0305-4

丹後半島 四日目

天橋立〜大江

開催日 2003年04月29日(火)曇
参加者 ナオボー/チューボー/ケンボーズ
ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★★
難易度
走行距離 56km
地域 近畿

天橋立を後ろに
天橋立を後ろに

コース紹介

松林の天橋立をゆっくり散歩し、向かいの栗田(くんだ)半島を経て、のんびりした由良川沿いに大江まで。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
岩滝町 START 発09:00 自転車道
傘松公園 5km 着09:20
発10:00

松林
天橋立
 磯清水
7km 着10:20

松林
智恩寺 8km 着10:40
発11:00

R178,地方道
栗田湾 21km 着11:30
発11:50

地方道
お昼
 双児岩
23km 着12:00
発13:10

R178 
丹後由良駅 28km 着13:40

R178,地方道 
大江高校前駅 56km 着15:40

阿蘇海を行く阿蘇海を行く

この湾---天橋立より西側---は阿蘇海という。 『なんでこないなところが阿蘇なんじゃろ?』とはやっぱり先頭のジークです。

きのうは気が付かなかったが、阿蘇海の廻りには自転車道が整備されつつあるようです。 ホテルから傘松公園へ上るカーブルカー乗り場まで、湾に沿って自転車道を行きます。

傘松公園へ上るリフト傘松公園へ上るリフト

公園まではどうやら道もあるらしいが、軟弱ジオポタは激坂上りはパス。

すばらしい季節のこの時期はリフトがいいですね。 すぐとなりにカーブルカーも走っていますが。

一人乗りのゆっくりとしたリフトにまたがり、ちょっとふりむけば昨日までのルートと『天橋立』が見えてきます。

傘松公園から下に天橋立を見る傘松公園から下に天橋立を見る

あっという間に傘松公園に到着。 

どれどれと、みんなさかさになって天橋立を見てみます。

有名な『股覗き』って、そうして見ると、天橋立が天に上る羽衣のように見えるんだって…

左から企て人ナオボー、しんがり役のチューボー、迷走名人サイダー、いつも光ってるケン・ボーズ、新調サングラスのサリーナ、かっとびジークでした。

天橋立の松林天橋立の松林

リフトで下山というときに、『あれ〜、切符がないなあ〜』とはやっぱり我らが無くしもの大王ジーク!

天橋立はこんな松林が延々と続くのです。 途中には冷たい名水も湧き出ていて、みんなボトルいっぱいに。 海のまん中なのになんで真水が出るんだろうね?

松林からはずれると砂浜です。 のんびりひなたぼっこで休憩。 しかしその時、突然砂嵐! 今日は風が強いね。

栗田(くんだ)半島を行く栗田(くんだ)半島を行く

小天橋という、舟が通る時には回る仕掛けの橋や智恩寺を見学して、天橋立を後にする。 しかし、徐々に風が強くなってきた。

国道を離れ栗田(くんだ)半島へと入る。 対岸は宮津湾を隔てて天橋立方面です。

追い風に乗り飛ばす追い風に乗り飛ばす

追い風に乗り、すばらしい景色の中を快調に飛ばすサリーナ、ケンボーズ。

『あれが天橋立なんだね〜、ここから見ても長いな〜。』

湾ではウィンド・サーフィンを楽しむ人々の姿が。

『ものすごいスピードですべってゆくね〜』

ちょっとまった、今追い風ってことは…

後ろに天橋立後ろに天橋立

ひとまず天橋立をバックに全員集合の記念写真。

栗田湾へ丘越え栗田湾へ丘越え

栗田半島をぐるりと一周する予定だったけれど、帰りは向い風。 ということで予定変更。 ショートカットして栗田湾へと向かうことにしました。

道は山の中へと向かうが、景色もまずまずで、上りはきつくはなかった。 あっという間に栗田湾に出ました。

栗田湾の海岸でひと休み栗田湾の海岸でひと休み

栗田湾の海岸でひと休みです。 空には鯉のぼりが泳ぎ、海は静かであくまで澄み渡っている。 時間が止まったような、のどかなところでした。 

『おなかすいたね〜、そろそろお昼にしましょう。』 ということで舟の手入れをしていた漁師に訪ねてみると、この先にレストランがあるとのこと。

国道に入ってまもなくの『双子岩』というお店。 ここの荒煮定食はボリュウム一杯でリーズナブルなお値段。 全員満腹、満足、と午後の部へ向けて出発。

由良川沿いを行く由良川沿いを行く

しかし、風は強まり向い風となってきた。 北近畿タンゴ鉄道の丹後由良駅に到着。 ここから30kmほどはエスケープルートがない。 帰りの電車の時間は決まっている。

きのうあたりから足の調子がおかしいナオボーと、やや体調不良のチューボー、もう一つ自信が?というケン・ボーズはここから輪行と決めた。

『福知山までいきたいっ!』 というジークを先頭に、サリーナ、サイダーが大江へ向けて出発。 由良川の出口に架かる由良川橋梁は鉄道のみの橋で自転車は渡れないので、しばらくは国道を南下します。

向かい風の中福知山へ向かう向かい風の中福知山へ向かう

大川橋でようやく対岸に渡ると、交通量も少なくなり快適になります。 そのうち川沿いにサイクリング・ロードらしき道を発見。 進行右手にゆったりとした由良川を眺めながら、これは快適快適とかっ飛びたいところではありますが…

案の定、強風の向い風です。 『ああ〜、あの3人は来なくて正解だったね〜』 とぼやくジークとサリーナ。

強風に押し戻されつつも 『福知山へは絶対むり〜、でも大江まではいかなくちゃあ電車に乗れないよ〜』 と懸命にペダルを踏む3人でした。

最後に一山越えるとそこは、高架にひっっそりとある無人の小さな『大江高校前駅』 でした。 ジーク、一人で福知山までいっといで〜!

< 前日へ 丹後半島TOP
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05