0305-3

丹後半島 三日目

丹後町〜経ヶ岬〜伊根〜天橋立

開催日 2003年04月28日(月)晴
参加者 ナオボー/チューボー/ケンボーズ
ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★★
難易度
走行距離 52km
地域 近畿

丹後町の田んぼから日本海を見る
丹後町の田んぼから日本海を見る

コース紹介

美しい棚田、経ヶ岬を廻り、浦嶋太郎の浦嶋神社を経て今日の最大の見所『伊根の舟屋』へ。 午後は伊根湾クルーズから、一路『天橋立』へ。 伊根までは少々アップダウンがあるものの美しい風景が楽しめます。 万福寺付近の棚田はまだ水が張っていなくて残念でしたが、1〜2週間後なら絶好のタイミングでしょう。 伊根の舟屋はめずらしい造りの民家が並んでいて必見! お薦めはやっぱり伊根湾クルーズです。 午後の部はほぼ平坦ですが、車が少し多くなります。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
丹後町
 よし野の里
START 発08:15 R178
袖志の棚田 3km 着08:30

R178
400枚の棚田! のんびりポタ
経ヶ岬 8km 着09:10
発10:30

R178
灯台まで散歩
浦嶋神社 18km 着11:40
発12:00

R178,地方道
伊根港 30km 着13:20
発15:40

R178
『舟屋の里公園』でお昼
舟屋めぐりとベイクルーズ
岩滝町 52km 着17:30 泊:はしだてベイホテル

よし野の里よし野の里

丹後町の宇川温泉『よし野の里』は第三セクターが運営する露天風呂、宿泊施設、イタリアレストラン、ショップからなる、気持ちのいい施設。 小高いところにあるので眺めも最高! 朝の澄み切った空気がとっても気持ちいい。

部屋にはキッチンが付いているので朝食はそこで、ショップで買ったものを簡単に調理しました。

棚田棚田

宿からは畑のなかのあぜ道を通ってみると、やっぱり春の草花がたくさん。

宿の方が『穴文殊の先に棚田がありますよ。』と教えてくれたので、さっそく行ってみる。 国道に小さな看板が出ていて『袖志 日本の棚田百選』とあります。 見上げると、山の梺にのどかに棚田が広がっていました。 なんと400枚もあるそうです。

『まだ、水張ってないからあんまりきれいじゃないけどな〜。』 上りの小径で出会ったおじいさん。 『あと一週間もしたらええけどな〜。』

棚田を下りる棚田を下りる

水は張りはじめられたばかりで、確かにほとんどの田んぼには水がない状態でしたが、それでもこんな段々の田んぼにはは滅多に出会いない、見事な風景です。

棚田のなかのあぜみちをのんびりポタリングです。 真下にはエメラルドの日本海と小さな集落。

経ヶ岬のハイキング・コース入口経ヶ岬のハイキング・コース入口

いくつかアップダウンを繰り返すと経ヶ岬の入口にたどり着いた。 『ここは下の道を行った方がええです〜。』とはケン・ボーズ。 しかし…

緩やかな下りが激坂下りとなり標高0mになってしまうのでした。 そしてその先には20%越えの激坂上り!

『どうしてくれんの、ケン・ボーズ!』

ハイキングスタートハイキングスタート

『ありゃま、どうしましょ… でも、道はあるはずなんですよ、灯台までね。。』どこかで聞いたようなセリフですね…

実はこのコースはハイキング・コースでした。 自転車を置いてハイキングです。

海には定置網、足元には『うらしま草』という奇妙な植物。

『へぇへぇ、まだかいなぁ〜』とは上りに弱い?先頭ジークでした。

灯台の足元にて灯台の足元にて

ようやく灯台に到着です。 この灯台の足元はりっぱな石造り。 『こんな石、どうやって運んできたのかな〜。』と全員感心しています。

灯台の足元から南東の海岸線を望む灯台の足元から南東の海岸線を望む

ここは丹後半島の突先! ぐるりと廻った向こう側の風景は見事な凸凹の海岸線。

『これからあそこ、ゆくんやろうか〜。』 とちょっと不安ぎみのナオボーです。

海岸線を下る海岸線を下る

充分にハイキングを楽しみ?出発点に戻るとみんなへいへいしています。 とにかく0mからまた上ったのですからね。

岬から先は上りかと不安でしたが、実は下りだったのです。 真っ青な海を見下ろしながら複雑に入り組んだ海岸線を豪快に下ります。

ま、そうはいっても内陸部へ入るとやっぱりきつい上りが… そんなときには休み休みゆっくりとね。。

伊根の集落伊根の集落

海を楽しみ、山を楽しみ、里を楽しんだあと、再び海岸線に戻るとゆったりとした下りだ。

その先にここ『伊根の舟屋』群があります。 湾のまわりをぐるりと、このめずらしい造りの家々が取り囲みます。

伊根の舟屋伊根の舟屋

1階は船のガレージ(水面ではなく、土間になっていて舟を引き上げて格納する)、2階が住居。

丘の上の『舟屋の里公園』からはこの『伊根湾』が一望できます。

舟屋内部舟屋内部

通りからちょっと覗かせてもらいました。 このお宅にはしっかりと昔ながらの小型の舟が納められていましたが、現在は舟が大型化した為か本来の目的とはちょっと違った倉庫や物干し場などの用途に使われているところも多いようです。

伊根の通りを行く伊根の通りを行く

舟屋の通り側はこんなのどかなものです。

『日出』という所からクルーズ舟に乗り、たっぷり伊根湾一周を楽しみました。

ここから『天橋立』までは道も広くなり、交通量も増えてきます。 平坦な道を快走して『天橋立』に到着です。 天橋立は明日に。

< 前日へ 丹後半島TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05