0519

嵐山渓谷・都幾川

開催日 2005年11月26日(土) 晴
参加者 カビロ/マリー/サリーナ/サイダー/デュエルン
ビジター くどうさん
総合評価 ★★
難易度
走行距離 68km
地域 首都圏

嵐山渓谷にて
嵐山渓谷にて

コース紹介

関東を代表する流れの一つ、荒川の中流域のカントリーロードを紅葉を楽しみながらのんびり走ります。 槻川(つきがわ)、都幾川(ときがわ)、越辺川(おっぺがわ)、入間川(いるまがわ)、そして荒川。 これらの川は繋がった流れなのです。 槻川の嵐山(らんざん)渓谷では渓流と紅葉、そしてちょっとだけダートが楽しめます。 嵐山桜堤で都幾川に出た後は荒川まで田舎道を走ります。 下の地図では表現しきれない裏道の連続なので走行ログをダウンロードして詳細を追っていただきたいと思います。 前半が特にお薦めです!

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップでルートを表示
総合データ(GARMIN Connect:ルート、高度、速度など。ダウンロード可)

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
小川町駅 発10:05 槻川 東武東上線
嵐山渓谷 9km 着10:45
発10:50

槻川
展望台があるところに到着
嵐山桜堤 14km 着10:25
発10:25

都幾川
槻川と都幾川が合流
落合橋
(木造冠水橋)
28km 着12:15
発12:15

越辺川
都幾川に長楽(ながらく)落合橋、越辺川に赤尾落合橋
昼食(あじとみ食堂) 30km 着12:30
発13:05

越辺川
天神橋手前で都幾川と越辺川が合流。 食堂では塩ラーメンがお薦め!
釘無橋付近 40km 着13:55
発13:55

入間川
落合橋先の釘無橋で越辺川と入間川が合流
上江橋 49km 着14:50
発14:50

荒川
入間川と荒川が合流
志木駅 68km 着16:05 東武東上線

小川町駅から小川町駅から

2005年の関東圏紅葉企画の第二弾は、田舎道コース・スペシャル! 小川町駅に集合したのは5名です。

快晴で暖かい絶好のポタ日和、企て人・地元人カビロの案内で、早速いい感じの田舎道に入ります。 畑や雑木林や立派な垣根の民家の脇道は、車もほとんどなく快適、快適。

嵐山渓谷へ向かう田舎道の看板嵐山渓谷へ向かう田舎道の看板

地図を指して『これから槻川に沿って嵐山渓谷に向かいます』とカビロ。 ふむふむ、と一同。 地元人カビロが最高の脇道を選んで走ってくれるので、みんなどこを走っているのかよくわかっていません(笑)が、とにかく楽しい素晴らしい田舎道の道のりです。

槻川の橋を渡る槻川の橋を渡る

槻川沿いといっても川沿いにずっと道があるわけではなく、ときどき川を渡ったり離れたりしながら走ります。 ハイキングの人たちもたくさんいました。 紅葉にはちょっと遅かったかな? それでも里山はところどころ赤や黄色に染まっています。

柿をもぎ取る悪ガキ、サイダー柿をもぎ取る悪ガキ

そして『里の秋』の象徴、たわわに実る柿が。

『よおし、あれ、食っちゃえ!』とジャンプして道ばたの柿をもぎ取る悪ガキ、サイダー。 ガブリと一口、一瞬の後『し、しぶい〜!』 誰も採っていないだけあって、やっぱり渋柿でした。 『かじった一瞬は甘いんだけどね〜』

嵐山渓谷にて嵐山渓谷にて

いよいよ嵐山渓谷に入ります。 ここはダートなので押してたら、反対側からマウンテンバイクの一団が走ってきた。 それでは、と我々も小径車ながら再び走り出す。 そして出てきたのはこの展望台。 ここが『嵐山(らんざん)』の名称発祥の地だって。 京都の嵐山(あらしやま)にちなんで名付けられたそうです。

清らかな流れを下に眺めながら日溜まりでくつろぐメンバーは、左からいつもルンルンのマリー、シブガキ隊ワルガキ・サイダー、スーパージモティ・カビロ、そして初参加のビジター・くどうさん。 カメラは、展望台に唯一のぼった元気な若輩サリーナでした。

落ち葉を踏み締めつつ進む落ち葉を踏み締めつつ進む

『さあ次に行きましょう』とダートの下りを先導する企て人カビロ。 ハイカーが多いので、気をつけていきましょう。 さくさくと落ち葉を踏み締め、回りの紅葉を楽しみながら押していきます。

槻川の紅葉のトンネル槻川の紅葉のトンネル

槻川におりるところは、こんな見事な紅葉のトンネルです。 橋では、清らかな渓流と紅葉をバックに記念撮影!(TOP写真)

嵐山渓谷から田舎道を行く嵐山渓谷から田舎道を行く

嵐山渓谷をあとにすると、またまた楽しい田舎道が続きます。 細くくねくねと曲がる田んぼのあぜ道を快調に走るメンバー。 『甘い柿はネットでカバーしてありますね』とくどうさん。 『あれ、白菜がはちまきしてる!』とマリー。 いろんな発見があっておもしろい。

空が広い農道を行く空が広い農道を行く

まっすぐな農道を駆け抜けます。 『空が広いね〜』と歓声をあげるメンバー。 風景にひたる人、直線コースをとばす人、思い思いに楽しむ道のりです。

嵐山桜堤嵐山桜堤

槻川と都幾川が合流するあたりに『嵐山桜堤』があります。 桜の花の季節はもちろん見事なのですが、秋晴れの時期も自転車には快適です。 ゴミを拾うボランティアの方たちがいて、素敵な環境に感謝です。

桜堤を疾走するカビロとマリー。

桜堤を行くサイダーとくどうさん桜堤を行くサイダーとくどうさん

快適ですなあ、とサイダーとくどうさん。 くどうさんは奥様とフランスをツーリングしたつわもの、現在小径車を物色中です。

爽快なコースが続くも、『おなかすいたよ〜 お昼はまだですか!?』とサリーナはじめみんなにせっつかれ、あせるカビロ。 『あ、あと25分です!』ということでここからは疾走。

木造の落合橋を渡る木造の落合橋を渡る

これは木造の冠水橋で、都幾川に長楽(ながらく)落合橋、越辺川に赤尾落合橋と二本の橋を渡り、ススキの野原を進みます。

そんな田舎道の一角、ちっちゃな小川の水たまりに集まっているおじさん5・6人。 『今の人たち、なにしてたの?』 『タナゴ釣り!』 『タナゴって食べられるの〜?』とくどうさん。 タナゴ釣りをあなどるなかれ。 釣り具その他、奥深い世界がある、と解説するカビロ。 どうやら食べる目的のものではないらしい。

お昼はカビロの予告通りの時間であじとみ食堂に到着。 おいしい塩ラーメンにみんな大満足です。 午後もここから楽しいコースが続きます。

荒川の土手でデュエルンと合流荒川の土手でデュエルンと合流

さて、今日はどこを終着点にしようか? と考えるカビロの携帯電話が鳴った。 『デュエルンです!』 しばらく音沙汰なかったデュエルンが荒川を走っているらしい。 『じゃあ、合流して志木まで走りましょう!』とカビロ。

入間川と荒川の合流地点で待っていたのは、ピカピカの美しい真っ赤なロードを伴ったデュエルン。 『おひさしぶりです〜!』

荒川サイクリングロードを行く荒川サイクリングロードを行く

ここからは荒川サイクリングロード。 広〜い荒川河川敷を見下ろしながら、デュエルンとカビロは細いタイヤで飛ばします。

秋が瀬公園秋が瀬公園

秋が瀬公園に入ると、また紅葉と落ち葉の雰囲気に。 日がかげってちょっと寒くなってきました。 

『テリトリー最南端』という志木でもカビロの案内はすばらしく、裏道を通って志木駅前に到着したのはちょうど午後4時。 楽しい田舎道と紅葉に、カンパ〜イ!

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2005-12-10