0302

荒川

開催日 2003年01月26日(日) 晴れ
参加者 デュエルン/ヒデッチ/ルビオ
ハルハル/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★
難易度
走行距離 95km
地域 首都圏

荒川下流域を行く
荒川下流域を行く

コース紹介

定番.『荒川』を久しぶりに『まじめに』走ります。 気分的には初級といってよいコースだと思います。 東松山駅から下流に向かい、今回は河口の葛西臨海公園まで100km近くを走ります。 少々距離が長いので中級にしました。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ルート(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
東松山駅 START 発09:15 一般道 東武東上線東松山駅9:00集合。道に迷いつつ大芦橋へ。
大芦橋 7km 着09:50
発10:00

荒川自転車道
サイクリングロードは快適。ゴルフ場の間や広い河川敷。
ホンダ
エアポート
30km 着11:00発
荒川自転車道
ルビオと合流。
新上江橋 38km 着11:30発
荒川自転車道
ハルハルと合流。
 昼食
秋が瀬運動公園
48km 着12:30
発13:30

荒川自転車道
土手でコンビニ弁当のお昼。その後やや向い風となる。
小松川公園 84km 着15:00
発15:15

荒川自転車道
小休止
葛西臨海公園 90km 着16:00
発16:15
一般道 荒川河口に到着。その後、宴会場を探して新木場まで。
新木場駅  95km 着17:00

荒川の土手で荒川の土手で

悪天候のため1週間の延期となった日曜日、本日は風もほとんどなくおだやかないい天気です。 東松山駅で待ち合わせはデュエルン、ヒデッチ、サイダー、サリーナ。 ヒデッチはずいぶん久しぶりの参加だね! 

荒川の土手はポカポカと暖かく、楽しいポタリング気分が満ちあふれてきます。 ついつい早々に小休止。 しかし『今日は100km走るから!』とスピードをあげて一人先頭を引くのはデュエルン。

ホンダエアポート付近ホンダエアポート付近

ルビオとは大芦橋で待ち合わせ。 でもどうも寝坊したらしい。 『上尾で電車を降りて待ってる』と連絡が。 ホンダエアポートで無事合流したが、何でそんなに手前で電車を降りたの? ルビオいわく『みんなが行き過ぎたら追いかけるのが大変だから安全を見て…。 おれはジーコマリアじゃないからね!』

中央にハルハル中央にハルハル

しばらく走って、川越の新上江橋のたもとでハルハルとも無事合流。 お待たせしました。 すでにお腹がすいてきちゃったね。 『家から自走じゃあないです』と言いつつ走る気力十分のハルハルだったが、他のメンバーは空腹を訴える。

愛車集合愛車集合

おなかすいたよ〜! 普段の生活より2時間以上も早起きしたサイダーとサリーナ。 デュエルンとヒデッチもお昼モードに。 というわけで、コンビニで買い出しして、サイクリングロードわきに愛車を停めて土手の上でお昼です。 それぞれがおにぎりやお弁当に舌鼓。 うん、風もなくいい感じで来たね。 これなら100kmも楽勝、というムードが広がる。 ところが… 

広いサイクリングロードを行く広いサイクリングロードを行く

あれ、何だか風が…? お天気は引き続き上々なんだけど、埼玉県から東京都に入る頃、少し向い風が出てきた。 サイクリングロードは広くなりとても走りやすいのだけど。

左からハルハル、サリーナ、ルビオ、デュエルン、サイダー。 撮影はヒデッチ

小松川公園小松川公園

風を受け、ここは集団走行を活かすしかない。 矢じりの形に隊列を組んで、風をものともしない先頭デュエルンを追いかけます。 気分はツール・ド・フランス(笑)だが、なかなか進まない。

いくつもの橋をくぐり抜け、小松川公園で小休止。 夕暮れも近づきみんなグッタリ。

荒川河口に到着荒川河口に到着

でも河口まではあと一息。 最後の力を振り絞って走ります。 そしてついに荒川河口に到着! お疲れさま! 『まだ85kmだけど』と残念そうなのはデュエルンのみ。 他のメンバーはすでに宴会モード。 じゃあ葛西臨海公園で宴会するか、と公園内のレストランを探す。

ところが、レストランは5時に閉店とのこと。 仕方ない、じゃあ駅前でと探したが、駅前には居酒屋が1軒もない。 宴会場を探して走り回り、葛西橋を越えて新木場駅のラーメン店で何とか落ち着いた。 結局、荒川河口から10kmも走って走行距離95kmを記録し、本日の激走終了!

ヒデッチ感想 --by ヒデッチ--

ジオポタの走行部門への参加は、いつ以来か思いだせないほど久しぶりでした。 『平坦、ほぼ初級』ということと、デュエルンの走りを生で見る機会と思い参加しました。

初めに迷走が少しありましたが、あとはひたすら荒川を下るほぼ100kmを走りぬけたことは、私にとって少し自信となりました。 走っているデュエルンは、以前より知っていたデュエルンのイメージをくつがえすもので、かっとんでいました。

最後も飲み屋探しで迷走?しましたが、『“どさん子”(つまみもあるラーメン店)ありがとう!』という感じです。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-02