0410

日光 山王峠

開催日 2004年08月01日(日) 晴
参加者 ジーコマリア/ヴェネーノ/カビロ/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★★
難易度 ▲▲
走行距離 62km
地域 関東

山王峠にて
山王峠にて

コース紹介

日光の山王峠を越えます。 戦場が原の入口の赤沼茶屋から、光徳牧場、山王峠、川俣湖と巡り、川治温泉に至ります 。山王峠までは林の中を行く気持ちのいい上りで、頂上からは川俣湖方面への眺めがいいです。 フィニッシュの川治温泉では川沿いの露天風呂へ。

スライドショウ(05'19" 音声:BGMのみ)

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
赤沼茶屋 START 発11:00 R120、山王林道 戦場が原入口の茶屋
光徳牧場 4km 着11:15
発11:30

山王林道
林道は静かでいい雰囲気のつづら折れが続く
山王峠 8km 着12:15
発12:30

山王林道
静かな林道
川俣湖
 またぎの里
33km 着13:30
発14:30

r152
蛇王平の滝や栗山村・黒部ダムの眺望が楽しめる(トンネル迂回すべし)
川治温泉 62km 着16:40 露天風呂『薬師の湯』

湯滝湯滝

日光前泊組は、トンネル王カビロ、お久しぶりヴェネーノ、よれよれサイダーの3人。 日光駅に到着したときには激しい雨。

『こりゃあ、いろは坂は登れないね。』とサイダー。 鼻から登る気はないのだけれど。 これを聞いてちょっと恨めしそうなのは久々に登場のクライマー・ヴェネーノです。 カビロの賛成もあって、中禅寺湖まではバス輪行に決定。 バスは車内に自転車を持ち込むのでちょっと大変。

『いろは坂に来たね。 走らなくてよかったよ。 すっごい角度だよ。 ジーコマリアは本当にここを登ってくるのかな?』とは今回初の峠越えに挑戦のカビロです。

中禅寺湖畔に到着してしばらくすると、なんとか雨が上がりました。 竜頭の滝、湯滝に立ち寄り湯元温泉でのんびり寛ぎました。

戦場ヶ原付近を行く戦場ヶ原付近を行く

さて翌日、待ち合わせは『赤沼茶屋』に午前10時半。 日光駅からいろは坂を上って、中禅寺湖を過ぎたところに赤沼があります。

日帰り参加組は、企て人ジーコマリアと九州ポタから帰ったばかりのサリーナの2人。 

ジーコマリアは当然いろは坂を自力で上ります。 『いや〜 バスに乗ると酔いそうだから〜』とジーコマリア、途中のパンクも乗り越え、余裕の定刻到着です。 

サリーナは当然バスです。 昨日から一転して快晴の日光、ハイキング客も多い満員バスに愛車カルメンを詰め込みヒ〜コラ。 11時前に赤沼到着し、『ああ疲れた〜』

ひと休みしてから出発。 戦場ヶ原を引くのはカビロ。 青空に緑がまぶしく輝きます。

光徳牧場から林の中を上る光徳牧場から林の中を上る

最初の目的地は『光徳牧場』。 みんなおいしいソフトクリームをゆ〜っくり食べます。 早速始まりそうな峠に、なかなか食べ終わって先頭を切るメンバーがいません。

『じゃあ行きましょうかあ〜』とジーコマリアに促され、ようやく走り出すメンバー。 上りはすぐに始まり、静かな林と足元の熊笹の間、すばらしい雰囲気の道を上って行きます。

サリーナとヴェネーノサリーナとヴェネーノ

ジーコマリアはあっという間に見えなくなった。 うわ〜 ダンシングしてるよ…

他のメンバーは木漏れ日の中をゆっくりゆっくり上ります。 車は少なく、ときどき道ばたでひと休みしてお弁当を広げているグループに出会います。 『がんばってね〜』 『は〜い!』 こんな時だけ足に力が入ります。

つづら折れを上るつづら折れを上る

つづら折れが延々と続く。 何度も何度も、勾配のきつい曲がり角を通過。 標高が上がると次第に木々も低くなり、強い日射しが照りつける道をもくもくと上ります。

サリーナ、ヴェネーノ、カビロがゆく。 みんな、下向いてない? このグループを先導するサイダーが、要所要所で勾配を叫ぶ。 『8%』 『おお、10%だ』 『ひえ〜12%だよ』 『もう言わなくてもいいよ…』とサリーナ。

山王峠山王峠

曲がりに曲がったつづら折れの峠も、ようやく頂上に! とっくに着いていたジーコマリアがみんなを待っていた。 

さわやかな風が吹く峠、ほんとはダート道を徒歩でもう少し上ったところに頂上があるようだけど、誰も行こうとしません(笑)。 とりあえず舗装路の頂上で『山王峠制覇!』

久々でもクライマーだから余裕のヴェネーノ。 初の峠制覇に感無量のカビロ。 峠はクセになりそう?

山王峠からの下り山王峠からの下り

『ここからはず〜っと下りですよ』とジーコマリア。 ほんとに気持ちのよいなだらかな下りが続きます。 カメラマン・サイダーの『写真撮れないからゆっくり行ってよ〜』というリクエストに応えて、ジーコマリアがみんなとゆっくり走ります。 『山道サイコ〜!』とヴェネーノが引く。

川俣湖を見下ろす川俣湖を見下ろす

そんな山道の展望が開けると、山あいの青空の下に川俣湖が見えてきました。 おお〜あそこまで下るのね。 『はらへったよ〜』とサイダー。 お昼はもうすぐ、川俣湖のほとりの予定です。

またぎの里またぎの里

なだらかに下ってきて、気温も上がり下界におりて来たって感じです。 でもまだここは山の中、そんな雰囲気にふさわしいお食事処、ジーコマリアお薦めの『またぎの里』です。

店先で焼いているのは… 鹿、熊、猪、ヤマメ、サワガニ、雀、うわ〜山椒魚もある! ジオポタ野生系メンバーは鹿、熊、山椒魚にチャレンジ。 山椒魚ってちっちゃいのね〜(オオサンショウウオじゃない?)。

川治温泉へ向かう川治温泉へ向かう

ここからも車の少ない静かなルート。 小さな温泉を見つけたり、滝を眺める茶屋で休憩したり。 途中、トンネルを迂回したらすばらしい絶景ポイントにも出会いました。

川治温泉到着川治温泉到着

カビロが掘ったというトンネルを経由し、川治温泉到着。 ご近所の人たちが利用している露天風呂でゆっくり汗を流し、駅へ向かいます。 列車の中で宴会ね!と黄金の液体とつまみを買い込んで、自転車を折り畳み、駅のホームにかつぎあげた。

列車到着、空いている車内で無事宴会場所も確保。 さあ黄金の液体…と見渡したら衝撃の事件発生! 『あれ??ない?』 トンネル王が駅のホームに忘れてしまったのだ。 途中駅のキヨスクはもう閉店、もはや飲料・食料調達手段はない。 

手持ち無沙汰の3時間、しかしついにジオポタの切り札が出た! 車内は大貧民の熱気に包まれ、あっという間に北千住に到着したのでありました。

ジーコマリア感想 by 企て人 ジーコマリア

暑い夏だから、涼しいところに行きたい。  しかも、そんなにきつくないコースで。 ということで、このコースを考えました。 とはいえ、いろは坂のバス輪行は確実にできるかどうかわからない、というアバウトさ。 初めての峠越えのカビロさん、いくつかの問題はありましたが、なんとかなりましたね。 案ずるより産むが易し。 これからもこの調子でやっていきましょう。 でも、最後に帰りの電車の中での食料調達しそこなったのは失敗でした。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded :2004-08