0006

シチリア周遊 7

シチリア都市散歩2

Googleマップ で地図を表示

Noto

ノ−トの入り口『レアーレ門』◆バロックの舞台さながらの街

ノ−トの入り口『レアーレ門』

17世紀末の地震で壊滅したノートは、10km離れた別の場所に新たな街を築いた。 南斜面の街の東西方向に主要な道路が通り、そこにドゥオモ、市庁舎、サン・フランチェスコ・アッリンマコラータ教会などが、壮麗な階段あるいは坂の小路を介して舞台装置のようにそびえたつ。 そして街歩きを楽しませるのは、バロックの彫像に飾られたバルコニーを持つ貴族の館の数々だ。

サン・カルロ教会サン・カルロ教会

Siracusa

円形闘技場◆古代からバロックまで魅力溢れる港町

円形闘技場

シラクーサの見どころは、丘の中腹にある考古学公園一帯と、中世からバロックの街並のオルティージャ島。 古代に「ネアポリス」と呼ばれた考古学公園の一帯は、眺めのいいギリシア劇場や、古代の石切り場、円形闘技場など見ごたえがある。

駅近くのギムナジウム跡駅近くのギムナジウム跡

海に面したテラスのような海岸通り海に面したテラスのような海岸通り

オルティージャ島は、シラクーサ発祥の地。青い海に囲まれ、ギリシア神殿から中世やバロックまで、歴史が積層した街の散策を楽しめる。

ドゥオモ広場ドゥオモ広場

ドゥオモ広場は、地震後にバロック様式で再建されたドゥオモや市庁舎などが連なるオルティージャ島観光の中心地。 ドゥオモは、前5世紀起源のアテナ神殿を7世紀に改造、さらにノルマン時代の改修と地震後のバロックによる再建によって現在の姿になったという。

Palermo

街の中心『クアトロ・カンティ』◆多様な文化の錯綜するシチリアの都

街の中心『クアトロ・カンティ』

人口約70万人、シチリア最大の都市。 フェニキア人からの起源を持つ街が栄えたのは、9〜10世紀のアラブ・ノルマン時代、地中海交易の重要な都市となった。 その後、スペイン・アラゴン家支配の時代やナポリのブルボン家支配などを経て、渾沌とした現在の街の姿となった。

サン・ジョバンニ・デリ・エレミティ教会サン・ジョバンニ・デリ・エレミティ教会

アラブ的建築も数多く存在し、赤いドーム屋根がエキゾチックな雰囲気をかもし出している。 サン・ジョバンニ・デリ・エレミティ教会は王宮のすぐ近くにあり、その中庭付回廊も静かで美しい。 アラブ的建築には、他にベッリーニ広場のサン・カタルド教会、少し離れたジーザ宮などがある。

マルトラーナ教会マルトラーナ教会 

ノルマン王宮内にある1140年完成のパラティーナ礼拝堂は、大きな見どころの一つ。 内装は、コンスタンチノーブルから招聘された職人によるモザイクで見事に埋め尽くされている。

シチリア TOP 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2000-09