0409-4

久住・阿蘇 四日目

ミルクロードポタ、黒川温泉〜湯坪温泉

開催日 2004年07月29日(木)
参加者 チコ/ユーリン/サリーナ
総合評価 ★★★
難易度 ▲▲
走行距離 44km
地域 九州

阿蘇山の雲海
阿蘇山の雲海

4日目のコース紹介

早朝、ミルクロードを走り大観峰で阿蘇の壮大なカルデラと雲海を眺める。 朝食後、やまなみハイウェイを瀬の本へ。 そこから下って黒川温泉で立ち寄り湯の露天風呂。 しかしここからが難所です。 照りつける日射しの中を350mの上りが始まります。 最高地点のスキー場を越えたら、あとは下り基調で湯坪温泉へ。

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

発着地 発着時刻 ルート 累積距離 備考
エルパティオ牧場 発06:30 やまなみハイウェイ,ミルクロード 早朝、車も少なく爽快
大観峰 着07:10
発07:30

ミルクロード,やまなみハイウェイ
9km 感激の雲海
エルパティオ牧場 着09:40
発13:10

r76
18km 朝食後、やまなみハイウェイを走る
瀬の本レストハウス 着11:15
発12:00

r76
30km 軽い昼食、黒川温泉へ下る
黒川温泉 着12:10
発13:25

r76
34km ゴージャスな露天風呂。その後はスキー場までひたすら上り。
筋湯温泉 着15:00 41km 下りの途中で小休止
湯坪温泉 着15:20 44km 泊:御宿泉水
2食付税込9390円/人

朝の景色朝の景色

夜がしらじらと明ける頃、3人とも目をさます。 というか、『カカカカカ』と鳴くヒグラシに起こされました。

おお、快晴ではないか。 いざ早朝ミルクロードポタ、馬小屋から出した自転車のまたがり、しゅっぱつ! 6時半、牧場から眺める朝日をあびた山並みと雲が美しい。 大観峰は期待できそう!

ミルクロードミルクロード

空には雲一つありません。 山のふもとにはあるけど…

草原の丘陵地を上ったり下りたりしながら大観峰へ。 爽やかな早朝の冷気の中、車もほとんどなく、快適そのものです。

雲海の脇を行くユーリン雲海の脇を行くユーリン

しばらくアップダウンを繰り返し、快適な道なれど少々お疲れ。 まだかな〜というところでいきなり展望が開けた。 『ええっ!あの白いものは…』 そこで我々の目の前に広がったパノラマは、カルデラを埋め尽くす雲海だった。 『す、すごい』

カルデラの雲海を背景に速筋で疾走するユーリン。

大雲海を後ろに大雲海を後ろに

何と絶好の雲海日和です。 雲海が見られるのは通常秋口だそうで、我々はほんとにラッキー。 カメラ愛好家が何人も集まっていました。 そのうちの1人のおじさんにお願いして記念撮影。

大観峰にて大観峰にて

この展望所はかなり鼻が長く突き出していて、阿蘇五岳をはじめ、祖母山や福岡県の山並みまで、パノラマで見渡すことができます。 そして、どの山の足元にも雲海が広がっています。

 『す、すごい』の連続です。 早起きして来たかいがあったね!

お宿野の花の露天風呂お宿野の花の露天風呂

エルパティオ牧場に戻り、テラスでゆっくり朝食。 はらぺこユーリンは豪快に食べます。 快晴の阿蘇を眺めながら、おいしいねえ〜

今日は難所があるので、早々に荷物をまとめて出発。 やまなみハイウェイを走り、瀬の本レストハウスで軽食をとります。 ちょっと早いけど、昨日の空腹が身にしみている3人だった。 黒川温泉までは下り基調、そして『お宿 野の花』で今日も立ち寄り露天風呂。 またも貸し切り状態!

激坂後の休憩激坂後の休憩

午後1時過ぎ、太陽は真上から照りつける。 そんな中を激坂の難所に突入! うねうねとした山道を350mの上りが待っていた。 林の中、急勾配をもくもくと走る3人。 車は通らないし、木陰もあるし、雰囲気は最高なんだけどね〜。 暑い… 汗が滝のようにしたたり落ちます。

まだまだ上るまだまだ上る

もくもくと上るのはチコとサリーナ。 速筋でダッシュしては停止するユーリン。 それぞれのペースで高度を重ねていきます。 下りはまだかまだか…

彼方に阿蘇五岳がうっすらと彼方に阿蘇五岳がうっすらと

山道を終え、r40にたどり着きました。 でもまだしばらく上りなのです。 山道より暑くて平均勾配がきつく感じられました。 へなへなと休み休み上り続ける。 スキー場はまだ〜?

いつの間にかずいぶん高くまで上って、阿蘇五岳ははるか彼方にうっすらと見えます。

頂上だ!頂上だ!

あの角を曲がったら下り坂… 何度も念じたのがやっと現実に。 ついにスキー場に到着、ヤッター! よく上ったね!

ここは本当に最高地点、ここからはずっと下り。 筋湯温泉の道ばたで水分補給し、湯坪温泉まで一気に到着です。

本日の御宿は『御宿 泉水』。 何と露天風呂付きのお部屋ですがリーズナブル。 山並を眺めながらゆったりとお湯につかり、そして山の幸をたらふくいただき大満足です。 いや〜今日はよく走ったね!


0409-5

久住・阿蘇 五日目

湯坪温泉〜湯布院

開催日 2004年07月30日(金)
参加者 チコ/ユーリン/サリーナ
総合評価 ★★☆
難易度
走行距離 34km
地域 九州

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

5日目のコース紹介

自転車最終日。 湯坪温泉から泉水山のふもとを経由して長者原へ。 ここからは下り基調でやまなみハイウェイを湯布院へ向かいます。

発着地 発着時刻 ルート 累積距離 備考
湯坪温泉 発9:20 一般道 START しばらく上り。車は少ない
長者原 着10:05 やまなみハイウェイ 4km やまなみハイウェイに入るとさすがに車通行が
小田の池レストハウス 着11:25 やまなみハイウェイ  20km 下り基調なのでやまなみハイウェイを爽快に走る
湯布院 着12:20    34km 到着後、立ち寄り露天風呂と地ビール!

部屋から露天風呂と山並みを見る部屋から露天風呂と山並みを見る

朝日を浴びる泉水山、そしてそれを眺めるお部屋の露天風呂。 ああ〜極楽だ〜

朝ごはんをしっかり食べて、最終日の移動にのぞみます。 やっぱり最初は上り(笑)。

山並みとサリーナ山並みとサリーナ

上って上って、やっと長者原に着きました。 3つの峰の三俣山などの山並が目の前に広がります。 さて、ここからはやまなみハイウェイに入ってほぼ下り。 どんどん進みます。 途中、マラソンの人たちに『ガンバレ!』なんて応援されたりして、爽快に走ります。

おお〜もう湯布院だ。 お昼に着いてしまった! 予定よりかなり早いので、またしても立ち寄り露天風呂、貸し切り状態(笑)。 汗を流し、湯布院の地ビールをいただき、列車で大分へ、そして夜行列車で宴会しながら帰路につきました。 のんびりポタとすばらしい景観を堪能した夏休みでした。

< 前日へ 利尻・礼文・サロベツ原野TOP
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2004-08