1614

スコットランド

開催日 2016年08月03日(水)- 08月26日(金)
参加者 サリーナ/サイダー
総合評価 ★★
難易度 ▲▲
走行距離 800km

スカイ島
スカイ島

コース紹介

スコットランド北西部のウェスト・ハイランドを中心に巡る。赤紫色のヘザーが一面を覆う丘から、入り江とも湖ともつかぬ細長いロッホを眺め、泥炭が広がる湿原や渓谷を越えて行く。バグパイプとエールビールにスコッチを楽しみながら。

Googleマップ で全ルートを表示

day 月日 コース 走行距離  備考
01 08.03
(水)
東京→成田 - フィンエアー 欠航で成田泊
泊:成田エクセルホテル東急
02 08.04
(木)
成田12:35(BA0006)→
→17:10London18:30(BA1458)→19:55Edinburgh
Air 泊:Macdonald Holyrood Hotel £125
03 08.05
(金)
Edinburgh 市内散策
 →Glasgow
列車 列車:1h
泊:Premier Inn £80.5
04 08.06
(土)
Glasgow 市内散策
 C.R.Mackintosh
泊:同上
05 08.07
(日)
Glasgow→Ardrossan→Brodick〜Lochranza
 Arran島
41km フェリー:55’
泊:Butt Lodge £85(朝付)
06 08.08
(月)
Lochranza→Claonaig〜Kilmichael Glassary
 Kintyre半島とKnapdale
83km フェリー:30'
泊:The Horseshoe Inn £60
07 08.09
(火)
Kilmichael Glassary〜Taychreggan 51km 泊:Taychreggan Hotel £99(朝付)
08 08.10
(水)
Taychreggan〜Oban 33km 泊:Roseneath Guest House £76(朝付)
09 08.11
(木)
Oban
 Staffa島ツアー
泊:同上
10 08.12
(金)
Oban→Craignure→Tobermory
 Mull島
バス フェリー:50'
泊:Castle Croft B&B £50(朝付)
11 08.13
(土)
Tobermory→Kilchoan〜Lochailort 68km フェリー:35'
泊:Lochailort Inn £90(朝付)
12 08.14
(日)
Lochailort〜Mallaig 42km 泊:Ashdale B&B £70(朝付)
13 08.15
(月)
Mallaig
 Eigg島
20km 泊:同上
フェリー:1h15'
14 08.16
(火)
Mallaig→Armadale〜Broadford
 Skye島
43km フェリー:40'
泊:Hebridean Hotel £85(朝付)
15 08.17
(水)
Broadford〜Portree
 Skye島
77km 泊:Meadowbank House £84(朝付)
16 08.18
(木)
Portree〜Portree
 Skye島
73km 泊:同上
17 08.19
(金)
Portree→Fort William
 蒸気機関車ジャコバイト号
バス+
フェリー+
列車
フェリー:40'、列車:Jacobite £29
泊:Ardlinnhe £85(朝付)
18 08.20
(土)
Fort William〜Glencoe〜Fort William
 Glencoe LochanとLeven湖周遊
77km 泊:同上
19 08.21
(日)
Fort William11:40→12:41Rannoch
〜Kinloch Rannoch
列車
54km
列車:1h
泊:Macdonald Loch Rannoch Hotel £70(朝付)
20 08.22
(月)
Kinloch Rannoch〜Killin 68km 泊:The Courie Inn £75(朝付)
21 08.23
(火)
Killin〜Crianlarich→Helensburgh→Edinburgh
 Hill House
28km
列車
泊:Destiny Student - Brae House £64.5
22 08.24
(水)
Edinburgh
 Forth Bridge、Military Tattoo
43km Royal Edinburgh Military Tattoo £46
泊:同上
23 08.25
(木)
Edinburgh(AY928)09:50→
14:40Helsinki17:15(AY927)→
タクシー:25£
フィンエアー :15h 150,770円
24 08.26
(金)
→08:55成田
時差: -8h/日の出05:20ごろ、日の入21:15ごろ /為替レート:1£=140円/持物リスト料理

概要

カールトンヒルよりエディンバラ城方面を望む
カールトンヒルよりエディンバラ城方面を望む

08.05(金) エディンバラ

国際フェスティバルで賑わうスコットランドの首都エディンバラ。岩山の上に建つお城を手始めに、ロイヤルマイルから狭い小径を行ったり来たりし、老舗のパブが建ち並ぶグラスマーケットなどの旧市街を散策する。

動画(06'10" 音声:BGMのみ)

クライド川とクライド・アーク・ブリッジ
クライド川とクライド・アーク・ブリッジ

08.06(土) グラスゴー

スコットランド最大の都市グラスゴーの目玉は何といっても、チャールズ・レニー・マッキントッシュの建築だ。代表作のグラスゴー美術学校を始めとし、彼の周りのグラスゴー・スタイルと呼ばれる建築群などを観て廻る。

動画(05'54" 音声:BGMのみ)

アラン島東海岸を行く
アラン島東海岸を行く

08.07(日) アラン島

『スコットランドのすべてがある』と言われる、クライド湾に浮かぶアラン島を巡る。ブリテン島東海岸のアードロッサンからフェリーでアラン島のブロディックへ渡り、海岸道路を時計廻りに北海岸のロッホランザへ。しかし雨の洗礼が。

動画(05'41" 音声:BGMのみ)

ナップデールの西海岸をキルベリーへ向かう
ナップデールの西海岸をキルベリーへ向かう

08.08(月) キンタイア半島とナップデール

アラン島からキンタイア半島に渡り、ボグが広がるムーアの丘を眺めつつサイクリングルートを北上。海岸の景色が素晴らしいナップデールに入り、19世紀初頭に築かれたクリナン運河を眺め、巨石文化が残るキルマイケル・グラッサリーへ。

動画(05'30" 音声:BGMのみ)

ダルリアダ王国の中心地ダナッド砦
ダルリアダ王国の中心地ダナッド砦

08.09(火) キルマーティン・グレンとオー湖

先史時代の遺跡の宝庫キルマーティン・グレンでダルリアダ王国の砦に上り、ボグが広がるグレンを眺めたら、スタンディングストーンや石塚墓地群を巡り、スコットランド一長いオー湖の北岸を北上。湖岸に佇む一軒宿のテイクレガンまで。

動画(05'18" 音声:BGMのみ)

ハイランド・キャトルとサイダー
ハイランド・キャトルとサイダー

08.10(水) 王の道とハイランド・キャトル

スコットランド一長いオー湖の畔から、王を葬送した道だという 'The Road of the Kings' を辿り、もじゃもじゃの毛が特徴のハイランド・キャトルと黒い顔の羊を眺めつつ、ヘブリーディス諸島への玄関口である港町のオーバンへ。

動画(05'49" 音声:BGMのみ)

スタッファ島とフィンガルの洞窟
スタッファ島とフィンガルの洞窟

08.11(木) スタッファ島とアイオナ島

インナー・ヘブリディーズ諸島のマル島、アイオナ島、スタッファ島を巡るツアーに参加。ハイライトはスタッファ島の岸壁に穿たれた『フィンガルの洞窟』。またアイオナ島には6世紀に聖コルンバが創設した歴史的な修道院がある。

動画(05'48" 音声:一部にあり)

アーズリニッシュ湾
トバーモリィ

08.12(金) トバーモリィ(マル島)

オーバンからフェリーでマル島に渡り、自転車で島の北東岸を走る予定だったが、雨のためバス移動となった。トバーモリィはカラフルな家並みが続く漁港で、マル島最大の観光拠点でもある。

動画(05'45" 音声:BGMのみ)

アーズリニッシュ湾
アーズリニッシュ湾

08.13(土) アードナマーチャン半島からロッカイロートへ

マル島からアードナマーチャン半島へ渡り、丘とロッホ(湖、海の水道)をつないでロッカイロートまで。ここはイギリス本島最西端。これぞスコットランドという雰囲気満点の羊群れなす丘陵地、紫の花咲く荒野、古城などが待っている。

動画(05'24" 音声:BGMのみ)

ルー半島の小さなビーチ
ルー半島の小さなビーチ

08.14(日) 島々への道とビーチ散策

ロッカイロートからマレーグまで。ここは 'Road to the isles' と呼ばれるルートの一部で、スコットランドでも風光明媚で有名なところ。ときどき自転車を下りて遠くの島々を眺めながら歩くと、目の前に美しい白砂のビーチが現れる。

動画(05'43" 音声:BGMのみ)

エッグ島の最高峰アン・スグール
エッグ島の最高峰アン・スグール

08.15(月) エッグ島

マレーグから海を渡りエッグ島への日帰り遠足。青空の下、北はラム島を望む牧場と鳴き砂の海岸へ。南はダート道を恐竜の背びれのようにとんがったアン・スグールへ。小さいけれど変化に富んだ魅力溢れる島でゆっくり一日を過ごす。

動画(05'46" 音声:一部にあり)

スレイト半島からクィリン丘陵の山々を望む
スレイト半島からクィリン丘陵の山々を望む

08.16(火) スカイ島1

スカイ島初日。スレイト半島に渡り、東から西へと横断すれば、西海岸ではクィリン丘陵の荒々しい山々が聳え、東へ戻れば海を隔てたノイダート半島の山並みが見渡せる。海と山、湖を楽しんだあとは、拠点の町ブロードフォードまで。

動画(05'46" 音声:一部にあり)

エイノート湖北岸を行く
エイノート湖北岸を行く

08.17(水) スカイ島2

スカイ島の二日目は、ブロードフォードから険しい山々が並ぶスリガチャンを経て、タリスカー蒸留所でスコッチの作り方を見学。ロッホと川を眺め、原野が広がる丘を越えつつピートの採掘を見たら、観光拠点の港町ポートリーへ。

動画(06'05" 音声:BGMのみ)

クワラング
クワラング

08.18(木) スカイ島3

スカイ島のトロッターニッシュ半島を。トロッターニッシュ・リッジの山々を眺め、クワラングまでの上りとその豪快な岩山を楽しんだら東海岸へ下り、メルト滝が落ちるキルトロックに立ち寄り、奇岩のオールドマン・オブ・ストーへ。

動画(06'22" 音声:一部にあり)

グレンフィナン高架橋
グレンフィナン高架橋

08.19(金) ジャコバイト号とグレンフィナン高架橋

スカイ島のポートリーからバスでアーマデールへ移動し、フェリーで英国本島のマレーグに渡ってイルカとアザラシを見たら、蒸気機関車ジャコバイト号で連続アーチのグレンフィナン高架橋を渡り、フォート・ウィリアムへ。

動画(06'00" 音声:あり)

リーブン湖とサリーナ
リーブン湖とサリーナ

08.20(土) グレンコー・ロッカンとリーブン湖

ハイランド第二の都市フォート・ウィリアムからアイル湖沿いを南下し、グレンコー村を通って美しい森と湖のグレンコー・ロッカンを散策。リーブン湖を廻って、とんがり帽子のパップ・オブ・グレンコーとコー渓谷入口の山々を眺める。

動画(05'52" 音声:一部にあり)

ランノホ湖東端のビーチ
ランノホ湖東端のビーチ

08.21(日) ランノホ湖とタメル橋

フォートウイリアムから列車で荒涼としたランノホ・ムーアを横断。ランノホ駅からは自転車で東へ向かい、静かなランノホ湖の湖岸に沿って東端のキンロック・ランノホを経由しタメル橋へ。爽やかな森と湖を抜ける自転車向きのコースだ。

動画(06'41" 音声:一部にあり)

グレン・リヨンからの上り
グレン・リヨンからの上り

08.22(月) シェハリオン・ロードとグレン・リヨン

キンロック・ランノホから紫に染まるシェハリオン山の肩口を通りフォーティンゴールへ。スコットランドで最も長い谷と言われるグレン・リヨンを走り抜け、静かで荒涼とした丘を越えれば、テイ湖西端のキリンまで爽快な下りが続く。

動画(06'21" 音声:一部にあり)

リーブン湖とサリーナ
キリンからクリアンラリッチへ

08.23(火) キリンとマッキントッシュのヒルハウス

スターリング近くのキリンで滝とストーンサークルを眺め、美しい山合いを流れる川沿いのシングルトラックでクリアンラリッチへ。グラスゴー近郊のヘレンズバラに列車で移動し、C.R.マッキントッシュの代表作、ヒルハウスを見学する。

動画(05'34" 音声:BGMのみ)

フォース橋
フォース橋

08.24(水) フォース橋

スコットランド最終日はエディンバラ。アーザーズ・シートを廻り、シャルロット・スクエアで18世紀の都市開発を眺め、ディーン・ヴィレッジから静かなリース川沿いを行き、海沿いを辿って、鉄の塊の赤い恐竜フォース橋に圧倒される。

動画(08'08" 音声:一部にあり)

フォース橋
ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー

08.24(水) ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー

エディンバラ城で行われるロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥーの鑑賞を。スコットランドの軍楽隊や兵士たちを始めとし、世界各国から招聘された人々によるイベントで、多種多様な音楽とダンス、そして光のショーが楽しめる。

動画(30'31" 音声:あり)

参考資料

分類 タイトル 概要
ガイドブック Cycling BRITAIN/Lonely Planet ロンリープラネット社のサイクリングシリーズ
Scotland/Lonely Planet 実用的なガイドブック
地図 Streetmap 英国の地図
英国陸地測量部(Ordnance Survey) 国土地理院のようなもの
公式HP 英国政府観光庁 日本語あり
在エジンバラ日本総領事館 エジンバラの領事館
VisitScotland 国立観光協会のペイジ
The Royal Edinburgh Military Tattoo スコットランド軍楽隊などによる音楽と舞踊と光のショー
B&B in Portree and the Braes ポートリー付近のB&B案内
Isle of Skye スカイ島の案内、B&Bも
Explore Mull マル島の案内、B&Bも
Glasgow City Council グラスゴー
天気予報 UK weather forecast - Met Office 英国の天気予報
Weather Underground 英国の天気予報
自転車コース National Cycle Network | Sustrans イギリスのサイクリングルート案内
Cycling Scotland England スコットランド南東部とイングランド北東部のコース紹介
CycleStreets » Cycle journey planner 自転車に最適なルートを簡単作成
Eurovelo 12/North Sea Cycle Route 北海のサイクリングルート
The North Sea Cycle Route 北海のサイクリングルート
South Down National Park サウス・ダウン国立公園
CNN CNNが推奨する世界のルート
Most Amazing Bike Routes in the World Independentが推奨する世界のルート
自転車の団体 London Cycling Campaign ロンドンの自転車事情向上を目指す団体
The cyclists champion | Cycling UK Cyclists Touring Club (CTC)
交通総合 Rome2rio 世界の交通網
Travelline Scotland スコットランドの総合交通案内
Public Transport 公共交通機関の案内
鉄道 ScotRail 自転車関係
National Rail Enquiries 自転車関係
Rail.co.uk Route Planner が便利
South West Trains South West鉄道の切符購入
Jacobite Steam Train フォート・ウィリアムとマレイグを結ぶ蒸気機関車
バス Citylink スコットランド中を結ぶ長距離バス
Stagecoach スカイ島など
Mugabus メグバス
National Express イギリス最大の長距離バス会社
Killin area public transport キリン周辺の公共交通案内
観光 Edinburgh Old Town エディンバラ旧市街の案内
Edinburgh Old Town Association エディンバラ旧市街協会
Charles Rennie Mackintosh マッキントッシュ協会
Forth Bridge フォース鉄道橋の案内
Historic Environment Scotland 歴史的建造物など
Highland Games Highland Gatheringとも。各地で行われる運動会
ハイキング walkhighlands ハイランドのハイキングルート案内
Transcotland Walking スコットランドのハイキング
その他 British Bank Holidays 祝祭日
Massie's Scotland スコットランド案内のペイジがある
World-wide Ancient Site Database 世界の巨石文化

◆ひとこと by サイダー

スコットランドは英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)を構成する四つのカントリーの一つで、グレートブリテン島の北部 1/3を占める。グレートブリテン王国が成立する1707年までは独立した王国だった。日本と比べると、英国は面積 2/3、人口は半分ほどで、スコットランドは面積人口共に北海道と同じくらい。

首都エディンバラの緯度は北緯56度であり、これは北海道を飛び越しカムチャツカ半島の中程の位置になる。しかし気候はメキシコ湾流の延長である北大西洋海流などの影響で比較的穏やかで、冬でも過ごしやすいという。夏はどうか。エディンバラの8月を見ると気温は10°C~19°C とかなり涼しく、自転車旅にちょうど良さそうだ。

しかしスコットランドは雨が多いという。エディンバラ8月の降雨量は東京の半分以下の65mmしかないが、降雨日数は倍の15日あり、この降雨日数の多さがスコットランドが雨が多いといわれる所以であろう。スコットランドでもっとも降雨量が多い地域のフォートウィリアムの同月にあっては、東京と同じ150mmの雨が降る。加えてスコットランドの天候は非常に変わりやすく、『一日のうちに四季がある』とも言われている。

スコットランドは一般的にローランドとハイランドに分けられる。エディンバラやグラスゴーを含むイングランド寄りの低地がローランド、これより北西部の高地がハイランドである。スコットランドには高い山はないが、ハイランドは極めて高低差の激しい土地であり、その西海岸は平面的にも凹凸が激しいフィヨルドで、小島も多い。この二つの地域は歴史的にも文化文明的にも背景が大きく異なり、ハイランドはかつて長い間イングランドの影響を受けずにきた地域で、現在も僅かながら独自の文化が残るという。

今回の旅はこのハイランドの西海岸を中心に廻る。スコットランドの中でもこの地域は、雨は降ったり止んだり、時に嵐のようになり、ということらしいが、その合間に見える陽の光と虹が素晴らしいとも聞く。そして微細に入り組んだ海岸線と小刻みな丘越えのアップダウンは、変化に富んだコースを作り出してくれるはず。

さて、グラスゴーを離れアラン島に渡ると、そこにはもう都市の喧噪はない。この島以降は荒涼たる景色が広がるばかりだ。赤紫色のヘザーが一面を覆う丘から、入り江とも湖ともつかぬ細長いロッホ(Loch)を眺め、ボグ(泥炭地)が広がるムーア(湿原原野)やグレン(渓谷)を越えて行く。時々現れるのは、もの言わぬスタンディングストーンと古城。村に辿り着けば、タータンのキルトを纏ったパイパー(バグパイプ奏者)が奏でる音楽が時折聞こえてくる。街角にひっそりと佇むパブに入れば、エールビールとピート(泥炭)の香りが強いシングルモルトウィスキーが待っている。

スコットランド1
世界自転車コースリスト GEO POTTERING home