0406-1

淡路島+高野山 初日

岩屋港〜あわじ花さじき〜尾崎漁港

開催日 2004年04月29日(木)
参加者 ナオボー/ブンブン/ジーク/サリーナ/サイダー
ビジター ミエちゃん/トシくん/カズくん
総合評価 ★★
難易度
走行距離 28km
地域 近畿

あわじ花さじき にて
あわじ花さじき にて

コース紹介

淡路島北端部の岩屋港から東海岸沿いにR28を南下し、 『本福寺水御堂』に立ち寄ったあと、内陸に進路を取り少々登ると『あわじ花さじき』のお花畑です。 広々とした空の下から大阪湾を眺めましょう。 そこからダウンヒルを楽しみつつ西海岸に出ます。  海岸沿いの風を楽しみ、ちょっとした漁村で遊ぶと目的地はもうすぐ。

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
岩屋港 START 発13:10 R28
本福寺 6km 着13:45
発14:15

山道〜町道
ここからハイキングコースを。
あわじ花さじき 9km 着15:20
発15:55

町道〜北淡浦線
育波港 20km 着16:55
発17:15

福良江井岩屋線
尾崎漁港 28km 着17:45 泊:民宿『小松荘』★

高速艇高速艇

恒例のゴールデンウィーク企画、今年は淡路島へ向け、いざ出発!

明石から『たこフェリー』に乗る予定でしたが、それは1時間半待ちとのことで、急遽、子午線ラインの高速艇に乗ることにしました。 待ち合いにはサイダー、サリーナの他にも家族づれが2組みほど自転車で乗り付けています。 やってきたのは意外と小さな舟なので少々不安でしたが、後部のデッキに8台ほどの自転車をそのまま乗せることに成功。 さあ出発です。 この舟、早い早い、13分で淡路島の岩屋港に到着しました。

岩屋港から自転車レーンを行く岩屋港から自転車レーンを行く

岩屋港にはナオボー、ミエちゃん、トシくんがすでに到着していました。 ブンブンは予定の通りにたこフェリーで到着。 本日のメンバーが全員揃いました。

お昼を食べながら、本日のコースをチェック、『え〜ぇ〜、今日は山登りがあるの…』 初めからドキドキのブンブンです。

国道を南下しはじめると、しばらくは自転車レーンがあり、安心して走ることができます。 海を見ながら真っ青な空の下を走るのは快適快適。 先頭ブンブンでどんどん行きます。

激坂!激坂!

しかし、もう登りがはじまりました。 わずか100mほど先に目的地があるのに、全員押しです。

眼下には美しい大阪湾が広がるというのに、振り返る人はだれもいません。

本福寺水御堂本福寺水御堂

ヘイヘイしながら上がった先はこんなところです。

本福寺というお寺のお堂で水御堂と名付けられたものです。 これは著明な建築家である安藤忠雄氏の設計によるもので、蓮の池の下に造られていて、神秘的なアプローチの後に、これまた神秘的な内部のお堂が現われるというものでした。

激坂を押して上る激坂を押して上る

ここからは国道まで戻って次の目的地『あわじ花さじき』を目指すつもりでしたが、『せっかくの位置エネルギーを失うのはいやダ!』 とブンブンがわめくのでルート変更です。

それは厳しく辛い道のりとなりました。 ほとんどが押しの行程です。 しかしここでようやくみんな大阪湾を愛でることが出来たのです。 押しといっても休憩しなくちゃやっていられないくらいきつい登りだからね。

先頭ミエちゃんの元気なかけ声で全員ヘ〜コラしながら登ります。 しかしこんなゆったりとした歩みには、それはそれで楽しいものもあります。 のんびり道端の雑草を眺めたり、新緑から万緑に変わろうとする木々の木陰で休んだり、そしてなにより澄んだ空気がうまい!

あわじ花さじきの花の前であわじ花さじきの花の前で

うぐいすのさえずりを楽しみながら、登っては休憩、休憩しては登ることを幾度か繰り返すとついにやってきました、『あわじ花さじき』。

眼下に大阪湾を見下ろす高台の開けた場所は、一面お花畑! 登りの辛さも忘れさせてくれるようなすばらしい景色が広がっていました。

左より、サリーナ、企て人ナオボー、元気印のミエちゃん、物静かなトシくん、『ここまでは、なんとかやってこれたわな!』のブンブン。

西海岸へ下る西海岸へ下る

『あわじ花さじき』では思い思いに寝っころがったり、アイスクリームを食したりと、少し長めの休憩を楽しみました。

ここからは、一路西海岸へ向けてダウンヒル! ミエちゃん、トシくんが飛ばします。

ナオボー、ブンブン、サリーナはあとからのんびりと。

西海岸が山の上から見えた時、それは傾きかけた西日が海面にキラキラと反射して、とてもきれいでした。

育波港で休憩育波港で休憩

西海岸に辿り着くと道巾が狭くなり、交通量も増えてきました。 ちょっとこわいような気がします。 こんなところは慎重に、慎重に。

今日の宿までもうちょっとというところで小さな港『育波港』を見つけました。 埠頭に乗り入れ最後の休憩です。

ちょっと疲れました? 全員だら〜りです。

育波港で記念撮影育波港で記念撮影

さあ、もう一息、と活を入れて出発です。 とりあえず、記念の撮影を。

トシくんが行くトシくんが行く

いつもはもの静かなトシくんですが、自転車に乗ると人が変わります。 先頭でぐいぐい牽きます。

『もうちょっとだから、がんばって〜』

『今日は風がなかったからよかったね〜』

『あっ、また坂だ〜ぁ』

そう、海岸線とはいってもやっぱり坂はあるのです。 しかし、ブンブンもえっちらおっちらとその坂を超えると、今日の宿のある尾崎漁港に到着です。

夕飯の刺身夕飯の刺身

宿に到着し荷解きをしていると、そこにちょうどカズくんが、ロードレーサーでやってきました。 本当は岩屋港から参加の予定だったのですが、仕事の都合で急遽、宿で合流することになったのです。

小さな宿ですが、温泉です。 ゆっくりお湯に浸かり、今日の疲れを癒します。 そして新鮮な海の幸が私たちを待っていました。 伊勢海老、ひらめ、あわび、鯛。 もう満腹です。

全員ぱくぱく、バクバク食べましたがついにギブアップ。 ちょっと残ってしまいましたね。

今日は昼からの行程で距離も短かかったのですが、明日からが本番です。 お天気は良さそうですが、風と坂がちょっと心配です。 どうなるでしょう、明日は…

ミエちゃん感想 by ミエちゃん

60有余才にして始めてサイクリング(と言えるかな?)に参加して感激です。 たった2泊、1.5日の参加だったけど、風を受けて走る気持ちよさ、登り坂を汗いっぱいにしてペダルをこぐ心持のよさ、休憩のときの空の青さ、空気の美味しさ、宿舎の温泉に体を沈めたときの快い疲れに至福の時を過ごさせて貰いました。  ハマリそうです。 また誘ってください!!!!

淡路島+高野山TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2004-05