0307

南会津サイクルトレイン2

開催日 2003年05月10日(土) 晴 - 05月11日(日) 曇
参加者 サリーナ/サイダー
ビジター はらっち/かめちゃん/なっちゃん
総合評価 ★★★
難易度
走行距離 60km
地域 東北

会津の山と木々の芽吹き
会津の山と木々の芽吹き

コース紹介

『東京・南会津サイクルトレイン』は、東京都心から自転車をそのまま電車に乗せて、南会津でサイクリングを楽しもうというイベントです(『NPO法人南会津グリーンストッククラブ』・『南会津サポートクラブ』他の共催)。 昨年秋に続き2度目の開催で、今回は東武線浅草駅と北千住駅からの乗車です。 4つのコース設定があり、初心者から上級者まで楽しめるようになっています。 私たちはそのなかの『蕎麦・温泉三昧コース』に参加してきました。

スライドショウ(05'19" 音声:BGMのみ)

南会津web

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)


0307-1

南会津サイクルトレイン2 初日

会津高原高杖スキー場〜湯の花温泉

開催日 2003年05月10日(土) 晴
参加者 サリーナ/サイダー
ビジター はらっち/かめちゃん/なっちゃん
総合評価 ★★★
難易度
走行距離 28km
地域 東北

走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
会津高原
高杖スキー場
START 発12:30 一般道 浅草駅07:40→10:50会津高原駅
高杖スキー場までバスで移動。
舘岩村前沢
曲屋集落
15km 着13:15
発15:45

一般道
蕎麦打ちの体験!
湯の花温泉 22km 着16:15
発16:30

ダート
2kmは登りのダート。
日詰の滝 25km 着17:00
発17:30

ダート
湯の花温泉 28km 着17:30 泊:湯本屋旅館

車内の様子車内の様子

早朝、墨田公園に集合すると次から次へと、様々な自転車が集まってきました。 受付を終え、東武浅草駅へ移動します。 ホームに隊列を成していると、4両編成の特別電車『たびじ』が入ってきました。 自転車をそのまま持ち込むと片側が自転車用の席になっていて、座席が汚れないようにカバーが被せられていました。 スタッフが手際良く網棚を利用して固定してくれました。 北千住駅からも乗り込み全員そろいました。

3輪リカンベント3輪リカンベント

普通じゃ運べないようなこんな3輪車も平気です。

会津高原駅にて会津高原駅にて

車内では周りの人とおしゃべりが弾み、3時間はあっという間に過ぎ、会津高原駅に到着。 いきなりガッツポーズの『はらっち』、そして「あれ〜、なんでチューブ持ってんの?」の『なっちゃん』。 その訳は…ないしょです。

高杖スキー場からの下り高杖スキー場からの下り

自転車はトラックに積み込み、私たちはバスで高杖スキー場に向かいます。 初心者へのレクチャーのあと、いよいよ出発。 いきなりダウンヒルです。 もっとも今日はほとんどが下りのコースなのです。 先頭は、かっとびサリーナ。

渓流渓流

南会津は蕎麦と川と山がすばらしい。 山はまだ桜がおわったばかりで、新緑が芽吹いたばかりの初々しさです。 その合間を澄み切った渓流が流れて行きます。

前沢の曲屋集落前沢の曲屋集落

下り切ったところに舘岩村前沢の曲屋集落が現われました。

藁葺きの民家で1988年に環境美化条例に基づく保存地区に指定されているそうです。 家はL字形をしていて、その一部は馬屋となっていたようです。 村の23戸のうち10戸が曲屋です。

蕎麦打ち体験蕎麦打ち体験

資料館となっている大きな曲屋でいよいよ蕎麦打ち体験! 8人づつのグループに別れて、まずはそば粉に水を混ぜて捏ねます。 先生の指導の元、見よう見まねで挑戦する『なっちゃん』でしたが、『あらら、そんなに手にくっつけちゃだめですよ。』 とダメ出しをもらうのでした。 代わる代わる、捏ね、のばし、切りと進むも、ど〜もうまくいかないね〜。

極細、極太といろいろあるけれど、出来上がった蕎麦は激旨! とみんな大満足でした。

田舎道を行く田舎道を行く

蕎麦で満腹のあとは、のんびり山に囲まれた畑のなかの小道を行きます。 鳥のさえずりや爽やかな風を満喫です。

林檎の白い可憐な花が印象的でした。

穏やかな上りを行く穏やかな上りを行く

『あれ〜、なんかすすまないよ〜』 とは先頭の『なっちゃん』。 つづく『かめちゃん』はまくりモードに入りつつも『ここからは緩いけど登りだからね〜。がんばってね〜。』と励ましのコメント。

最後、宿までの5kmほどの緩い登りとなったのです。

ジオポタ企画とは違って工程どおりの時間に湯の花温泉に到着。 すばらしい!

砂利道を日詰の滝へ向かう砂利道を日詰の滝へ向かう

さて、ここからは有志を募って『日詰の滝』まで行ってみることになりました。

『ここから2kmはダートですからね、ゆっくり自分のペースで登って下さい。』

とは先頭、グループリーダーのホリさん。 あとにモモレンジャーが続く。

日詰の滝日詰の滝

『日詰の滝』はこんなところ。

名の由来は沢登りの人が苦労して、日が暮れてしまうからだそうです。

ゆっくり過ごしたあとは宿まで豪快なダウンヒル。 あっという間でした。

ここには2つの露天風呂と2つの共同浴場があります。 それぞれお好みの温泉に浸かったあとは大宴会に突入です。 もちろん3次会までね(笑)!

なっちゃんなっちゃん

すごーくよかった! いろいろなアクシデントがあり、いろいろな方に迷惑をおかけしましたが、すごーく楽しかった!

走るのが気持ちよかったし、景色もきれいだったし、道にいる人たちの挨拶がとても心地よかった。

それよりなにより、同じコースに参加した人たちにあえてよかったです。  自転車のこと全くわからない超初心者の私を、本当に親切に色々教えてくださった方々にたいへん感謝しています。 おかげ様で自分の自転車かわいがっています。(当たり前ですよね。) 早くみんなに追いつきたくて、自主練しています。

かめちゃんかめちゃん

自転車には長く乗っていながらも、電車に乗せるのは全く初めて。 しかも、輪行しなくてもそのままでOKというんだから、行くしかないでしょう、南会津へ! ということで参加したサイクルトレイン。

やっぱりはじめに感激したのは、浅草駅で、普段と同じように電車を待っているお客さんと同じホームで、自転車を片手に“浅草発南会津行”電車「たびじ」を馳せる気持ちを抑え待っている自転車集団の光景ですね。 この光景だけで「来て良かった」と思ってたけど、南会津は予想を超えた気持ちの良さと楽しさで大満足の2日間!!

なんといっても、蕎麦・温泉・山菜・空気・人・川・集落・新緑・残雪・滝、と良かったところを軽く10個あげられるくらいの満足さです。 次のサイクルトレインは秋ということだけど、今度はどんな南会津があるんだろう、今から楽しみ楽しみ。

ちなみに、このコースで一番の難関だったのは、朝5時に自宅から浅草まで向かうことでした。

翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05