2410

新緑の奥多摩むかしみち

開催日 2024年05月11日(土)快晴/10-27°C/暑いが湿度低く木陰が多く快適
参加者 マコリン/ペタッチ/マージコ/シュンシュン/ミッチー/サイダー
総合評価 ★★☆
難易度 ▲▲
走行距離 42km
累積高度 600m
地域 首都圏

薪が積まれた民家
薪が積まれた民家

コース紹介

担ぎもある楽しくも鄙びた『奥多摩むかしみち』で新緑のシャワーを。渓谷の中に佇む古い神社や吊り橋などを巡り、高台から奥多摩湖を眺めます。

動画(08'28" 音声:一部にあり)

地図:GoogleマップgpxファイルGARMIN ConnectRide With GPS

発着地 累積距離 発着時刻  ルート 備考
奥多摩駅
340m
START 発10:15 R411 お茶ノ水06:38(4号車前方)→08:06青梅08:24
→09:06
09:59奥多摩 /1,280円、事故で迂回ルート
羽黒坂 1km 着10:20
発10:20
むかしみち 奥多摩むかしみち入口、コンクリートの激坂
先は非舗装路、左に廃線路、右に第三氷川トンネル
槐木
さいかちぎ
2km 着10:40
発10:40
むかしみち WC、槐の木(エンジュ)
ここから舗装路の下り
檜村橋
ひむらばし
3km 着10:50
発10:50
むかしみち 集落の先で国道に下りる
むかしみちは檜村橋手前右折(舗装路)
不動の上滝 3.5km 着10:10
発10:10
むかしみち WC
ここから穏やかな下り
4km 着10:15
発10:20
むかしみち 上に水根線の鉄橋
細い非舗装路の上りへ、国道の上を通過
白髭神社 5km 着11:10
発11:20
むかしみち 大岩:都天然記念物/石灰岩層の断層が露頭
先に『弁慶の腕ぬき岩』と耳神様
いろは楓 6km 着11:25
発11:25
むかしみち 直前に白髭トンネルと白髭橋梁
しだくら橋(吊橋)
惣岳渓谷
6km 着11:35
発11:45
むかしみち 付近に、惣岳不動尊、WC、がんどうの馬頭様
縁むすび地蔵、馬の水飲み場、牛頭観音、むし歯地蔵
道所橋(吊橋)
どうどころばし
7km 着11:50
発11:55
むかしみち しだくら橋より少し短い
西久保
見晴らし広場
8km 着12:00
発12:10
一般道 簡易WC、ピクニックテーブル
むかしみちは階段になるので、舗装路を行く
中山 9km 着12:25
発12:35
むかしみち 山岳集落、眺望あり
山の中の細い地道へ
青目立不動尊
600m
11km 着12:55
発13:00
一般道 眺望がある所だったが閉鎖されていた
むかしみちは非舗装林道となるので舗装路を下る
大麦代トンネル
入口
11.5km 着13:10
発13:15
一般道 上に八方岩展望台
奥多摩湖 550m
小河内ダム
12km 着13:15
発14:30
水根本宿線 水と緑のふれあい館/レストラン、ダム展望塔
WC 、奥多摩湖いこいの路:自転車乗り入れ禁止
奥氷川神社
氷川渓谷
21km 着15:10
発15:15
r184
R411
大氷川の三本杉/樹齢650年/樹高50m/都天然記念物
数馬隧道 24km 着15:30
発15:55
R411 切り通しまで往復15分
白丸ダム 26km 着16:00
発16:10
R411 330mの魚道、WC
10:00-15:30/4〜11月の土日祝と夏休み期間のみ可
雲仙橋 27km 着16:15
発16:15
R411など 鳩ノ巣渓谷、鳩ノ巣大橋、鳩ノ巣小橋(小さな吊橋)
双龍の滝:西川から多摩川に落ちる
寸庭
すんにわ
29km 着16:30
発16:30
林道など 茅葺き屋根の民家
丹三郎屋敷 30km 着16:35
発16:40
r45など 長屋門:都の歴史的建造物
現在はそばや
御岳渓谷遊歩道入口 33km 着16:50
発16:50
御岳渓谷
遊歩道
御岳美術館-軍畑駅間、御岳神社鳥居前から下る
手前のフィッッシングセンター奥の橋を渡ってもよい
沢井 36km 着17:15
発17:15
一般道 清酒澤乃井
青梅駅
200m
42km 着17:45 ぜん/0428-22-8549
青梅20:30→21:49御茶ノ水/950円
日の入り18:36/奥多摩観光協会奥多摩ビジターセンターTREKKLING
東京都水道局小河内線御岳渓谷遊歩道御岳渓谷ハイキング御岳渓谷地図

奥多摩駅奥多摩駅

桜の季節が終わると、それを追いかけるようにして新緑の季節がやってきます。その新緑を愛でに奥多摩に行くことにしました。ところが当日は中央線で事故があり、てんやわんやの大騒ぎ。ぐるりと迂回し、奥多摩駅に着いたのはなんと予定より1時間遅れ。あちゃ〜 しかしまあ、今日のコースにはあちこち寄り道を設定しているので、適当にどこかをカットすれば問題ないでしょう。

さて、出発しましょう。今日の前半は『奥多摩むかしみち』を行きます。これは旧青梅街道の一部で、ここ氷川から奥多摩湖がある小河内まで続いています。

北氷川橋から見る日原川と北の山北氷川橋から見る日原川と北の山

このルートはまた小河内ダム建設のために敷設された水根貨物線の跡を辿るものでもあります。その水根貨物線は奥多摩駅(当時は氷川駅)を出て日原方面へ向かい、大きなカーブを描いて現在も見ることができるアーチ橋の日原川橋梁で日原川を渡り、Uターンして対岸を戻って来ていました。

北氷川橋から北を見れば、下に日原川、先に新緑に覆われた山。水根貨物線はこの右手に見える巨大な工場の裏側を通って日原川橋梁へ向かっていました。

青梅街道青梅街道

日原川を覗いたら川沿いを下り青梅街道に出ます。

青梅街道は東京の新宿と山梨の甲府を結ぶ道ですが、その歴史は江戸時代のはじめまで遡ります。古くからある道のためか、現在でもこの辺りには伝統的な造りの民家がいくつか残っています。

奥多摩むかしみち入口付近奥多摩むかしみち入口付近

その青梅街道を200mほど進むと右に入る道があり、入口に『奥多摩むかしみち案内図』という大きな案内板が立っています。

この案内板にしたがって進むと、こじんまりしているもののかっこの良い土蔵が見えます。この土蔵のすぐ先が奥多摩むかしみちの入口となる羽黒坂です。

羽黒坂羽黒坂

羽黒坂はとても狭いので通り過ぎないように注意を。

羽黒坂の前に立つや否や、『え〜、ここ本当に行くんですかぁ〜』とマコリン。羽黒坂はコンクリート舗装で、まるで壁がそそり立っているように見える激坂なのでした。

意を決してこの激坂を上り出したマコリンは、なんとスイスイ上っていくではないですか。それを追うはシュンシュンとミッチー。他の面々は初っ端から押しです。(笑)

水根貨物線の線路水根貨物線の線路

激坂の羽黒坂をなんとかクリアーすると今度は地道になりました。ここはさすがに全員押しです。

ふと横を見ると古い線路が残っています。これは水根貨物線のものです。日原川橋梁で日原川を渡った水根貨物線はここに繋がっていました。

線路付近から見た奥多摩の山々線路付近から見た奥多摩の山々

この線路付近で木々の間から多摩川の南の山々がちらっと見えました。

こうした景色を見ると奥多摩に来たな〜という感じがします。

ようやく自転車に乗るようやく自転車に乗る

地道の上りがようやく終わり、なんとか自転車に乗れるようになりました。

ここはとてもいい気分!

小川を渡る小川を渡る

この山は基本的には針葉樹林ですが、道脇にはまだ初々しさを残した広葉樹もあります。

まばゆいばかりの黄緑色!

槐木槐木

小さな橋を渡ると、おっと砂利道だ〜

この砂利道を進むと小さなお地蔵さんがあり、上の道に出ます。ここは槐木(さいかちぎ)というところでたくさん石仏が並んでいます。このような石仏が多い道というのは古くからある道と決まっています。先ほども述べたようにむかしみちは青梅街道の旧道なのです。青梅街道は現在でもそう広くはないですが、かつてはもっともっと狭かったんですね。

槐木からの舗装路槐木からの舗装路

ここ槐木にはトイレがあり、その前にハイカーの集団がいました。その中になんだか見知った顔が。あれ〜、タキスキーじゃん。なにやってんの〜と問えば、なんとむかしみちを歩くツアーに参加しているんだそうな。どうやらこちらの企画が発動される前に申し込んだらしいです。

このトイレから路面はアスファルト舗装になり、しかも穏やかな下りとあり、快適。

旧青梅街道のむかしみち旧青梅街道のむかしみち

今日は快晴ですでにだいぶ気温が高くなってきていますが、むかしみちは木陰が多いので助かります。

檜村檜村

左手の視界が開き、小さな集落が現れました。檜村です。集落の中を現青梅街道の国道411号線が貫いているのが見えます。

檜村橋より多摩川上流を望む檜村橋より多摩川上流を望む

この先で道は集落の西側へ向かい山の中へ消えていくので、下の国道に出ます。するとすぐに檜村橋があります。

檜村橋の下を流れるのは渓流の多摩川。

檜村橋より望む多摩川檜村橋より望む多摩川

多摩川は羽田空港の横で東京湾に注ぐあの多摩川です。下流部の川幅が広い多摩川しか知らないと、この細い流れがその同じ川の上流だとはとても想像が付かないでしょう。

ここは新緑の山も美しい。

檜村橋からの多摩川沿いの道檜村橋からの多摩川沿いの道

青梅街道は檜村橋の先でトンネルとなりますが、私たちはここからむかしみちに復帰。多摩川沿いを行きます。

進行右手は落石避けのネットで覆われた岩の断崖絶壁で、左手は多摩川に落ち込んでいます。その左手の木々が広葉樹から針葉樹に変わり少し行くと、道は急カーブを描きます。

不動の上滝不動の上滝

このカーブのところには小中沢が流れ、トイレがあります。その少し奥まったところに小さな滝が落ちています。むかしみちの案内にはこのあたりに『不動の上滝』というものがあるようなので、おそらくこれがそうでしょう。

上滝というのなら下滝もあのだろうと思いますが、それは地図にはなく、現場でも見当たりませんでした。どこかにあるのでしょうか。それともこれが下滝で上滝はもっと上流にあるのか。

小中沢観光トイレ付近から南を望む小中沢観光トイレ付近から南を望む

カーブを回って左に小中沢の谷を見ながら進めば、先に多摩川の向こう側の山が見えてきました。

境の集落の家境の集落の家

空間が広がり小中沢から多摩川の谷に出ると、すぐに境の集落です。ここがいかに急峻な地形かは道脇にある家を見るとわかります。2階部分に道路からアプローチできそうですね。

南側から見た境の集落南側から見た境の集落

南側に回ってみると、ワオ! 土地が階段になっている〜 勾配は60度くらいありそうな感じで、かなり怖いです。

水根貨物線の鉄橋水根貨物線の鉄橋

そしてここにはもう一つびっくりするものがあります。それは例の水根貨物線がかつて通っていた鉄橋です。

ひゃ〜、高い〜〜 あそこを資材運搬用の蒸気機関車がガッタンゴットンと走っていたんですね〜

白髭神社白髭神社

境の集落を出るとほどなく針葉樹林の中に入り、白髭神社の下に出ます。

急な石段を上り石の鳥居をくぐって行くと、二本の杉の木の間から社とそれに覆いかぶさるようにして切り立つ白い岩が現れます。この白い岩は石灰岩の断層が露頭したもので、この神社のご神体になっています。

この巨岩は今にもひっくり返ってきそうでちょっと怖いです。

梅久保付近の山梅久保付近の山

白髭神社から先にはいくつか見所があるのですが、今日は出発が1時間遅れている関係で、これらは時間があったら帰りに立ち寄ることにして、少し急ぎます。

梅久保付近を行く梅久保付近を行く

見事な新緑を眺めながらのんびり進んでいきます。

薪が積まれた民家薪が積まれた民家

惣岳不動尊の少し手前に、軒下にびっしり薪が積まれた民家がありました。今日、一般家庭で薪が使われるのは薪ストーブくらいだと思いますが、ここの薪の量はそれだけではとても使いきれないものです。現在でもこのお宅ではお風呂などを沸かすのに薪を使っているのでしょうか。

惣岳不動尊惣岳不動尊

薪の民家の先には惣岳不動尊があります。これは明治時代に成田山不動尊を勧請したものだそうです。案内板には勧請した2人の名がありますが、この2人だけではないにせよとにかくかなり少ない人々によってそれはされたわけで、当時の人々の信心深さが感じられます。

惣岳不動尊からしだくら橋へ惣岳不動尊からしだくら橋へ

惣岳不動尊の先、進行右手は崩落しそうな切り立った岩場で、左手の谷には針葉樹がびっしり。

この岩場の中に『厳道の馬頭様』があるはずなのですが、現在は台座だけが残っているようで本体は失われたようでした。

しだくら橋しだくら橋

カーブの手前で吊り橋が現れました。しだくら橋です。

この橋の袂には立て札に張り紙がしてあり、『2人まで』とあります。実はこの張り紙の下には定員5名とあったのですが。床板を見るとこの橋はすでにまっすぐではなくなっており、左右に僅かにカーブしているのがわかります。

しだくら橋から多摩川を見るしだくら橋から多摩川を見る

恐る恐る渡っていくと、揺れる揺れる。高所恐怖症のシュンシュンはついにこの橋は渡らず仕舞いでした。

橋の中程から下を流れる多摩川を覗くと、こんなふう。ごろごろ石がたくさん。このあたりの多摩川は惣岳渓谷と呼ばれています。

牛頭観音牛頭観音

この橋の少し先には牛頭観音(ごずかんのん)があります。世の中に馬頭観音は多いですが牛頭観音は珍しいと思います。馬頭観音は観音菩薩の変化身の一つですが、牛頭観音は仏教界には存在せず、道教に由来する牛頭天王(ごずてんのう)と関係があると言われています。

よく見かける馬頭観音塔のほとんどは民間信仰のもので、頭上に馬頭を抱く馬頭観音菩薩の姿から、仏教の本来の教義から離れて亡くなった馬を供養するために建てられたものです。この牛頭観音塔もそれらと同様に、身近な牛の供養塔として建てられたものでしょう。

牛頭観音付近から見た山々牛頭観音付近から見た山々

日本の山はかつての政策により針葉樹林が多いですが、林業の低迷とともにそれも少しづつ変わってきているように感じます。広葉樹が多い山は逆の見方をすれば放棄された山と言えなくもないかもしれませんが、自然の成り立ちに近い山の姿に早く戻ることを期待しています。

道所橋へ向かう面々道所橋へ向かう面々

そんな山を眺めながらどんどこ行く面々。

道所橋道所橋

吊り橋がもう一つ現れました。こちらは道所橋。先ほどのしだくら橋より少し短いですが、定員はやはり2名でした。(笑)

道所橋から見た多摩川道所橋から見た多摩川

多摩川は少しづつその姿を変えていきます。

西久保を行くミッチー西久保を行くミッチー

道所橋を出ると道はこれまでより少しきつめの上りになります。空間が開くとそこは西久保のピクニックテーブルやベンチがしつらえられている休憩所で、この日は大勢のハイカーが休憩していました。

そこに私たちが割り込むスペースが見出せなかったので、その先のヘアピンカーブまで行き、ちょっと一休み。ヘアピンカーブを廻ったすぐ先でむかしみちは急な細道となり山の中に消えていきます。この道は自転車向きではないので私たちはこれには入らず西久保トンネルに向かいます。

下の中山の集落を行く下の中山の集落を行く

短い西久保トンネルを抜け、中山橋を渡って青梅街道に出る直前に左折し、中山の集落の中を上って行きます。ここからが上りの本番。

実はこの企画は『私を乗鞍へ連れてって』シリーズの第一弾に位置付けられており、その連れてってほしい言い出しっぺのマコリンが、ここでウギャーっと叫び声を上げます。路面はコンクリート舗装に変わり、目の前に壁のようにそれが立ちはだかります。

わっせ、わっせと上って、なんとかこの坂をクリアー。あ〜疲れた〜

中山トンネル入口からの上り中山トンネル入口からの上り

この坂道の先は青梅街道で、中山トンネルが口を開けて待っています。その中山トンネルを行ってももちろんいいのですが、西久保で別れたむかしみちはその手前の遥か上にある中山の集落内に出てくるので、私たちもここからその地点を目指します。

ところがここからも激坂でした〜(笑)

上の中山の集落上の中山の集落

某と某は初っ端から押し。あまり軽いギアがないマコリンはなんとここを立ち漕ぎでガシガシ上って行きます。おっどろき〜!

上の中山の集落の家々は断崖にへばりつくようにして立っていました。私は写真を撮るふりをして途中休憩。(笑)

中山からやってきた谷を望む中山からやってきた谷を望む

この上の中山の集落からはこれまで辿ってきた多摩川の谷がよく見えます。

むかしみちの佳境へむかしみちの佳境へ

やってきた道は一見この集落の奥で終わっているように見えますが、むかしみちは民家の軒先をかすめるようにしてその奥へと続いています。

ここから先は人一人がようやく通れるだけの幅の地道となるので、全員自転車から降りて押して進みます。

奥多摩湖と小河内ダム奥多摩湖と小河内ダム

ほどなく木々の間から奥多摩湖と小河内ダムが見えました。いつのまにかダムより高いところまで上っていたようです。

新緑と青梅街道新緑と青梅街道

このあたりの木々は広葉樹で、まだ初々しい新緑を残しながらも、力強いより深い緑色に変わろうとしています。そんな木々の合間から下にちらっと青梅街道が見えました。あの道ができるまでは、人々はこんなところを通っていたのですね。

絶壁を行くむかしみち絶壁を行くむかしみち

このあたりは上りの上に石ころがごろごろしていたりで、押したり引いたり担いだり。なかなか写真が撮れなかったのですが、下り基調にはったところでようやく一枚カメラに納めることができました。

ん〜ん、あんまり苦しさが伝わりませんねぇ〜(笑)

青目立不動尊付近青目立不動尊付近

このあと道はさらに狭くなり、さらに急な上りで自転車を担ぎ上げるのも難儀するようなところがあるのですが、なんとかそこをクリアーすると本日の最高標高地点の青目立不動尊に辿り着きます。

ところがその青目立不動尊の門は閉じていて張り紙が貼ってあります。どういういきさつかはわかりませんが青目立不動尊は閉鎖されているようです。仕方がないのでお不動さんの上を行き、民家の軒先から奥多摩湖の写真を一枚撮らせてもらいました。お不動さんのテラスからだともっといい眺めなのですが、ちょっと残念。

青目立不動尊から奥多摩湖への下り青目立不動尊から奥多摩湖への下り

さて、ここまで来たらあとは奥多摩湖へ下るだけです。お不動さんから先は舗装路なのでビューンと行きます。

水根沢に架かる橋水根沢に架かる橋

この下りの途中、右手を流れる水根沢に小さな橋が架かっています。あの橋の向こう側には落ち葉に埋もれた遊歩道があるのですが、今回は時間ないのでパスし、このまま舗装路を下ります。

奥多摩湖奥多摩湖

そして前回行った八方岩展望台もパスし、なんとか奥多摩湖に到着。

小河内ダムと奥多摩湖をひと眺めしたら昼食にしましょう。

清流定食清流定食

奥多摩湖の畔には『水と緑のふれあい館』があり、その中にレストランがあります。前回はここは大変な混雑でしたが今回はすんなり入ることができました。

みなさんそれぞれに想い想いのメニューを注文しています。マージコが注文した魚と野菜の天ぷらがメインの清流定食はとてもおいしそうでした。

西久保の休憩所西久保の休憩所

さて、午後の部開始です。ここからはやってきた道を奥多摩駅まで戻り、その先青梅駅まで走ります。八方岩展望台をパスしたおかげで出発の遅れを完全に取り戻すことができたので、帰りは来るときにすっ飛ばした見所にも寄ってみましょう。

さすがに青目立不動尊まで上り返すのは大変なので来るときは使わなかった中山トンネルを抜け、西久保に下りました。西久保の休憩所は先ほどとは打って変わって人っ子一人いません。ここはお昼時ならお弁当を広げるのに最適なところです。

馬の水飲み場馬の水飲み場

牛頭観音の少し先までやってきました。かつて交通の主役は馬でした。そんな馬も人間同様、休憩が必要で食事も与えなけらばなりません。このあたりは古くは立て場(たてば)と呼ばれた休憩所があったところで、人は茶屋で休み、馬には飼葉が与えられたのです。

いろは楓いろは楓

秋には見事にオレンジ色に染まる『いろは楓』。この時は鮮やかな緑色でした。

実はこの木のすぐ先に水根貨物線のコンクリート製の高い橋梁があったのですが、うっかり谷側に気を取られていて見逃してしまいました。残念。

耳神様耳神様

古い道には道祖神をはじめ様々な民間信仰によるものがありますが、これは他では見たことがないものです。『耳神様』

医学が今日ほど発達していなかった時代には、耳の病気は医者にも直せなかったので、人々は穴の開いた石をここに供えてご利益を祈ったそうです。でも穴の開いた石って、ないですよね〜(笑)

耳神様から弁慶の腕ぬき岩へ耳神様から弁慶の腕ぬき岩へ

行きは上り基調でしたが帰りは下り基調なので砂利道もスイスイ行きます。

弁慶の腕ぬき岩弁慶の腕ぬき岩

白髭神社のすぐ手前に『弁慶の腕ぬき岩』なるものがあります。腕が通せるほどの穴がぽっかり開いた岩です。怪腕マコリンがズバッ!

青梅街道を行くシュンシュン青梅街道を行くシュンシュン

境で青梅街道に出たので奥多摩駅まではこれを使ってビューン。

奥氷川神社の三本杉奥氷川神社の三本杉

奥多摩駅前の奥氷川神社まで戻ってきました。ここには『大氷川の三本杉』と呼ばれる樹齢650年、樹高50mとされる巨木が立っています。これは確か東京都で一番高いとされる木です。

幹は3本のようにも見えますが、これらは完全に合体しています。人工的に作られたものなのかな。

氷川渓谷氷川渓谷

さて、ここからは多摩川に沿って青梅まで、できるだけ鄙びた道を選んで行きます。まずは昭和橋を渡り多摩川の右岸に出ます。この辺りの多摩川は氷川渓谷と呼ばれているようです。

河原にはキャンパーがたくさん。

数馬隧道数馬隧道

海沢大橋で左岸の青梅街道に戻り少し行くと白丸トンネルがありますが、ここには旧道が残っているのでそれに入ります。

するとゴツゴツ岩をくり抜いた数馬隧道をくぐり抜けます。この数馬隧道は1923年(大正12年)に馬車道として開削されたものですが、この上にそれまで使われた道が残っているので覗いてみました。

数馬隧道上部数馬隧道上部

まず小さな沢を跨ぐようにして急な石段を上って行きます。そのあとは土の斜面をジグザクに登ります。道はその先で二手に別れるのですが、左手方向に向かえばほどなく写真のような景色が現れます。

あの巨大な一枚岩の上には大天狗社という小さな社が立っています。

数馬の切り通し数馬の切り通し

その手前を左に向かえば、『数馬の切り通し』と呼ばれるところに出ます。人がようやくすれ違える程度の狭い切り通しです。かつて人々はここを通ってあっちとこっちを行き来していたのです。

この切り通しはなかなか雰囲気のあるところで良いのですが、その先の道は行き止まりでした。おそらくトンネルを通したために地形が変わって道がなくなったものと思われます。

数馬峡橋から白丸湖を望む数馬峡橋から白丸湖を望む

数馬隧道を出て再び青梅街道を行くとすぐに数馬峡橋があります。ここから多摩川の下流側を見てみると、先ほど見た氷川渓谷とはまるで違い、たっぷりとした水があります。

多摩川はこのすぐ下流で白丸ダムで堰き止められているのです。

白丸ダム白丸ダム

その白丸ダムは花折トンネルの横の旧道らしい道を行った先にあります。

ダムが建設されると魚は上流に行けなくなるので、ここには全長300mを超える巨大な魚道が造られました。こんなに長い魚道を魚は本当に上って行くのでしょうか。日にちは限定されますがこの魚道は見学できます。

雲仙橋より見た鳩ノ巣渓谷雲仙橋より見た鳩ノ巣渓谷

白丸ダムの先は鳩ノ巣渓谷と呼ばれるところです。遊歩道や鳩ノ巣小橋といったものがあり、双竜の滝が落ちています。

ここは時間があったらゆっくり散策しても良いところです。

寸庭の茅葺き屋根の民家寸庭の茅葺き屋根の民家

多摩川の左岸と右岸を行ったり来たりして、寸庭橋を渡り寸庭の集落に入れば、きつい坂道の突き当たりに茅葺き屋根の民家が立っています。このお宅には特に案内板などは立っていないのでごく普通の家のようですが、なかなか立派です。

丹三郎寸庭林道丹三郎寸庭林道

寸庭から丹三郎までは林道が続いています。左岸の青梅街道はそれなりに交通量がありますが、こちらはとっても静かで自転車向きです。しかしちょっとアップダウンがあります。

丹三郎屋敷丹三郎屋敷

丹三郎で吉野街道に出ました。ここからは、多摩川の右岸にはこの吉野街道が伸びて行きます。

丹三郎にはかつては庄屋名主だったという現在は蕎麦屋になっている家が立っています。この長屋門は築300年以上とのこと。

神路橋から見た多摩川神路橋から見た多摩川

丹三郎からは基本的にはこのまま吉野街道を行くか左岸に渡って青梅街道を行くかしかありません。残念ながらどちらも狭くてそれなりに交通量があるため、自転車にはあまり嬉しくない道です。

そこで多摩川の河川敷に通っている遊歩道を行くことにしました。この遊歩道は人気がないのか、それとも時間帯のせいなのか、とにかく歩行者はあまり通らないようなので。御岳神社の鳥居前から多摩川に下ると神路橋(かみじばし)です。

遊歩道を行くマコリン遊歩道を行くマコリン

この辺りは多摩川の左岸右岸どちらにも遊歩道があるようですが、右岸のそれは発電所でいったん行き止まりになるので左岸を行きます。

遊歩道から見た多摩川遊歩道から見た多摩川

この遊歩道は川面が近くてとてもいい感じです。でもアップダウンや階段、その他の障害物があるにはありますよ。遊歩道ですからね。

あ、もちろん歩行者優先でお願いします。

青梅付近の山々青梅付近の山々

沢井駅が近づいた辺りでみんなだいぶくたびれてきたようなので、青梅街道に上がって青梅へ向かうことにしました。

澤乃井酒造の看板に引かれつつもぐっとがまん(笑) 右手には日の出あたりの低い山並みが続いているのが見えます。

青梅駅青梅駅

予定時刻に青梅駅に到着。もちろんこのあとは清酒澤乃井で、カンパーイ!


関連レポート

1722奥多摩むかしみち '17
1513奥多摩むかしみちと一ノ瀬高原
1317紅葉の奥多摩むかしみち

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home