0214-2

久住高原 二日目

久住高原〜黒川温泉 往復

開催日 2002年07月30日 (火) 晴れ
参加者 チコ/サリーナ
ビジター ユーリン
総合評価 ★★☆
難易度
走行距離 29km
累積高度 830m
九州

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

コース紹介

宿から瀬の本高原を経由して黒川温泉へ。 ここで入湯手形を購入し、3軒の露天風呂をはしごします。 温泉を満喫した後、帰りはずっと上り!

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
久住高原コテージ START 発09:00 一般道・ r442 宿からしばらく上りが続く。
途中すばらしい景色が広がる。
瀬の本高原 7km 着10:00 r442 瀬の本高原手前からずっと下り。瀬の本高原からは道幅も広く走りやすい。
黒川温泉 14km 着10:40
発14:00
r442 3軒のお風呂を堪能した後、来た道を引き返す。上り、暑い。
瀬の本高原 16km 着14:40
発15:00
r442 レストハウスで休憩後もしばらく上り。頂上の展望台あざみ台でひと休み。
あざみ台 22km 着15:20
発15:40
r442・一般道 爽快な下りを一気に宿へ。
久住高原コテージ 29km 着16:00 宿泊:『久住高原コテージ』10,000円
大草原露天風呂★★★

草原露天風呂草原露天風呂

朝起きてみると、雲一つない快晴! 早朝の草原露天風呂は爽快の一言。 大草原のはるかかなたに阿蘇根子岳が見えます。

しかし、修理したはずのユーリンのチューブの空気はなぜか一晩で抜けていて、止むなく新しいチューブに替えて出発。

上るチコ上るチコ

快晴の草原はすばらしい! 阿蘇山やくじゅう連山を眺めながら、大草原を駆け抜けます。 というか、上りです(笑)。 しばらく上りが続きます。 「なぜお母さんたちの趣味(自転車)につきあわなければならないの?」と疑問が芽生えるユーリン。 しかしさすが成長期、次第にポジションを把握し上りをこなしてゆきます。

広がる高原広がる高原

草原を上り、林の中を上り、そして…。 いきなり眺望が開け、すばらしい景色が広がります。 眼下には瀬の本高原。

チコとユーリンチコとユーリン

ここまで来たら、あとは黒川温泉までひたすら下り! 額に汗しつつも休憩するそれぞれの顔に笑みがこぼれます。 往復なので、帰りは当然上りなんだけどね(笑)。 とりあえずそれは考えないことにして、すばらしい景色を楽しみます。

渓流露天風呂渓流露天風呂

瀬の本高原から黒川温泉への道は路側帯があって快適な下り。 まずは最も近いところにある宿『山みず木』へ。 最初に喫茶店で1日限定20個のヨーグルトムースとプリンを注文。 う、うまい〜! 濃厚な味を堪能。

そして『入湯手形』(1200円/3箇所)を購入し、まずはこの宿の渓流露天風呂へ。 木漏れ日の渓流沿いにつくられたすばらしい露天風呂2箇所を行き来して、う〜ん満足。

美里美里

次は黒川温泉を有名にした『新明館』の洞窟風呂。 ご主人の手掘りだそうです。 さすがに夏はサウナ状態で蒸し暑いけど、寒い季節はよさそう。

昼食にとうふ懐石を楽しんだ後、3軒目はイオウ泉の『美里』。 こぢんまりした雰囲気のよい露天風呂、しかもイオウ泉が大好きなチコ、ユーリン、サリーナは感激、ついつい長湯したのでした。

あざみ台展望台へあざみ台展望台へ

帰路。 黒川温泉を出てすぐはかなり傾斜のある山道です。 木々の間をゆっくり上っていきます。 しばらくすると広めの道路になり走りやすいのですが、何せ炎天下で周囲はほとんど木陰のない草原。 緩い上りを休み休み走ります。 暑い…。

やっと瀬の本高原レストハウスが見えてダッシュする3人。 冷たいアクエリアスが最高にウマ〜イ!

さらに少し上って、本日のコース上最も高い地点のあざみ台展望台へ。 あとは下りだけ、と思うとみんなの表情にも余裕が。 雄大な景色を楽しみながらヨーグルトアイスを食べるユーリン、スタンプラリーのスタンプを集めるチコ、草原でゴロンするサリーナ。

しかし、空には怪し気な雲が出てきた。 そろそろ引き上げよう、と宿まで一気に下ります。 今日もよく走ったね〜、と隣の『地ビール村』で乾杯!(中学生はカルピス) そして大草原露天風呂につかったところで大粒の雨。 走ってる途中じゃなくてよかったね! 夕立ち後はとても涼しくさわやかでした。


0214-3

久住高原 三日目

湯布院〜別府

開催日 2002年07月31日 (水) 雨後曇り
参加者 サリーナ
総合評価 ★★
難易度
走行距離 24km
累積高度 750m
九州

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
湯布院 START 発14:00 やまなみ ハイウェイ 4km 由布岳を目の前にした上り!
由布岳登山口 4km 着14:40 やまなみ ハイウェイ 20km ずっと下り。このあたりから道は狭く車も多い。
別府駅 24km 着15:30 駅前温泉の後、空港バスで大分空港へ

くじゅう連山とサリーナくじゅう連山とサリーナ

朝起きると、雨。 今日は長者原あたりまで走ろうという案もあったけど、あっさりやめて送迎車で湯布院まで行くことにします。 しばらくすると雨もあがったので久住高原で最後の自転車散歩。くじゅう連山もくっきり見えてきました。 11時半に宿を出発し、他の宿を経由して1時半に湯布院到着。

由布岳由布岳

チコとユーリンは、ここからJRで大分に行き、夜行寝台列車で東京へ。 サリーナは2人と別れてやまなみハイウェイを別府目指して走ることにします。 お昼のうどん屋さんでボトルに水をたっぷり入れてもらい、2時に出発!

盆地の熱気が漂う中を上ります。 暑い…。 5分走っては休憩を繰り返す。 ようやく由布岳が正面に見えて、左手には湯布院の町を一望に見おろせます。 まだまだ上りは続き、ゆっくり走っては休憩。

駅前温泉駅前温泉

由布岳の麓を回りこんで、やっと登山口に到達、霧の中、湿原が広がっています。 さあ、ここから楽しいダウンヒル! と思いきや、道が狭くなり車も多く、慎重に下っていきます。 つづら折り20kmの下りで手が痛くなっちゃった! 

ようやく別府に到着、結構疲れました。 時間があるので駅前温泉へ。 ここは一度入ってみたかった洋館の町営温泉(300円)です。 宿泊もできるそうな。 こぢんまりしたお風呂で汗を流し、ほっと一息。 完走を祝い、駅で『黄金の液体』でひとり乾杯。 おいしい〜! そして5時の空港バスで大分空港へと向かいました。

< 前日へ 久住高原TOP
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2002-08