0209-2

九州横断 やまなみハイウェイ 二日目

湯布院〜湯坪温泉

開催日 2002年04月28日 (日) 曇り
参加者 サイダー/サリーナ/ヴェネーノ/ジーク
総合評価 ★★★
難易度 ▲▲
走行距離 45km
累積高度 1,100m
地域 九州

水分峠付近から
水分峠付近から

コース紹介

湯布院散策後、水分峠から新緑の『やまなみハイウェイ』に入ります。 九重連山や高原の景色を堪能しつつ、湯坪温泉へ。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

高低図
描画:カシミール3D
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
湯布院 START 発11:15 R210・やまなみハイウェイ 湯布院散策
水分峠からやまなみハイウェイ、山下池を一周後、レストハウスへ
小田の池
昼食
22km 着13:40
発14:20

やまなみハイウェイ
大分名物『だんご汁』
朝日台 32km 着15:15
発15:40

やまなみハイウェイ
朝日台の草原で小休止
飯田高原経由
長者原 39km 着16:20
発17:00

泉水グリーンロード
湿原の自然観察路を散策
その後は爽快なダウンヒル (途中、九重山荘へ寄り道)
湯坪温泉 45km 着17:30 宿泊:『ゆつぼ亭』 ★★☆ 露天風呂あり
0973-79-2698 11,000円

湯布院散策湯布院散策

湯布院は朝起きたら霧雨。 今日は走行距離が短いので、湯布院の街をゆっくり散策することにした。

湯布院散策金鱗湖付近

湯布院には見どころがいくつかある。 まずは金鱗湖へ。

緑が多いこの周辺はともてきれいで魅力的なところ。 雨を受けて緑の木々が一際美しい。

旅館の入口の門旅館の入口の門

老舗の旅館の茅葺きの門や落ち着いた和風建築などが並ぶ。

金鱗湖金鱗湖

小高い山を背後に、ひっそりとした金鱗湖。

茅葺きの建物が並ぶ茅葺きの建物が並ぶ

散歩してたら、どうにか雨は上がり晴れ間も見えてきた。 霧に隠れていた由布岳も顔を出した。

湯布院を出る湯布院を出る

末田美術館やゆふいんビールなどを覗いたあと、11時過ぎに街を出て水分峠へ向かう。

やまなみハイウェイを目指すやまなみハイウェイを目指す

町の北を通る道路は車で大渋滞で、自転車では相当ストレスがたまる。 さらにここは登り坂だ。

水分峠から『やまなみハイウェイ』に入ると、しばらくは車も少なく快適。 でも、峠を越えたはずなのに、なぜか登りのまま!

水分峠付近水分峠付近

さすがに『やまなみハイウェイ』だ。 ところどころ展望が開け、折り重なった緑の山々の景色が広がる。 天気もよくて最高! でも登りはまだまだ続き、辛いのだった。

上りが続く上りが続く

そして、お昼時がやってきた。 朝日台の展望台でお昼の予定だったけど、とても持たないよ〜。 でも道沿いにほとんどお店はない。 そこで山下池のレークサイドホテルに行くことにした。 幹線からホテルまでは下り。 せっかくの位置エネルギーを失うのはいやだというジークを無視して下り続ける3人。

しかし衝撃の事件が。 レークサイドホテルでは昼はレストランは休みとのこと。 ショック… 小田の池レストハウスで食事できると聞き、そこに向かう。

だんご汁だんご汁

レストハウスでは、大分名物『だんご汁』。 おいしい〜! 「中学校で習っただんご汁はもっと細長かった」と言いつつ、ハンガーノック寸前から蘇ったサリーナ(中学時代大分市在住)。 アイス好きのヴェネーノは、豆腐アイスも「うま〜い!」。

朝日台へ向かう朝日台へ向かう

お昼を食べて元気は出たけれど、まだまだ上りは続く。 車がちょっと増えてきてやや走りにくくなるが、廻りの景色は林や草原でいい感じ。

草原でゴロリ草原でゴロリ

朝日台到着。 疲れた〜。

レストハウスの手前の草原が呼んでいた。 思わず『ゴロン』! う〜ん、最高に気持ちいいね〜。 地面と草がほんわかと暖かい。

草原に埋もれるサイダーとヴェネーノ。

朝日台にて朝日台にて

いや〜、これぞ『やまなみハイウェイ』の醍醐味です。 しばらくゴロゴロして、立ち去り難い4人でした。

くじゅう連山くじゅう連山

しばしの休憩後ようやく走り出すと、またまたすばらしい景観が広がっている。 視界が開け、目の前に『くじゅう連山』のやまなみが姿を現したのだ。

くじゅう連山を目指してくじゅう連山を目指して

すばらし〜! 叫びながらペダルを踏む4人。 しかし上りは続き、ついに標高1000mを超えた。

長者原の自然観察路長者原の自然観察路

くじゅう連山の麓にある長者原に到着。 ちょっと散歩しようね、と自然観察路へ。 木道がぐるっと巡ってとてもいい散歩道だ。 湿原らしいんだけど、季節のせいかまだ水はほとんどない。 様々な色合いの新緑に覆われた『くじゅう連山』の景色を楽しんだ。

さて、ここから『やまなみハイウェイ』と分かれて『泉水グリーンロード』へ。 車が少なく、丘陵を抜けるダウンヒルが快適だ。 おお〜、ジークが飛ばすね〜。 途中でサリーナは小さい頃の思い出の保養所を発見して大満足。

宿には予定通り、夕方5時半に到着。 予定は未定のジオポタにしてはすばらしい! 『ゆつぼ亭』は、ここも雰囲気のよい露天風呂とおいしい料理でしあわせ〜。 またまた宴会で夜はふけていった。

長者原のうしろの山の緑
長者原のうしろの山の緑

< 前日へ 九州横断やまなみハイウェイTOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2002-05