0008

ヤビツ峠

開催日 2000年11月04日(土) 快晴
参加者 サリーナ/サイダー
総合評価 ★★
難易度 ▲▲
走行距離 52km
地域 関東

コース紹介

ヤビツ峠を秦野側より上り中津川の渓流を楽しんで宮ガ瀬湖に至る。そこから湖の東に出て南下、伊勢原方面に抜けるコース。最後は温泉に!

走行ルート図
地図ベース:東京地図出版 ミリオン52 関東圏道路地図帳
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
秦野駅 START 発10:15 r70 駅からR246を過ぎると上り。藤棚を過ぎると8%の急勾配。
蓑毛 7km r70 蓑毛バス停からはつづら折りだが勾配は緩くなり6%くらい。
景色がだんだん良くなってくる。
菜の花台 10km r70 一部勾配きつく8%くらいか? 眺望あり
ヤビツ峠 13km 着12:00
発12:10
r70 眺望はないが、ハイキングの人々がたくさんいる所が峠。
1kmほど下ると湧き水がある。
塩水橋 22km r70 中津川の美しい渓流にそって走る。この時期、紅葉も楽しめる
宮ガ瀬湖
ビジターセンター
32km 着13:15
発14:20
r69
R246
宮ガ瀬湖の廻りは美しい風景が広がる。
r69は交通量が多くあまり楽しめないが、ずっと下り。
鶴巻温泉駅 52km 着15:40 駅から西へ100m「ゆたか」で露天風呂に浸かる。

秦野付近からヤビツ峠方面を望む秦野付近からヤビツ峠方面を望む

秦野から2kmほど、R246を過ぎるといよいよ上り。しばらく行くと大山を望む大鳥居が建っている。このあたりから1kmほど、蓑毛のバス停までは勾配が8%ほどになり辛い。

菜の花台から秦野方面を望む菜の花台から秦野方面を望む

蓑毛を過ぎると曲がりくねった道になるが勾配はやや緩み5〜6%ほどに。景色もすっかり山になる。上るにつれ秦野方面への眺望が開けてくる。もくもくと上るとサーと視界が開け、浅間神社の前に到着。

さらに上りが続き、ちょっと勾配がきつくなったところで菜の花台に到着。展望台があり大勢の人々が休憩していた。眺めは最高!

ヤビツ峠にてヤビツ峠にて

菜の花台で休憩後は7〜8%の勾配の道をゆっくり進む。東の大山方面が谷になっていて美しい。

道もかなり狭くなってきた。車は所々で対向車の通過を待っていたりする。

ハイカーが大勢集まっている所に着いた。ヤビツ峠だ! なんの変哲もないところだが、やっと上り切ったと思うとやっぱり感激! 近くに山小屋があって休憩もできる。

塩水川と本谷川の合流点の滝塩水川と本谷川の合流点の滝

峠からは一気に下る。1kmほど下ったところに湧水があり、大勢の人々がポリタンクなどに汲んでいた。私たちもボトルに。

紅葉の始まった美しい山中をどんどん下ってゆく。道はかなり狭く、車が来るとすれ違うのに注意を要した。

塩水川と本谷川が合流して中津川になると一気に川幅が増え、美しい渓流となる。

中津川中津川

渓流の脇を下ってゆくのはとても気持ちいい。

下り勾配は緩くなり少しアップダウンが出てくる。道が急に広くなると宮ガ瀬湖だった。

宮ガ瀬湖宮ガ瀬湖

宮ガ瀬湖の中央付近にあるビジターセンターで昼食。東側には公園が広がり家族づれでおべんとうを楽しむ人々が大勢いて楽しそう。ゆっくり休憩後、伊勢原へ向け出発。

やまびこ大橋を渡り湖東のr69を南下。湖のまわりは美しい風景が広がる。

r69は交通量が多くてあまり走り易くはないけれど、ずっと下りで楽だった。

感想 by サリーナ

快晴の日に、小田急秦野駅からヤビツ峠、宮が瀬湖に行き、そこから伊勢原へ降りて、鶴巻温泉で一風呂浴びる、というコースです。

相模湖や橋本からのコースも考えたのですが、峠を登れるかという不安のため、5万分の1地図を買って検討。その結果、足も元気のある最初に峠に上ってしまい、あとは緩い下り坂をずうっと楽しむという方が我々に合っているような気がしたので、秦野からのコースとしました。

9時スタートの予定が、遅れて10時15分スタート。快晴の青空で盛り上がります。
しかし、秦野からR246を過ぎるとすぐに上りになりました。それでもしばらくは緩やかだったのですが、駅から4kmほど、鳥居のあるあたりから「激坂」(私バージョン)が始まりました。地図で見ると8%くらいの勾配のようです。
もうとっくにギアは最軽になっています。すでにこのコースにしたことを後悔し始めます。
途中、あえいで休憩。すでに足腰が痛い。このままこんな坂が続いたらどうしよう、あと10kmはあるのに…。

激坂は、蓑毛のバス停を過ぎるあたりからやや緩やかになりました。つづら折りの道になり、景色もよくて気持ちいいです。当然、ギアは最軽のままで、時速7〜8kmで上りました。サエコやオンセのジャージを着たロードレーサーにどんどん追い抜かれて、ツールのピレネーで先頭で飛び出していた2人が、追い付かれてあっという間に抜かれてしまった気分です。ランニングしている人にも抜かれてしまいました。

景色のよい菜の花台で休憩。あと3kmくらいでヤビツ峠。上り始めたところで、少し前に追い抜かれたロードレーサーが降りてきて「あと少しですよ、がんばって!」と声をかけてくれました。ハイキングの人たちがたくさんいるところが、見逃しそうになる「ヤビツ峠」でした!ああ、着いた! 12時到着。やっぱり平均時速は7kmでした。

宮が瀬湖までは気持ちよく走れ、ビジターセンターに着いたのは午後1時15分。お腹が空いて、思わず盛りのよいとんかつ定食を食べてしまいました。お天気がよく、芝生でお弁当も気持ちよさそう。

帰りは宮が瀬湖を横切って、r69で伊勢原方面へ。宮が瀬湖のあたりは気持ちいいのですが、その後は車も多く気を使います。お風呂とビールが頭にちらつきます。R246から鶴巻温泉へ。

鶴巻温泉には午後3時40分に到着、駅の北側にある温泉「ゆたか」の露天風呂1050円。結構大きくて気持ちよいです。その後、食事はR246から鶴巻温泉方面へ入ってすぐの「山西苑」でビールと焼肉。さすが、地元の人のお勧めだけあっておいしかった!

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2000-11