0406-2

淡路島+高野山 二日目

尾崎漁港〜鳴門大橋〜南淡町

開催日 2004年04月30日(金)
参加者 ナオボー/ブンブン/ジーク/サリーナ/サイダー
ビジター ミエちゃん/トシくん/カズくん
総合評価 ★★
難易度
走行距離 52km
地域 近畿

鳴門大橋へ向かう
鳴門大橋へ向かう

コース紹介

尾崎漁港、一宮町からどんどん南下。 五色町を抜け西淡町からは内陸には行かず、ずうっと海岸線を廻る。
『うずしお』を見るべく、鳴門海峡の先端に行く(ちょっと上級の上りがありますが)。
『うずしお』が見られるかどうかは時の運ですが、『あのうずしお、すごかったね?』と言いつつ福良に到着。

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
尾崎漁港 START 発09:00 r31 海沿いのほぼ平坦な道
明神崎 12km 着10:00
発10:15

r31
海沿いのほぼ平坦な道
慶野松原 27km 着11:30
発11:45

r31
見事な松林が約2km続く
 昼食 29km 着12:00
発13:00

r25
淡路牛の焼肉屋
道の駅までアップダウンあり
道の駅うずしお 46km 着15:30
発16:00

r25
鳴門大橋の横からうずしおを眺める
休暇村南淡路 52km 着17:00 泊:休暇村南淡路

尾崎漁港から自転車道を進む尾崎漁港から自転車道を進む

淡路島2日目、あさりがタップリ入った豪快な味噌汁の朝食を堪能した後、さあ出発!

右手に海、潮の香りを楽しみつつ走ります。 このあたりは車も結構走っていますが、途中にちょっとだけ自転車道がありました。 快適快適、と今朝も快調のブンブンを先頭にジオポタがゆく。

上り坂をえんやこら上り坂をえんやこら

とはいえ、日本の海岸沿いにアップダウンはつきものです。 ツーリングはほとんど初めてのブンブン、ミエちゃん、トシくん、2日目に入ってのぼりは大丈夫かな? と思ったらここでトシくんがいきなりパワーアップ! 上り坂でアタックをかけ、ひとり逃げを決めるのでした。 

『いや〜うしろはみんなついてきてると思ったから…』と余裕のコメント。 恐るべし。

明神崎明神崎

途中、こんもりとした緑に被われた江ノ島みたいな出島があって、ひと休み。 

ここは明神崎、もう10kmも走ったのですな、とブンブン。 のんびり行きましょうねえ、とナオボー。

慶野松原の浜辺で慶野松原の浜辺で

しばらく行くと、見事な松林が続く砂浜に出ました。 慶野松原というところです。 またまた小休止。 まだ水はちょっと冷たいけど、砂浜の潮風が心地よい。

そして、そろそろお昼ごはんが気になる時間帯です。 ナオボーとトシくんがガイドブック片手に真剣に検討。 お昼は淡路牛の焼肉にキマリ!

慶野松原付近慶野松原付近

めざせ、淡路牛。 松林をあとに、ペダルを踏む足にも力がみなぎっています。 ようやく見つけた焼肉屋さんで、おいしい焼肉をガンガン注文し、みんなモリモリ食べました。 満腹じゃあ〜。

なんと偶然アンドレ(中央)に遭遇なんと偶然アンドレ(中央)に遭遇

そんなあとに必ずあるのが上り坂だ! みんなゆっくりゆっくり、へろへろと上ります。 上っては休憩、上っては休憩…

そんな何度目かの休憩中、進行方向から水色のロードにまたがってカッとんで来たのは何と、アンドレ・クワーデンだ!

我々は3日で淡路島3/4周なんだけど、アンドレはこの日1日で淡路島を一周するんだって。 感激の遭遇後、『島の南西に大変な峠があるから気をつけて(?)』と恐ろしいコメントを残し、風のように走り去るアンドレでした。

左から、絶好調のトシくん、最後尾を守る余裕のカズくん、まだまだ元気なブンブン、カッとびロードレーサーのアンドレ、ろ〜とるのサイダーとサリーナ、そして前はパワー全開のミエちゃん、カメラはベテラン・ナオボーでした。

前方に四国前方に四国

西淡町を海岸沿いに走ると、車はずいぶん少なくなって快適です。 前にうっすらと見えてきたのは四国です。 『ウワ〜、ついにここまで来たね!』とナオボー。 鳴門海峡が近づいてきました。 

渦潮めがけて走る渦潮めがけて走る

今日のメインイベントは、渦潮ウォッチング。 船で間近から見るか、橋の上から全体像を眺めるか、道の駅から橋と渦潮の両方を眺めるか… それに渦潮って、潮の干満が変わるときに発生するもので、毎日見ごろの時間も変わるのです。 ガイドブック、船会社の情報などが錯綜し、一体どうする? じゃあ、まず橋から全体像を見て、そのあと船で近くから見よう、ということに。

鳴門大橋への上り鳴門大橋への上り

一同は鳴門大橋を目指しますが、行程は次第にアップダウンが厳しくなってきます。 そこに現れたのは、『渦潮ウォッチング』の船ヘリオス乗り場の看板だ。 『私はここで待っていますから、みんなは鳴門大橋に行ってきてください』とブンブン。 それでは、と残りメンバーは橋を目指す。

ところが、ここからの道のりはさらに険しかった。 上って、上って、上って。 そうか〜橋って高いところにあるのよね〜

鳴門大橋鳴門大橋

ようやくたどり着いた道の駅。 おお、時間帯もバッチリ、渦潮だ〜と展望台へ。 そこで見たものは… 『どれがうずしお??』

橋の下2箇所くらいに泡立っているところがあるものの、渦潮ベイビーって感じ。 毎日すごい渦潮が見られるってわけじゃないんだね〜 『今日は渦潮休みだわ〜』とナオボー。

鳴門大橋を後ろに鳴門大橋を後ろに

とりあえず記念撮影したものの、期待した渦潮も見られずガッカリ、道の駅までの上りで足も売り切れ状態だ。 とてもブンブンのいる船着き場まで戻る気力はない。 ブンブンに電話して『今日は渦潮は休みだから、私たちは船には乗りません。 ブンブンはタクシーで宿で落ち合いましょう』 

さてブンブンです。 ええ〜、渦潮を船で見るっていうから待ってたのに、このままタクシーで帰れなんて殺生な、と単独で船で渦潮ウォッチにチャレンジ。 新婚さんと3人で船に乗り、渦潮を間近に見た。 『やっぱり近くで見るとすごく迫力がありましたな〜』と、あとでみんなを羨ましがらせるのでした。

残りのメンバーは鳴門大橋国民休暇村まで、最後の上りをへろへろになりながら走り、淡路島2日目終了。 絶景の南淡路国民休暇村で、露天風呂でゆったり過ごした。

トシくん感想 by トシくん

短い時間でしたが、自分の全力を挙げて急な坂道に挑戦し、その後の心地よい疲労感を久しぶりに体験できました。  なんとも快適な時間を過ごすことが出来ました。 ありがとうございました。

< 前日へ 淡路島+高野山TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2004-05