを感じることができました(ずっと登りはやっぱりつらいけど…)。 

やまなみを楽しみ、大草原を走り、そして『ミルクロード』からの雄大な眺め。 外輪山を巡るこんなにすばらしい道があったなんて、本当に驚きです。 厳しい阿蘇山アタック、たっぷりとしたお湯に浸れる温泉の数々。 記憶の中でも大好きな場所だったのが、今回の旅でその想いはさらに何倍にも膨らみました。 文句なく一押しの三ツ星! また何度も行きたいと思わせる、すばらしい『九州横断ツーリング』でした。

初日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2002-05