1308

荒川BBQ

開催日 2013年05月19日(日) 晴れ
参加者 ムカエル/ミワプッチ/レイナ/レイ/レナール
ペタッチ/マーコン/サリーナ/サイダー
ビジター ママエル/ムッチー/ニコちゃん
総合評価 ★★
難易度
走行距離 30km
地域 首都圏

荒川左岸の土手を行く
荒川左岸の土手を行く

コース紹介

初級者にも安全で快適な荒川自転車道を快走し、秋ケ瀬公園の緑を楽しみます。その後はウィンドサーファーで賑わう彩湖を廻り、場所を移してみんなでワイワイとBBQ !

Google マップでルートを表示(途中まで)

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
和光市駅 START 発09:55 一般道、自転車道 東武東上線/池袋09:25→09:37和光市
秋ケ瀬公園 13km
16km
着11:20
発11:35

園内路 、自転車道
彩湖 18km
22km
着12:00
発12:20

自転車道、一般道
BBQ会場 30km 着12:50

和光市駅付近和光市駅付近

雨予報で開催が危ぶまれたBBQ企画ですが、明けてみればほぼ快晴というすばらしいお天気。しかも真夏日となり、日中はかなり気温が上がり、暑い暑い。

和光市駅からほぼ最短距離で荒川の土手を目指します。

荒川に向かう荒川に向かう

和光市駅のあたりはちょっとアップダウンがあるのですが、街が終わると同時にそれもなくなり、平らになります。荒川近くのちょっとした畑の間を抜けて行く道は砂利道でした。

新河岸川新河岸川

駅から2km少々走ると荒川の支流、新河岸川の流れにぶつかります。

荒川の土手に上る荒川の土手に上る

この新河岸川を渡ればそのすぐ先に荒川が流れています。

荒川は大きな川なのでその土手は高く、ちょっとだけ上ります。

荒川の土手を行く荒川の土手を行く

『今日のお天気は良すぎですねぇ〜』 と久々に登場のミワプッチと、

『日焼け対策してきました〜』 と長袖のニコちゃん。

荒川荒川

右手には荒川が滔々と流れています。

その脇をマウンテンバイクやロードレーサーに乗ったサイクリストが飛ばして行きます。

自転車道をどんどこ自転車道をどんどこ

私たちは土手の上をのんびり。

先に朝霞水門先に朝霞水門

外環自動車道の高架をくぐると、先に朝霞水門が見えてきます。

土手には日影がないので、朝霞水門まで進んでその影で一休み。

土手を行く面々土手を行く面々

朝霞水門を出ると、次に視界に入るのはJR武蔵野線の鉄橋です。

この鉄橋のところは土手上の自転車道が途切れているので、下に下りてどんどこ。

うしろに武蔵野線の鉄橋うしろに武蔵野線の鉄橋

鉄橋をくぐったら次は秋ケ瀬橋ですが、ここは下の道は繋がっていなかったかな、と思って再び土手上に上りました。

しかしこれは勘違い。ちゃんと下の道から先の土手上にも上れるようになっていました。

うしろに秋ケ瀬橋うしろに秋ケ瀬橋

このあたりの河川敷にはゴルフ場があったり、田んぼが作られていたりします。

羽根倉橋から荒川上流を見る羽根倉橋から荒川上流を見る

追い風に乗り、快調に羽根倉橋に到着。

羽根倉橋を渡る羽根倉橋を渡る

羽根倉橋には広い歩道があるので安心して渡れます。

秋ケ瀬公園その1秋ケ瀬公園その1

その羽根倉橋を渡り切ったところには秋ケ瀬公園が広がります。

秋ケ瀬公園その2秋ケ瀬公園その2

秋ケ瀬公園には小さな池があったり、

秋ケ瀬公園その3秋ケ瀬公園その3

森の中を行く散策路があります。

ここは涼しくて気持ちいい。

秋ケ瀬公園その4秋ケ瀬公園その4

ブロックを隔てるとテニスコートやサッカー場があり、BBQができる広場もあります。

みんなでガヤガヤBBQをやっている脇を通れば、おししそうなにおいが漂ってきて、私たちの胃袋を刺激します。

秋ケ瀬公園から荒川の土手に上る秋ケ瀬公園から荒川の土手に上る

『おなかへった〜、私たちもBBQ会場に向かおうよ』 ということで、秋ケ瀬公園をあとにします。

ところが公園から荒川の土手に上る道がわからず、こんなことに。上ってから気づいたのですが、この少し北にちゃんとした道がありました。

荒川を南下する荒川を南下する

なんとか土手によじ上って南下を始めれば、今度は向かい風との戦いが始まりました。

『前にぜんぜんすすみませ〜ん』 とムッチーがよろよろ。

彩湖彩湖

しかしすぐに彩湖に辿り着いて、ホッ。

彩湖の岸辺を行く彩湖の岸辺を行く

この彩湖は荒川の氾濫や渇水の対策のために造られた調整池ですが、周辺は公園として整備されており、周囲には歩行者自転車道が設えられています。

このあたりは湖水面とほとんど同じ高さの遊歩道があって、そこを走ると気持ちいいのですが、この時期は水量が多くてそれは水没してしまっていました。

彩湖の岸辺を行くその2彩湖の岸辺を行くその2

仕方がないので、外側の道を進んで行きます。

『ここも湖の際だけあってさすがに風が強いわい。』 といいつつも、ペタッチがどんどこ。

さすがにこの時期、ここで泳いでいる人はいませんが、

稲荷山公園駅幸魂大橋

ウィンドサーフィンを楽しんでいる人は大勢います。

向こうに見えるのは外環自動車道の斜張橋、幸魂大橋。

彩湖の真ん中の橋彩湖の真ん中の橋

その幸魂大橋をくぐったところの先にはフェンスがあり、そこから先は通行止めでした。以前はそこも走れたように記憶していますが、どうしたのでしょうね。

この先の笹目橋に出るためには、彩湖の北の一般道を使うか、ちょっと戻って彩湖の真ん中に架かる橋を渡り、荒川の左岸からアプローチするかのどちからですが、私たちは気持ちのいい後者を選択。

荒川左岸を行く荒川左岸を行く

『このあたりは結構緑が多いんですねぇ〜』 と、土手の緑を眺めつつマーコンとペタッチが行きます。

笹目橋から荒川上流を見る笹目橋から荒川上流を見る

彩湖と荒川を繋ぐ水門までやってくると、その先の土手上はちょっとの間ですが砂利道になります。

笹目橋を渡ってちょっと行くと、本日の走行はおしまい。BBQ 会場に到着です。

BBQ担当レナールBBQ担当レナール

BBQ とくればこの御仁、レナール登場。機材搬入から炭おこし、そして焼きまで一手に引き受けてくれたのでした。パチパチパチ!

あっ、ムカエルとママエルもちょっとだけ手伝ったんだっけ?

盛り上がる面々盛り上がる面々

ということで、こちらは食べるだけの面々。

ワイワイガヤガヤと話は大いに盛り上がったものの、ジオポタらしく自転車談義は盛り上がらず、次回と次々回の宴会だけが決まったのでした。。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2013-05-30