ツール・ド・ピレネー 12

大西洋から地中海へ
第12ステージ

Sort 〜 La Seu d'Urgell

総合評価 ★★
開催日 2008.08.12(火)晴れ 難易度 ▲▲
参加者 サリーナ/サイダー 走行距離 52km

カント峠への道から
カント峠への道から

◆ コース紹介

カヌーやラフティングが楽しめるソルトからカント峠を越えて、バルセロナ・オリンピックのカヌーの競技地のラ・セウ・ドゥルジェイまで。 標高差1,000mの下りは豪快で楽しめます。


第12ステージ:ソルト(680m) 〜 ラ・セウ・ドゥルジェイ(690m) 52km

 峠:カント峠(1級 1,725m)

Googleマップ でルートを表示

ソルトの朝ソルトの朝

朝7時、空は明るいものの日はまだ出ておらず、ソルトのホテルの玄関には明かりが付いています。 空気は寒いというほどではありませんが、かなりひんやりとしています。 宿のご主人が玄関を開けてくれ、『今日はいい天気だよ! よかったね』と送り出してくれました。

お決まり勾配7〜8%お決まり勾配7〜8%を上る

まずは7〜8%の上りです。 なぜかこれまで峠への上り道の勾配は、みんな申し合わせたように7〜8%なのです。 いったいどうして?

雪山?雪山?

7〜8kmほど走ると、めずらしく勾配は4〜5%と緩くなります。 そしてここからは4〜5%と7〜8%が同じ位の割合で出てくるようになりました。 後方には頂上付近が白い雪山が見えています。 しかしこの白いもの、実は雪ではありません。 乾燥した地面に日が強く反射して白く見えるのでした。

うねうね道うねうね道

ビラムール村を通過すると松林が多くなり、スペインぽい赤茶色の岩肌が目立つようになります。 下を見れば上ってきたうねうね道が山の斜面を抉っています。

尻痛サリーナ尻痛サリーナ

坂もきついがお尻もきつい! 4〜5日ならなんともないお尻も、一週間、二週間と乗り続けると疲労が蓄積して?痛くなってきます。 上り勾配はそれほどきつくないのですが、坂よりお尻がきつくて何度も何度も立ち止まるサリーナでした。

スペインの光スペインの光

わっせわっせと漕ぎ続けること3時間強、我らが『ルビオ』という名の、たった数軒だけの村を通り抜けるともうすぐ頂上です。 ここの空気はまさにスペイン、フラッシュライトを浴びたような日の光です。

峠に到着のサリーナ峠に到着のサリーナ

ルビオからの上りは緩やかに見えたものの結構きつく、真剣に上ってサリーナ、峠に到着。 ひゃーしんどかった!

カント峠カント峠

この峠の道路脇には、ちょっとした展望スペースのような駐車帯があり、北と南西に眺望が開けています。 到着は10時半、ここまで3時間半かかりました。 標高差1,045m、距離19km、平均斜度5.5%、上り300m/時間でした。

下りの眺め下りの眺め

前方には穏やかな山並みがあります。 この山並みを眺めながら豪快に下りだします。 ところが珍しくもここには一旦下った後の上り返しがありました。 しかもそれが数回繰り返されます。 今までのピレネーでは、峠と言ったら上りっ放しと下りっぱなしだったので、ここにはちょっと特殊な印象があります。

薄青紫の花を眺めながら薄青紫の花を眺めながら

山が近づき、足元にはきれいな薄青紫の野草がずっと咲いています。

空を下る空を下る

真っ青な空に真っ白な雲。

山を下る山を下る

山並みの変化を楽しみつつグワッ〜と下り、下り、下ると、幹線が通る下界はアドラル村に到着です。 1000m下った下界は暑い。 1時間近く下ったので休憩にバルに入れば、そこでは北京オリンピックで盛り上がっている様子。 テレビでスペイン対中国のバスケットボールが放映されていて、同点延長の末、スペインが勝ったので店中が大はしゃぎ。 店に来ていたお客の一人は私たちを見て、『君たち中国人かい?』 と気遣ってくれたのがちょっとおかしかった。

ラ・セウ・ドゥルジェイの町ラ・セウ・ドゥルジェイの町

アドラルからラ・セウ・ドゥルジェイまではほんの半時間ほど。 一走りで山の麓にある今日の宿泊地に到着です。

メインストリートの樹木メインストリートの樹木

ラ・セウ・ドゥルジェイはこのあたりでは比較的大きな町で、セグレ川が流れ、1992年のバルセロナ・オリンピックでカヌーの競技地になったことでも知られています。 その町の真ん中のメインストリートにはこんな鬱蒼とした樹木が木陰を作っていて、みんなその下に集っています。

サーフボードの川版?サーフボードの川版?

カヌー競技地の『オリンピック公園』には競技用コースが設けられ、カヌーの練習やラフティングで遊ぶ人たちがいました。 中にはこんな遊びも。

ラフティングラフティング

みんなでやれば怖くない?

魚屋さん魚屋さん

魚もいます。 川魚じゃあないけれどね。 久しぶりに魚介料理が食べたいね、ということで、晩ご飯はパエリャに決定。

次へ ピレネー TOP 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2008-09-06