0301

ベトナム

開催日 2002.12.27(金)- 2003.01.08(水)
参加者 サイダー/サリーナ/チューボー/ナオボー
総合評価 ★☆
難易度
走行距離 290km

ハノイ郊外、バチャン(Bat Trang)村近くにて
ハノイ郊外、バチャン(Bat Trang)村近くにて

地図ベース:Perry-Castaneda Library Map Collection
地図ベース:Perry-Castaneda Library Map Collection

Googleマップ で地図を表示

コース紹介

ベトナムは、南北にとても長い国です。 自転車で走るのは、どこがいいんだろう? 涼しいところがいいね。 そんな会話から、まずは北部のハノイとその近郊。 それから中部の古都フエを巡り、景色がすばらしいというハイヴァン峠を越えてダナンへ。 そこからは飛行機で南のホーチミン・シティへと、欲張りなコース設定でした。

ところが事前調査不足、『ベトナムは暑いだろう』と思っていた私たちに、ハノイの気温摂氏8度の衝撃! 北部の冬はある程度寒いのです。 それに霧雨っぽい日が続きました。

中部はもう少し暖かく、気温としては走りやすいのですが、この時期中部だけが『雨期』の衝撃! フエでは2日間雨に降られ、ハイヴァン峠も雨の中を何とか越えました。

こんな旅ではありましたが、食べ物はおいしく楽しい4人のツーリングとなりました。 コースの中ではやはりハイヴァン峠。 晴れていたらさぞすばらしい景観だったことでしょう。 市内や幹線道路を走るのは大変ですが、ゆっくり田舎道を選んで通れれば、楽しい自転車旅ができそうです。

day 月日 コース 走行距離 備考
1 1227
(金)
成田18:00(JL751)→22:00ハノイ
日本航空
泊:DU NORD/W28$
2 1228
(土)
ハノイ→ハロン湾
ミニバス:15万D
泊:HUONG TIEN/W12$
3 1229
(日)
ハロン湾~ハイフォン 65km 泊:DAI DUONG/W25$
4 1230
(月)
ハイフォン〜ドーソン〜ハイフォン
→ハノイ
69km バスでハノイへ。ナオボー&チューボーと合流。
泊:DU NORD/W28$
5 1231
(火)
ハノイ
 旧市街散策

泊:DU NORD/W28$
6 0101
(水)
ハノイ~バチャン~ハノイ
20:30→
32km 列車:S3夜行寝台/6人用コンパートメント硬座
7 0102
(木)
→12:43フエ 7km 自転車で散策
泊:THUAN HOA/W35$
8 0103
(金)
フエ
 散策

泊:THUAN HOA/W35$
9 0104
(土)
フエ→ランコー
フエ郊外タクシー観光/25$/5h
ワゴンタクシーでランコーへ/30$
泊:THANH TAM/W15$
10 0105
(日)
ランコー〜ハイヴァン峠〜ダナン 50km ハイヴァン峠越え、ダナン:ミーケービーチ
泊:TOURANE/W30$
11 0106
(月)
ダナン~ホイアン~ダナン
19:00(VN325)→20:10ホーチミン
64km 泊:RIVERSIDE HOTEL SAIGON/W38$
12 0107
(火)
ホーチミン
 市内散策

泊:RIVERSIDE HOTEL SAIGON/W38$
13 0108
(水)
ホーチミン23:55(JL750)
→7:15+1成田

ナオボー&チューボー:
HCM23:35(VN9400)→6:30+1関空
街歩き編1ハノイへ街歩き編2フエへ/1DON=0.00065$

概要

小川沿いの赤茶けた土手を行く
小川沿いの赤茶けた土手を行く

ハロン湾〜ハイフォン〜ドーソン

ハノイの東、南シナ海はトンキン湾の中の景勝地ハロン湾でボートクルーズを楽しんだあと、ホンガイ市場を散策し、北部第二の都市ハイフォンへ。 そこからトンキン湾に突き出た小さな半島のドーソンに行き、海の幸を食します。 楽しい田舎道がちょっとだけ味わえます。

ハイフォン
ハイフォン

ハイフォン〜ドーソン〜ハイフォン

北部第二の都市ハイフォンから、南シナ海に突き出た小さな半島の先にあるドーソンに行き、海の幸を食します。田舎道は楽しいのですが大半は幹線を走る結果となり、やや不完全燃焼。

ハノイからバチャンへ向かう途中の運河の前で
ハノイからバチャンへ向かう途中の運河の前で

ハノイ〜バチャン

ハノイの街中から近郊にある陶磁器の村バチャンまで、ホン川沿いの土手を走ります。

ハノイの街中は車とモーターバイクと自転車で大渋滞。 ホン川沿いの土手から見る景色はの~んびりですが、時折けたたましいクラクションを鳴らして追い越して行く車も。

ハイヴァン峠へ向かう
ハイヴァン峠へ向かう

ランコー〜ハイヴァン峠〜ダナン

南北に細長いベトナムの中央部、古都フエの近くのランコー村からハイヴァン峠(496m)を越えて、ダナン郊外のビーチリゾート地まで。

チュオンソン山脈が海に突き出るところにあるハイヴァン峠は、ベトナムを南北に分ける大きな峠ですが、標高は意外に低く500mに足りません。 勾配もそれなりで激坂はあまりないので、なんとか上ることができました。 そして峠からの下りは美しい砂浜のビーチが続く湾など、すばらしい景色の連続です。

ダナンからホイアンへ向かう
ダナンからホイアンへ向かう

ダナン〜ホイアン

世界遺産の街並みホイアンへ。

ダナン郊外のミーケービーチからホイアンまではカントリーロードで快適です。 ポツリポツリと建つ民家を眺め、ガチョウが泳ぐ池の畔で休憩しつつ辿り着いたホイアンは、まさに古き良き時代のベトナムです。

ハノイのバイク軍団
ハノイのバイク軍団

街歩き編1 ハノイ

ハノイ散策です。

ハノイは街全体がイチバ! 旧市街は熱気であふれ、狭い道路いっぱいにモーターバイクと自転車が行き交い、すべての路地をあらゆる種類のお店が埋め尽くしています。 これぞアジア!

ミンマン帝廟
ミンマン帝廟

街歩き編2 フエ

古都フエの散策です。

ベトナム初の世界遺産フエは、ベトナム最後の王朝、グェン朝(1802~1945)の都で、王宮を始めとする歴史的な建物がいっぱい。 にぎやかなドンバ市場を覗き、歴史遺産を巡ってブンボーフエ(牛筋入りの麺)を食します。

感想  意外な旅もまた楽し! --by サリーナ--

自転車で走ったというレポートを雑誌などで見るたびに、『ベトナム』に憧れていました。 その旅がついに実現、年末年始にベトナムへ! ところがサイダーは忙しくて計画を立てている時間がない。 『まかせる』と言われ、『まかせなさい』と立てたのが今回の企画です。 ベトナム旅行は2度目だし、ガイドブックも何度も読んで計画を立てたつもりでしたが、なぜか?寒かったり雨期だったり。 計画性のなさで評判が高まりそう…、みなさんごめんなさい。

でも、意外性は旅の楽しみ(笑)。 泥んこのバチャン村やダナンのビーチにたどり着くまで汗水雨水たらしながら走った不安な道のり。 そして4人で歓声をあげながら食べた料理の数々。 自転車をそのまま乗せてくれたベトナム国内航空。 それはたくさんの楽しい思い出ができた4人旅でした。

ベトナム TOP ベトナム 1
世界自転車コースリスト GEO POTTERING home