0006

シチリア周遊 5

リパリ〜リパリ→ミラッツォ→チェファルー〜S.アンブロージオ

総合評価 ★★
開催日 2000.08.26(土) 晴 難易度 ▲▲
参加者 サリーナ/サイダー 走行距離 45km

高台からチェファルの街を望む
高台からチェファルの街を望む

走行ルート図
地図ベース:ミシュラン432

Googleマップ で地図を表示

◆コース紹介

エオリア諸島最大の島リパリ島で、アラブ的な建物やカテドラーレを眺め、ビーチリゾートを。島を一周したのちシチリア島に戻り、サンタンブロージョのビーチでくつろぎます。 そしてアラブ色が強いロマネスクのカテドラーレがある、チェファルへ。

発着地 発着時刻 累積距離 評価 備考
Lipari 発06:00 START ★★ Gottopard Park Hotel発
反時計廻りに一周
Lipari 着08:20
発13:30
26km フェリー/発13:30
21,500L/人 8,000L/台
MIlazzo 着14:20
発15:20

列車
Cefalu 着19:15 36km 暗闇の中を走る
S.Ambrogio 着21:15 45km 泊/民家

リパリの港リパリの港

リパリ島はシチリア島の北方30kmほどのところにあるエオリア諸島最大の島で、メッシーナから高速艇で二時間。

リパリの街リパリの街

その中心はギリシャ時代のアクロポリスであり、古代ローマ時代には町の中心でもあったところで、海に突き出した自然の要塞でもある。

アラブ的建築アラブ的建築

ここにも幾多の歴史の積層が見られ、アラブのものと思われる建物もある。

私たちはこの時この地方のお祭り『聖バルトロメオ祭』の最中だとは知らずに宿探しに苦労。 しかしなんとかその宿が確保でき、翌日は丸一日海岸でリゾートと決めた。

リパリのビーチでリゾートリパリのビーチでリゾート

デッキチェアで昼寝したり、時々海に入って魚を見たり。 騒がしい音楽もなく、物売りもなく、ゆったりとした時間が過ぎて行く。 昼食を食べるレストラン探しにも苦労した(開いていたのは浜辺中で1軒のみ!)ほどの、のんびりリゾート。

ただ青い海が広がるただ青い海が広がる

海はとにかく深いブルー。

サリーナ島サリーナ島

翌8/26、リゾート気分のままのサリーナは朝寝を選択。 サイダーのみが早起きしてリパリ島一周に挑戦。 サリーナ島を背景にした自分(サリーナ)の写真を撮れなかったことは、ちょっと心残り。

サイダー「このコース、距離はさほどないのだけれど、常に上り坂(もちろん下りもあったはずだけれど!)という感じ。 美しい風景の中、人気はほとんどなく、不思議でちょっと不安な気分。」

リパリのカテドラルへの道リパリのカテドラルへの道

サイダーが帰ってきてから朝食をとり、リパリ島の観光へ。 カテドラルや博物館を見学。それから港に向かい、船でミラッツォへ。 実は、船でチェファルかパレルモへ直接行きたかったのだが、チェファル行きは週3便のみ(今日はない)、パレルモ行きは満席。 しかもミラッツォ行きの船は1時間以上遅れて港に到着。 今日の旅に一抹の不安を感じる。 港から少し離れた場所にある鉄道駅から今日の宿泊予定地のチェファルへ向かう。

車窓からの日没。日没のあたりがチェファル車窓からの日没。日没のあたりがチェファル

ミラッツォからチェファルへは、そんなに距離はないはずだが、時間帯のせいかローカル線を乗り継ぎしなければならなかった。 しかも各駅の停車時間の長いこと!(なんで15分も止まるの!?) 単線で、常に待つ側だから。 日没に近い午後7時過ぎにようやくチェファルに到着。

チェファル駅から自転車で、とにかく目につくホテルというホテルをあたるが、満室、満室、満室…  8時過ぎ、あたりは暗くなってきて、困り果てた末に1軒の美容院に飛び込んだ。 『このあたりにホテルありませんか?』 気のいいお兄さんは何軒かのホテルに電話してくれたが、すべて満室。 でも、見ず知らずの私たちのために電話してくれたのがうれしくて、お礼を言ってと去ろうとした。 すると、もし8kmほど離れた場所(サンタンブロージョ)でよければ、弟がペンションをやっているがどうかという。 それは願ってもないこと! 8kmなら自転車でもOK、と大体のルートを聞いて出発する。

サンタンブロージョのペンションからの眺めサンタンブロージョのペンションからの眺め

大した距離ではないはずだが、街を出ると全くの暗闇となってしまった。 月明かりもない中、ミニマグライトのか細い明かりだけが頼り。 遠近感、速度感が全く持てず、こわごわ、のろのろ走り続けた。 途中で美容院のお兄さんの車に追い付かれ、ほっとする。 ペンションは自宅の空室を貸しているものらしいが、2室とバス付の快適な部屋だった。 

サンタンブロージョのビーチサンタンブロージョのビーチ

ここ数日の宿探し難に懲りたこと、そして感じのいい村だったことから、ゆっくり2泊することに決めた。 地元の海水浴の人々に混じって、の〜んびり。

チェファルへチェファルへ

今回の旅もいよいよおしまい。 サンタンブロージョでちょっとのんびりしたあとはチェファルへ向かい、列車でパレルモに戻る。

チェファルからサンタンブロージョに来るときは真っ暗だった道は、逆はすばらしい青い海の脇を通る快適な道だった。

チェファルチェファルの海岸

ティレニア海に突き出した小高い岬を廻ってチェファルに到着。 背後に岩山が迫るこの街の海もきれいだ。

サンタンブロージョのペンションからの眺めチェファルの街

そして街には味わいがある。

サンタンブロージョのペンションからの眺めチェファルのカテドラーレ

ここはロマネスクのカテドラーレが有名で、パレルモのパラティーナ礼拝堂同様、黄金のモザイクできたビザンチン様式の『全能の神キリスト』が後陣に。

カテドラーレ内部カテドラーレ内部

木造の屋根で、アラブ色が強い建築だ。

狭い坂道狭い坂道

急峻な細い坂道がいたるところにある。

シチリア 6 シチリア TOP 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2000-09