0006

シチリア周遊 2

カルタジローネ〜ラグーサ

総合評価 ★★★
開催日 2000.08.20(日) 晴 難易度 ▲▲▲
参加者 サリーナ/サイダー 走行距離 81km

Ragusaの新旧の相対する街
Ragusaの新旧の相対する街

走行ルート図
地図ベース:ミシュラン432

Googleマップ で地図を表示

◆コース紹介

シチリア中央部の山岳都市を巡ります。 丘の上にある小さな街には映画に出てきそうな教会と広場があり、最後に辿り着くラグーサは見上げるような丘にびっしりと、中世の混沌とした街とバロックの整然とした街の建物がへばりつきます。

発着地 発着時刻 ルート 累積距離 評価 備考
Caltagirone 発05:20 START ★★ Pension Scala2発
まだ日の出前で暗い時間に出発
Vizzini 着08:10
発08:30
S194 30km
★★★

景色のいいコース。交通量も少ない。このあたりからヒルクライム。
Monterosso Almo 着10:15
発10:45
S194  46km
★★★

Ragusa手前もやはりヒルクライム。景色を見る余裕があれば、すばらしいコース。
Ragusa 着14:30 81km

カルタジローネカルタジローネ

シチリア中央部の自転車の旅は続く。

エンナからカルタジローネまでで、シチリアの街はみんな山岳都市であることを理解し、そこにある猛暑を体感した。

シチリアの猛暑を逃れるには、暗いうちに走るしかない! 朝寝坊な我々が4時半に起きてカルタジローネを出発。 ペンションの前で自転車に荷物を積んでいると、宿主の青年がくるのに出会い、『なんでこんな真っ暗なのに出ていくの?』と目を丸くしていた。

カルタジローネ付近カルタジローネ付近

ひんやりとした空気の中を走るのはいい気持ち。 しばらくすると夜が明けてきた。 25kmほどは幹線を走り、その後枝道へ。

連なる丘陵と丘の上の街連なる丘陵と丘の上の街

丘陵地を走る。 幹線にくらべると景色も楽しめ、時にはチームジャージに身をかため早朝練習をしているロードレーサーたちに出会う。 結構年輩のおじさんたちが、『チャオ!』とあいさつし、珍しそうにBirdyを眺めてから颯爽と走り去る。

ヴィッチーニを下から望むヴィッチーニを下から望む

このあたりはどの村も山(丘?)の上にあり、下から村を眺めるのも、村からの眺めもどちらもすばらしい。 ヴィッチーニもそんな丘の上にある村だ。

ヴィッチーニの市庁舎ヴィッチーニの市庁舎

30kmを快適に走りヴィッチーニの街に到着。 この調子なら今日は楽勝か!?

中央広場のバールは開いたばかり。 クロワッサンとカプチーノで朝食。 観光客などは来ないようで、広場にいるおじさんたちは珍しそうに我々を見ていた。 この街にも、カルタジローネほどではないが、やはりタイルで飾られた美しい大きな階段がある。

モンテロッソ・アルモモンテロッソ・アルモ

ヴィッチーニを出るとしばらくはアップダウンが続く。

次の目標モンテロッソ・アルモは名前(赤い山)の通り、山の頂上にある。 首が痛くなるほど上にある街を目指して黙々と走る。 景色は美しいが、最後の上りは結構大変!

モンテロッソ・アルモの広場モンテロッソ・アルモの広場

しかしまだ10時過ぎなので何とか余裕をもって街に着く。 小さいながらもこの地にふさわしい小さな教会とその前の小さな広場。 強い太陽に乾いたシチリアの空気。 その角のバールで小休止。 近所の少年とデジカメで遊ぶ。

灼熱の太陽の下を行く灼熱の太陽の下を行く

モンテロッソ・アルモを出るとしばらくは爽快な下り(街はみんな山の上にあるのだから…)。 その後は丘陵の田園地帯を走る。 景色はいいがかなり暑くなってきた! 頭に水をかけながら走る。

灼熱の午後1時、目指すラグーサまであと5km。 ところがここからが急坂になり、足が動かなくなってしまった。 それでもしばらくは自転車に乗ったり押したりしながら上ったのだが…。

見上げるようなラグーサ見上げるようなラグーサ

ラグーサの街まであと3km。 ついに飲料水も切れてしまった。 目の前にはラグーサ旧市街のすばらしい眺望が広がっている。 それなのに、楽しむどころか足が一歩も動かない!

ラグーサの教会ラグーサの教会

自転車を押すことさえつらい状態になってしまった。 サイダーが一足先に街に入って水をもらってきてくれたが、もうフラフラの熱射病状態だった。 道路脇の空き地で、『私はしばらく横になる!』とダウン。 結局ホテルに着いたのは午後2時半、最後の5kmに1時間半かかってしまった!

イブラ地区イブラ地区

ホテルの部屋に冷房を入れ、しばらく休む。 起きると夕方5時で、それからやっと街歩きを開始した。

ラグーサは、旧市街と新市街とに分かれている。 ホテルのある新市街は、17世紀末の地震後に建設されたバロックの碁盤目状の街。 一方、坂をおりた旧市街は『イブラ地区』と呼ばれ、中世の街をほぼそのまま再建し迷路のような街並が続く。 イブラ地区を散歩し、街の中央の美しい階段上に建つカテドラルへ。

新市街からイブラ地区を望む新市街からイブラ地区を望む

シチリアの猛暑を体験した厳しい一日だった。 広場のレストランで締めくくりの夕食。ラビオリや鯛のグリルがおいしかった。(サリーナ)

シチリア 3 シチリア TOP 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2000-09