0201

台湾 花東公路海線2

長浜〜豊浜〜花蓮

総合評価 ★★
開催日 2002.01.02(水) 小雨/曇 難易度 ▲▲
参加者 サイダー/サリーナ 走行距離 91km

八仙洞付近を行く
八仙洞付近を行く

Googleマップ で地図を表示

走行ルート図地図ベース:Perry-Castaneda Library Map Collection

◆コース紹介

花東公路海線の第二部は、東部海岸のほぼ中央部を走ります。 途中には大小さまざまな洞窟がある『八仙洞』や北回帰線を示す白い塔があります。 雨に向かい風で大変な上に、海線のはずがなぜか最後は山に向かう強烈な上りで、アップアップです。

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
長浜 START 発08:20 花東公路海線 小雨で向い風
八仙洞  8km 着09:00
発09:40

花東公路海線
強風、1時間ほど走り『肉マン』休憩
豊浜
 昼食
35km 着12:30
発13:30

花東公路海線
昼食/小タコ茹で、アサリ炒め、山野菜炒め、麺(大)
チャーハン(弁当に)、ビール小3本 630元/2人
花蓮 91km 着19:00 泊/大新大旅社W600元

雨の長浜雨の長浜

目が醒めるとなにやら『ゴーゴー』と音がする。 始めは波の音かなと思ったのだが、良く考えればここは海岸からはかなり離れたところ。

風? ベッドから起き上がり窓を開けてみる。 どんよりとした空からぱらぱらと小粒の雨、そしてその雨がいきなり窓から飛び込んできた。

小雨に強風! 今日はちゃんと走れるのかな?

八仙洞から来た道を望む八仙洞から来た道を望む

幸い雨はほんの少し。 そのかわり強い風が正面から! 下り坂でも漕いでいないと進まないくらい。

8kmを40分かけてのろのろ進むと『八仙洞』。 たくさんの洞窟が山の岩場にへばりついている。 その洞窟までちょっとハイキング。

吹き飛ばされそうな八仙洞から下り、さらに海岸線を進む。 しかし、とにかく15分も走ると休憩しないとならないくらいの風、風、風!

北回帰線を示す白い塔北回帰線を示す白い塔

昼に『豊浜』に到着したときには今日の行程を終了したような気分だった。 やぶれかぶれ状態で豪華昼食を頼んでしまった。 食べ切れ無さそうなチャーハンはお弁当にしてもらい、いざ出発。 しかしまだ半分も走っていないのだ。 今日は本当に『花蓮』に着けるのだろうか??

雨はあがったようだ。 前方に北回帰線を示す白い塔が見えて来た。 ここまで太陽がくるんだね〜、今日は見えないけど。。

橋は内陸側にある橋は内陸側にある

海岸沿いから内陸へ、そしてまた海岸沿いへと、晴れていたらすばらしいだろう景色のなかをゆっくりゆ〜っくり進む。

荒れる海荒れる海

海は昨日と違ってかなり荒れ模様。 エメラルドグリーンは消えてどんよりとした灰色に変わっている。 こちらも『ゴーゴー』とうなり声を上げている。

『も〜、もうダメ〜』と叫びつつ、よたよたと走るサリーナ。 『山線だったら、列車に乗れたのにね〜』 『あっちは山道だよ、こんな日なんかぜんぜん走れなかったよ〜』 とかなんとか冗談を言ってはみるが、やっぱり進まない。

水牛水牛

いきなり、『ドドドドッ』という地響きが聞こえた。 なんと私たちの鉄馬(台湾語で自転車のこと)のすぐ脇を水牛軍団が並走。 これにはびっくり! 二人とも赤いカッパを着ていたから? 風より恐かったのか、このときばかりは猛然とダッシュする二人でした。

軍団をなんとか振り切ると、その向こうには悠然とのんびり草をはむ水牛たちが…

花蓮近くは高所を通る花蓮近くは高所を通る

水牛難もなんとか切り抜けて風も止んできた。 これならなんとかなるかな? と思うのも束の間、次の試練が待っていたのでした。

磯崎海岸から道は山へ向かっている。 『あれ? 海線だったよね〜』と言ってはみるものの、ここは一本道。 登って、登って、延々と登って…

そして止んだと思った風まで復活! 風、登り、風、登り……

花蓮花蓮

持っていた『レンブー』(赤色の果物でりんごのような味)や『釈迦頭』(緑色で松ぼっくりみたいな形、ちょっとねっとりしていてほの甘いのと、パイナップルみたいな味のと2種類ある)で休憩を重ね重ね、なんとか頂上に着いた。

しかしその後、風は最強度に達し、日は暮れ、工事中の道はダート…  花蓮に到着したときにはふらふらで、一番近くの旅社に倒れ込むようにして飛び込んだのでした。

おかゆ屋さんおかゆ屋さん

次の朝はなんと快晴! ム〜、昨日の雨と風は一体なんだったのかね〜ぇ。

花蓮は大都市、朝食は『おかゆ』なのですが、おかずはセルフサービスのビュッフェ形式で。 このスタイルは今回の旅では初めて見るものでした。

『たくさんあってどれにしようか迷っちゃうよ〜』とサリーナ。

海岸の自転車道海岸の自転車道

昼過ぎまで花蓮にいることにした私たち、ぶらぶらしていると海岸の鉄馬道(自転車道)に出た。 爽快で南国特有のまぶしい朝日と輝く海、椰子の木。

風はないのね!!

空から台湾を見る空から台湾を見る

台湾中央部を縦に貫く中央山脈には3,000m級の山々が幾座もあります。 クライマーならここを挑戦するのも楽しそう。 でも道は狭く交通量は結構あるそうです。 いくつかの横断路はこの前の地震で不通になったままのようです。 今度くるときはここをダウンヒルだけ楽しもうかな!

台湾 3 台湾 TOP 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2002-01