0714

しまなみ海道2007

開催日 2007年11月23日(金)- 11月25日(日)
参加者 マーコン/ペタッチ/サリーナ/サイダー
ビジター マコネー
総合評価 ★★☆
難易度
走行距離 92km
地域 中国・四国

多々良大橋から大三島へ
多々良大橋から大三島へ

コース紹介

本州と四国を結ぶ『しまなみ海道』にはサイクリングコースが設定されていて、いくつもの橋を渡って本州と四国を自転車で行き来できます。 橋や海岸沿いの道からの景色は素晴らしい! きっと心に残るものとなるでしょう。 今回は尾道から今治までを2日間で走ります。

寄り道しない尾道〜今治の標準ルートは約80kmです。 橋などの一部を除き自転車専用道ではなく一般道なので、車にはちょっと注意が必要です。 海岸沿いは景色が良く楽しいところが多いのですが、内陸部を走るところはあまりパッとしません。 もし余裕があれば標準ルートにこだわらずに、海岸線を辿ってみるのも一興かと思います。

私たちは途中、因島では紅葉が素晴らしい白滝山、そして生口島のお隣、みかんがいっぱいの高根島(こうねしま)を廻りました。 どちらも眺めが良くのんびりしていてお勧めです。

そうそう、橋は高いところに架かっているので、どこでも橋の手前にはちょっと上りがありますが、これは一般の健康な方ならさほどむずかしくありません。

スライドショウ(03'51" 音声:BGMのみ)

走行地図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)

day 月日 コース 距離 評価 難易度 備考
1 11.23(金)
晴れ
尾道〜向島〜因島〜生口島 34km ★★
2 11.24(土)
晴れ
生口島〜高根島〜大三島〜伯方島〜大島〜今治 58km ★★☆
3 11.25(日)
晴れ
松山観光 ★★

概要

生口橋にて

生口橋にて

尾道〜向島〜因島〜生口島

本州の尾道から生口島までの30km。『渡し』で向島に渡ったあとは岩子島を横目に南下。 因島では標準ルートを離れ、白滝山に寄り道し、紅葉と素晴らしい瀬戸内の景色を楽しみます。 生口島では夕陽に向かってダッシュ!

多々良大橋をうしろに

多々良大橋をうしろに

生口島〜高根島〜大三島〜伯方島〜大島〜今治

生口島から四国の今治まで。 まず、みかんがいっぱいの静かでのんびりした高根島を一周。 美しい多々良大橋を渡り、大島と伯方島の海峡で渦潮を楽しみ、とっても長い来島海峡大橋で夕陽を追いかけて、ついに四国に上陸!

ひとこと by 企て人ペタッチ

親戚の法要が11月の3連休の前日に山口県であり、ちょっと不謹慎ではありましたが、その後の3連休をどう過ごすかで、 同じ瀬戸内海にある、しまなみ海道が浮かび上がりました。

本当に行くかどうしようか? とまだ、迷っていましたが、半分冗談で、「サイダー行く?」と声を掛けたところ二つ返事で「行く!」との事。 サイダーとサリーナはイタリア遊びから帰ってきた直後、いったい、この自転車にかけるバイタリティはどこから来るんでしょうかナ?

当方、いくらなんでも法事の会場に自転車は送り込めなくて、レンタサイクルを調達。 マーコンのお姉さんマコネーも誘い、3人はレンタサイクルお気軽素人集団。 対するサイダーとサリーナはプロ選手、やって来ました自転車担ぎ尾道へ。 てな事で、今回の珍道中は、始まったのでした。

終わってみれば、(始まったばかりですが、すぐ終わってしまうのは、 感想文が長くなり過ぎて、いつまでも終わらないからです) 終わってみれば、空、青、秋、海、島、宿、食、人、すべてに恵まれた旅でした。

私にとってこの道は、8年前、しまなみ海道開通時、自信満々で臨んだ、尾道から今治までの100Kmウルトラマラソンに、あえなく挫折した道です。 あの時、この道を本当に喘いで走っていたんだと思うと、苦くも懐かしい道でもありました。 今やっと、ここに自転車でゴールが出来ました。

追伸: また悪い癖が出て、サイクリングに山を持ち込んでしまいました。 因島の白滝山、でも仏さまに囲まれた頂上から見る瀬戸の海は、世界に誇る多島海、本当に綺麗でした。

初日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2007-12-11