0310

中津川

開催日 2003年06月21日(土) 晴
参加者 デュエルン/ミワプッチ/コロンボン/サリーナ/サイダー
総合評価 ★☆
難易度
走行距離 70km
地域 関東

三峰口からの上り
三峰口からの上り

コース紹介

秩父鉄道の終点『三峰口駅』から荒川に沿ってまずR140を、途中から中津川沿いに進路を取り、渓谷を眺めながら『彩の国ふれあいの森』まで登ります。帰路は途中まで来た道を戻り、R140で山梨方面に向い『大峰トンネル』を抜けます。ここからは栃本渓谷沿いに秩父湖までのすばらしい景色を楽しみ、三峰口駅に戻ります。途中『道の駅大滝温泉』があり、ひと風呂浴びるのも良いかも知れません。

しかし実は今回の最大の見所、大峰トンネルから後の渓谷沿いの道は工事中でしばらく通行止めとのこと。やむなく丘の上の秩父往還の旧道を走りました。こちらはこちらで『関所跡』など旧道の雰囲気を味わえます。

スライドショウ(04'20" 音声:BGMのみ)

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
三峰口駅 START 発10:40 R140・地方道 秩父鉄道/池袋08:06→10:10三峰口 
ループ橋 14km 着12:00 地方道 下には滝沢ダムが。
 昼食   蕎麦や 17km 着12:20
発13:00

地方道
量がちょっと少なめかな。
 水浴 20km 着13:20
発13:35

地方道
お猿さん親子も水浴びに出てきた。
ふれあいの森 33km 着15:10
発15:30

地方道
気持ちの良い木を沢山使った施設。宿泊可。
大峰トンネル 48km 着16:35
R140
2kmの大変なトンネル。ジオポタ、トンネル記録!
関所 52km 着17:10
発17:25

地方道
丘の上からの夕日が良かった。
秩父湖 56km 着17:45 地方道 湖畔を走れなかったのは残念。
大滝温泉 62km 着18:00
発20:00

R140
道の駅。レストランの営業時間は18:00まで。
三峰口駅 70km 着20:30 秩父鉄道:帰りの電車の時間は要注意。

三峰口駅から山へ向かう三峰口駅から山へ向かう

秩父鉄道の終点『三峰口駅』を出ると遠くに深い緑が現れます。 車輪の下には荒川の上流がはるか下を流れています。

梅雨の合間を縫って今日だけ何故か快晴! 強い日射しのなかを山に向かってどんどん行きます。

ループ橋ループ橋

荒川から別れ、中津川に入ると渓流がかなり近づいてきた。 しかし一度近づいた渓流もぐっと遠くなると、上りがきつくなり前方にループ橋が見えてきた。 『ひえ〜、あれ上るの?』

ほんの序盤にもかかわらず、ちょっと不安なメンバーでした。

左から企て人デュエルン、復活コロンボン、山岳ジャージのミワプッチ、白いけど新人賞ではない、サリーナ。

ループ橋を上るループ橋を上る

日射しは強くアスファルトからの照り返しもきついループ橋を、覚悟を決めてえっちらおっちらと上ります。

『くらくらしてきた〜』と先頭ミワプッチが言えば、二番手サイダーは『今日は足がもつかな〜』と心配顔。 最後尾コロンボンは『1年ぶりに復活宣言!』と絶好調。

まだまだ上りが続くまだまだ上りが続く

ループ橋は滝沢ダム建設により造られたもので、そこからは巨大な建設中のダムが見渡せました。 このために旧道はダムで閉ざされ通行が出来ません。 水が近くて良さそうなのだけれど…

ループ橋を上り終えてからも上りはまだまだ続きます。

あ、あついぃ〜! 腹もへったしお昼にしようよ〜。 ということで、ダムを見下ろす蕎麦やで一息。

中津川の河原にて中津川の河原にて

ダム関連工事のトラックが行き交う中、どんどん登ります。 そのメインルートは真直ぐ進むと『大峰トンネル』を越えて山梨へ。 我らがルートはこれを外れ、いきなり豪快に下るのです。

もしかして、帰りはこれ登るの〜??

下った先には中津川が流れていました。 おお〜、ここは水遊びしかないでしょう。 水に足だけ漬ける人、ザブンと飛び込む人、わたしゃあ昼寝のほうが…と木陰にゆく人と様々ではありますが。

おっと、あれはお猿さんではないかな。 猿の親子がやっぱり暑いよ!と水浴びに来ていました。

静かな渓流静かな渓流

しばらくはやたらと道路を造る工事が目立つ。 どうやらダム建設により、私たちが通っている道が水没するためらしい。 今走っている周辺が全て水没するという現実を目の当たりにした。

いよいよ工事のトラックもいなくなり、山は深まり、渓流が近くなってきた。 山だから各所にトンネルがあるけれど、その脇には旧道なのか、迂回路があります。

旧道を行く旧道を行く

そんな迂回路は車は当然いないし、緑の木々をかすめるように走り、手に取るような近さで渓流を眺めるという贅沢。

おお、ここはマイナスイオンのシャワーだね〜。

と、旧道を楽しむサリーナとコロンボン。

彩の国ふれあいの森彩の国ふれあいの森

ずっと登ってようやく『彩の国ふれあいの森』に到着です。 渓流がすぐそばを流れ釣り場も近くにあるこの施設は、地元の木材をふんだんに使った気持ちの良いものでした。 だだし、レストランの営業時間が極めて短時間なのは問題かな…

背後に山々を従えて、とりあえず登り切ったよ! と記念撮影。

ここからはず〜と下りです。 下って下って、最高の気分で下って、水浴び・お猿さんとの出会いの地で『アヘアヘ』の激坂登り。

そしていよいよ緊張の『大峰トンネル』。 2kmに及ぶ長大なものだかこれを抜ける他、手がない。 歩道は狭くて走れないし、2車線ではあるが車道中央に車線分離の突起があるので、車は追い越しが出来ない構造だ。 進行方向の交通量が少なかったのがせめてもの慰めだった。

秩父往還道の旧道から秩父往還道の旧道から

トンネルを抜けると視界が開けて生き返った気分。 ここからは渓流沿いに、○○百選にも選ばれた道を秩父湖まで走る予定。 しかし… 進路には道路工事の警備員が立ちはだかり、『しばらくは通行止めなんです。』 衝撃で言葉もないメンバーでした。

トンネルは絶対戻りたくないということで、秩父往還(秩父とどこ?)の旧道を行くことに。 でもこれは登りなんだよね〜!

覚悟を決めてそれぞれのペースで激坂を攻めるも、『も〜だめ〜!』という呻きが上がる。 ともあれ登らにゃ先に進まぬ、ってことでかつての町らしきところまで登ると、上がってきた傾斜地に美しい夕日が射している。 のんびりとした田舎の風景!

関所跡関所跡

この旧道にはかつての関所跡もあり、なかなか雰囲気のあるところでした。 関所跡では幾人かの見学者に出会いました。 マイナーな感じのこの関所跡に来るのはどんな方々なのでしょうか。

ここで全員集合、呼吸を整え下りに備えます。 ここから秩父湖までは完全に下りです。

秩父湖にて秩父湖にて

特に最後の下りは豪快だった。 日も陰ってきていい雰囲気の下りを終えると秩父湖に出た。 しっかり我々が走ろうとした湖畔の道には通行止めのガードがなされていました。 でもこちらから見るだけでもすばらしい道であることが伺えます。

工事は道路を拡幅しているようなので、工事終了後は車用の道と化してしまいそうなのが残念です。

ここからも下って下って、『道の駅大滝温泉』へ。 ここでお昼が少なかったので食事にしようとしましたが、道の駅の食堂は休業、温泉の食堂も18時におしまい。 近くにレストランはないらしい。 困っていると温泉の食堂を開けてくれました。 助かった〜。 食事のあと、のんびり温泉に浸かって一日の汗を流しました。

真っ暗な夜道をさらに下り、出発点と同じ秩父鉄道『三峰口駅』に到着すると電車は丁度出発したところ。 次の電車は1時間後でした…

感想 by 企て人デュエルン

とある山峡にある木造建築を見に行きたくなり、仲間を募ったら四人が参加してくれて賑やかで楽しいツーリングになりました。
今回のポタリングでは二つの考えさせられることがありました。

一つ目はなんと云っても「ダム」です。
この付近は美しい渓流、渓谷、それに野生の狸や猿、熊まで生息している、極めて貴重な自然が残されている地域です。 しかし、巨額の税金を使って、現在工事が進められている、さして必要とも思われないダムによって、これらは、われわれが走った道とともに、湖底に水没してしまいます。 同じ土木構造物でも橋やトンネルと比べてダムは比較にならないほど大きな環境破壊をもたらします。
景観のみならず、動植物の生態系にも取り返しのつかない、致命的なダメージを与えてしまう。
田中長野県知事は生理的に好きではありませんが、彼の脱ダム宣言だけは高く評価します。

二つ目は「平和ボケ」という言葉がありますが、われわれ都市に暮らしているものは、便利な都市生活に慣れきっており、云わば「便利ボケ」とでも云えるかも知れません。
いつでもすきな時に好きなものが食べられて、いつでもすきな時に電車に乗れて、があたりまえになっています。
しかし、この山奥の村では、そのような常識が当然のことながら、通じるわけもない。

ジオポタは自転車で走りながら、さまざまことを考えさせられるものですね。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-06