0212

荒川~吉見百穴

開催日 2002年07月07日(日) 晴
参加者 ルビオ/サリーナ
ビジター さかいばらさんご夫妻/やざきさん
総合評価 ★☆
難易度
走行距離 35km
地域 首都圏

走行ルート図
地図ベース: 国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

コース紹介

梅雨の中休み、どこか走りたいねっていうことで、やってきました「荒川」。 ここをホームコースとしているルビオの案内で、指扇駅から荒川サイクリングロードを北上。 榎本牧場や鳥羽井沼を経て吉見百穴を見学し、お風呂でフィニッシュ。

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
指扇駅 START 発10:20 サイクリングロード 荒川を北上。河川敷のゴルフ場を抜ける
榎本牧場近くは背の高いとうもろこし畑
榎本牧場 8km 着11:00
発11:40

サイクリングロード
アイス休憩
広い河川敷をパラグライダーを眺めつつさらに北上
鳥羽井沼の茶店 16km 着12:30
発13:00

サイクリングロード
また休憩
BD-1の3人と出会い案内してもらって鰻屋へ。
鰻屋さん
 昼食
23km 着13:20
発14:30

一般道
昼食後、一般道を吉見百穴へ
周囲には温泉宿もいくつかある
吉見百穴 29km 着14:50
発15:30

一般道
迷いつつ「蔵の湯」へ
ちょっとわかりにくい場所にある
蔵の湯 32km 着16:00
発17:15

一般道
汗を流した後、東松山駅へ
東松山駅 35km 着17:40

荒川サイクリングロード荒川サイクリングロード

今回は少人数、約2名で荒川ポタ始まり。 集合は日暮里駅9時、すでに暑い。 ルビオとサリーナ、自走で集合したんだけど、ここから仲良く輪行です。 「暑いからね~、楽しいところまで行ってから走ろうね」と指扇駅へ。

10時過ぎ、ようやくスタート。 でも「どっちの方向かな?」。 う~ん? 今日は大丈夫かしら。

このあたりから走ると、いきなり広~い河川敷。 濃い緑と青空、パラグライダーが華やかな彩りを添えています。

鳥羽井沼の茶店鳥羽井沼の茶店

ルビオとサリーナのポタ、予想された通り休憩の連続。 まず40分走って榎本牧場へ。 おいしいアイスを食べながら、家族連れのバターづくりを見学。 おいしそう、でも200ccくらいの牛乳から5,6gしかとれないんだって。

そこから20分走ってコンビニで休憩。 さらに15分走って鳥羽井沼の茶店で休憩(だんだん間隔が短くなるね~)。 そこへルビオの荒川仲間登場、3人ともBD-1! 

鳥羽井沼で、左からやざきさん、さかいばらさんご夫妻、ルビオ。 「どこまで行くの~?」 ルビオ「吉見百穴のあと温泉」 「いいね~!」というわけで、賑やかな5人連れとなりました。

吉見百穴吉見百穴

まずは腹ごしらえと、さかいばらさん夫妻の案内で「藤倉」という鰻屋さんへ。 台湾料理もあって、冷やし坦々麺、鰻丼などを黄金の液体とともにいただく。 さかいばらさんご夫妻はロードレーサー出身(!)、やざきさんは最近ハマって旅の意欲満点。 みんなで話がはずみ、黄金の液体も進みます。

そろそろ行くか~(もう1時間以上経過したね)、と吉見百穴へ。 ここは古代の墳墓だそうです。 なかなか快適そうなベッドのある洞窟もあったりします。

ちょっとハイキング?ちょっとハイキング?

でも、見学には「山登り」が必要(笑)。 階段を上ったり降りたりします。 それから戦争中に武器庫とされた大きな洞穴がありました。

それにしても蒸し暑い! 汗を流したいね、と吉見百穴の窓口のお姉さんにお風呂の場所を尋ねる。 「左に行って、右に行って…」親切に教えてくれたんだけど、なかなか覚えられないのね。 途中何度も何度も道を尋ねて、丘も越えたりして、やっと「蔵の湯」に到着。 汗だく~!

蔵の湯蔵の湯

ここは昔、酒造りの商家だったとか。 露天風呂も充実したお風呂です。 いや~、生き返りました。 さっぱりした後は咽を潤します。 私たちは午後4時に入ったんだけど、5時頃になると入場制限していたほど人気のお風呂でした。

ここからは東松山駅も近く、そこで本日のポタ終了。 ルビオ「走ったのはだいたい35kmくらい」。 それにしてはイベントの多い充実したポタでしたね~!


関連レポート

1408鴻巣のポピーとバラ
1006菜の花ポタリング
0904桜巡り2009
0506桜ポタリング 荒川 - 八丁湖 - 比企丘陵

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2002-07