0406-5

淡路島+高野山 五日目

高野山〜吉野

開催日 2004年05月02日(日)
参加者 ナオボー/ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★
難易度
走行距離 66km
地域 近畿

高野山からの下り
高野山からの下り

コース紹介

高野山から吉野へ。 高野山の有名なお寺を巡り、奥の院にお参りしたら、美しい新緑の中を豪快に下って紀ノ川へ。 奈良県に入って吉野川と名を変えた川沿いを、一路吉野へ向かいます。 深まる山の中の激坂を上ると、美しい吉野の里です。

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
金剛三昧院 START 発9:00 一般道 高野山散策
奥ノ院 2km
発11:00

一般道,R370
交通量の少ないダウンヒル。所々かなり勾配がきつい。
橋本
 昼食
25km 着12:50
発13:30

R370,r55,39
吉野川沿いをひたすら走る。
吉野山入口 55km 着16:30

一般道,r15
サイダー・サリーナはコースミスで11km、ジークは5kmの走行。
一部10%以上の勾配も。
吉野山 66km 着18:00 泊:一休庵★★★

金剛三昧院金剛三昧院

宿坊の朝は『おつとめ』で始まります。 ここ金剛三昧院は国宝の多宝塔もある美しいお寺で人気らしく、宿坊の泊まり客は多く団体さんもいます。 

今朝も快晴、まずは高野山めぐりに出発。

金剛峰寺金剛峰寺

まずは高野山の総本山『金剛峰寺』へ。 参道には桶が並べられています。 そしてお寺の屋根にも。 

そこから道路をはさんで向かいにある『壇上伽藍』を見学。 広大な敷地に金堂、根本大塔、不動堂などが配置されています。

高野山を歩くお遍路とサリーナ高野山を歩くお遍路とサリーナ

次に自転車で弘法大師御廟のある『奥ノ院』をめざします。 お遍路さんもたくさん見かけました。

奥の院へ奥の院へ

杉の巨木の参道が約2km続き、その両側には著名な戦国武将などの苔むした碑が。 『へえ〜武田信玄も豊臣秀吉も、石田三成も!』などと眺めつつ自転車を押し奥ノ院到着。

新緑の中のダウンヒル新緑の中のダウンヒル

奥ノ院を見学後、ダウンヒルで紀ノ川をめざす。 途中『あれ〜、このルートでいいのかなあ〜』という疑問がわいてきたものの、とにかく気持ちのいいダウンヒルを堪能。 陽に輝く新緑の中、車はほとんど通らない山道を、右に左にとカーブに身をまかせながらぐんぐん下っていきます。

九度山駅へ下る九度山駅へ下る

『すてきなルートだね〜』と話しつつ、ダウンヒル後の現在地を確認したところ、『あれ〜!!』 奥ノ院から奈良に近い橋本をめざしたはずなのに、なぜか昨日電車に乗った『九度山駅』に着いてしまいました。 

『ちょっと回り道だけど、いいルートだったよね!』 今日は45kmくらいの走行予定だったから、50km少々になっても問題ないよね、とこの頃はまだ余裕があるメンバー。

吉野川を行く吉野川を行く

紀ノ川は、奈良県に入ると『吉野川』となり、川沿いに東へ東へと走るメンバー。 ようやく吉野山のふもとにたどり着いた。

『私はふもとの駅から電車で宿に行きます』とナオボー。 じゃあ宿で会おうね。 『5時半にはみんな温泉に入っているベストなスケジュールだね』とジーク。 そう、最後の迷走さえなければ…。

吉野山ヒルクライム組は、ジーク、サイダー、サリーナの3名。 『ゆっくり上るからお先にどうぞ』というジークに先行して、サイダーとサリーナが出発。 もくもくと上る2人。 しばらく行くものの、超低速にもかかわらずジークが現れない。 『おかしいね〜』『別のルートを選んだのかなあ?』などのんきな2人。 集落を越えて川沿いの山道に入ったところでサイダーが急停止。 『吉野へのルートは川沿いじゃないよ』『…』

とりあえず上り続けて『脳天大神』という神社にたどり着いた。 道を聞くと、何と全くのコースミス、逆戻りして改めて上りなおさないと吉野の里には着けないという。 『…』

上った道をほぼすべて下り、山の反対側を改めて上りはじめる。 すでに6時に近く『5時半には温泉じゃなかったの!』とキレかけているサリーナ。 無視して先を行くサイダー。 へろへろで吉野の里に入ったところで、心配して探しに来たジークと遭遇! とにかく着いてよかった〜

*この件、ジークのコメントはこのページ最後「感想 by ジーク」をご覧ください!

吉野山の鴨鍋吉野山の鴨鍋

ナオボーは順調に着いていて、ジークも無事上り終えて満足、疲労困ぱいでヘロヘロはサイダーとサリーナ。 それでも眺めのすばらしい宿の座敷で鴨鍋を前に乾杯すると、いつの間にか疲れもとれて最高の気分に。

おいしい鴨鍋に舌鼓をうち、部屋での2次会も盛り上がって4日目終了!


0406-5

淡路島+高野山 六日目

吉野〜今井町

開催日 2004年05月03日(月)
参加者 ナオボー/ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★
難易度
走行距離 6km
地域 近畿

コース紹介

吉野の金峰山寺や如意輪寺を見学し、電車で移動。 飛鳥をポタリングの予定でしたが雨のため、今井町を散策して終了。

走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

緑の吉野山緑の吉野山

宿のお座敷は眺めが最高。 桜の季節は山全体がピンク色に染まるというが、新緑の今もすばらしい。 この景色を堪能しながら朝食を楽しんだが、今日は天気予報では全国的に大雨。

吉野の宿を出発吉野の宿を出発

まだ雨は降っていないので、とりあえず吉野観光に出発。

金峰山寺金峰山寺

金峰山寺の蔵王堂は、修験道の根本道場だそうです。 ここで記念撮影。

ここからナオボーはタクシーで、残り3人は如意輪寺を経由して『吉野神宮』駅で待ち合わせ。

山道を下る山道を下る

如意輪寺の見学を終えて快適な山道を下っていると、ついに来ました、雨粒がポツポツと。

吉野神宮駅で4人が合流したころには、雨も本降りに。 残念ながら飛鳥ポタリングは中止とし、今井町を散策することにした。

今井町にて今井町にて

今井町は、江戸時代の町並みがそのまま残る集落です。 筋々にタイムスリップしたような景観が連なる。 公開されている見事な町家もある。 ぶらぶら散歩しているとさらに雨脚は強まり、駅前のイタリアンカフェに避難。 ワインで乾杯して6日間の旅を締めくくりました。

ジーク感想 by 企て人ジーク

今年もまた、すばらしいゴールデンウィーク! 高野山や吉野の新緑に心が洗われました。

途中参加で3日目の夕刻、洲本で合流。 昨年の丹後半島以来1年ぶりのサイダー、サリーナ、ナオボーとのうれしい再開! ブンブンが初対面と思いきや、一昨年中国重慶でお知り合いになった方であることにはびっくり仰天! 夜更けまで楽しい話が弾みました。

5日目、高野山を下り、「紀ノ川」を上流へ辿って吉野へと向かううち、川はいつしか「吉野川」! 地元奈良で日頃から親しんでいる「吉野川」と、遠く彼方和歌山県の「紀ノ川」は、一本の繋がった川だった!

吉野川の麓からは宿のある中千本までの連続する激坂を、一昨年の阿蘇アタックを思い出しながらアッパレ完走! ところが宿に着いたら、さっさと先行したはずのサイダー・サリーナの自転車がない! 一本道なのにどうしたことか!?と待つこと10分、20分、…。 「2人そろって崖から落ちた!?」なんてなことまで頭をよぎりパニック寸前の30分、ようやく2人が見えてウルウル。 すっかりジオポタファミリーのジークを自覚した瞬間でありました。 自信家サイダーは、またも道を間違えた…。

最終日の6日目、吉野山を下山したところで降雨となりポタを断念、我が庭のように知り尽くした飛鳥を案内できず残念、改めて企画しますので乞うご期待!

< 前日へ 淡路島+高野山TOP
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2004-05