0308

小貝川 + つくばりんりんロード

開催日 2003年05月18日(日) 曇
参加者 ジーコマリア/ルビオ/ミワプッチ/サリーナ/サイダー
ビジター にちさん/なっちゃん/おざきさん
総合評価 ★★★
難易度
走行距離 85km
地域 首都圏

田んぼと筑波山
田んぼと筑波山

コース紹介

常磐線藤代駅(茨城県)から下妻市の『小貝川ふれあい公園』までの45kmはゆったりとした流れの小貝川をさかのぼります。 その後、旧関東鉄道筑波線の筑波駅からその廃線跡を利用した『つくばりんりんロード』に入り、筑波山のまわりの田んぼの中を快走します。 水戸線の岩瀬駅まで合計80kmほどです。 コースのほとんどは車が通らない快適なサイクリングロードで、まっ平らです。 初級者でも安心して走れるお薦めのコースです。

ちょうどこの日は、『小貝川ふれあい公園』ではフラワーフェスティバルが開催されていて、日本一のジャンボ豚汁が振る舞われました。 目指せ『ジャンボ豚汁!』。 岩瀬の10kmほど手前ではありますが、真壁町には伝正寺温泉があり汗を流せます。

スライドショウ(03'27" 音声:BGMのみ)

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)
走行ログ(xmlファイル。カシミール3DやGPSには拡張子を.gpxとしてお使いください。)
Google マップで表示

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
藤代駅 START 発09:30 土手(自転車道 ?) JR常磐線
間宮林蔵記念館 12km 着10:20
発10:35

土手(自転車道 ?)
土手のまわりは野花が咲乱れている。
小貝川ふれあい公園 50km 着13:15
発15:15

一部県道+自転車道
『つくばりんりんロード』へ。
伝正寺温泉 73km 着17:00
発18:00

自転車道
多くは期待できないが汗を流すなら。
岩瀬駅 85km 着18:40 JR水戸線

小貝川の土手を行くにちさん小貝川の土手を行くにちさん

藤代駅では我らがヴェネーノがお出迎え。 参加予定でしたが都合がつかず、見送りだけとなったのです。 『豚汁にありつけなかった時のために!』 ---不吉な予測だ--- と『おにぎり』をプレゼントしてくれました。

ヴェネーノの愛情のこもったおにぎりを懐に、いざ出発!

藤代駅から小貝川の土手まではほんのちょっと。 巾は狭いものの自転車道らしき造りの土手の上を走り出します。

先頭、やるき満々の新人--- 名前はまだない! とりあえず『にちさん』、我が輩というわけにもいかないので--- でぽたぽた進む。

土手には可憐な野草が花を付けています。 空には『ひばり』のさえずる声。

春!  そして見事な『ひなげし』の姿があちこちに現われます。

ひなげしとサリーナひなげしとサリーナ

『春ののどかな一日を過ごすにはとってもいいところだね〜。』 とは『ひなげし』畑のなかをゆるり、ゆるり、と進むサリーナ。 しかしその間にもジーコマリアの姿は遥か彼方に。

藤代の総合運動公園のあたりで、プエンタの知り合いのポニー引きの方と偶然にも出会えて、しばしおしゃべり。

ポニーって肩の高さが1,500mm以下の馬を言うんだって。

小貝川左岸を飛ばす小貝川左岸を飛ばす

小貝川の右岸から左岸へ渡ると『あれ〜、なんかペース速くない〜?』 とは久しぶりに参加のルビオ。

企て人のジーコマリアが先頭を引くと、なぜかポタリングのはずが、向い風にもかかわらず巡行25km/hということになってしまうのでした。

このときみんなは、ジーコマリアの別名を思い出すのでした。 『アニマル・ジーコマリア!』

沈下橋沈下橋

何度か川のこっちとむこうを行き来するうちにこんな木造の橋が。 通るとグラグラと揺れて結構怖いのです。

しばらく行くと『間宮林蔵記念館』に到着。 記念館の敷地の中には、間宮林蔵の生家が保存されています。

この方、蝦夷や樺太などの測量、間宮海峡発見者として有名。 ここを訪れたのを契機に次の企画は北海道と決めたジオポタでした!

ミワプッチにちさんのキャッチボールミワプッチにちさんのキャッチボール

お昼まではまだだいぶ時間があるけれど、もうお腹がすいてきた〜、とみんな休憩モードに。 『この先にベンチがありますから、そこで休憩しましょう。』 このあたりを知り尽くしたジーコマリアの案内は適確です。 公園のベンチでヴェネーノからのおにぎりを平らげて一服。

突然、腹ごなしにとポケットからボールを取り出したミワプッチ。 それではお相手をと、新人『にち』さんが立上がる。

剛球ミワプッチ対サウスポー『にち』さんの対決は、ありゃりゃ、ボールはうしろだよ〜ん。。

豚汁を目指して全開モード豚汁を目指して全開モード

『おお〜い、まってぇ〜』

おにぎり休憩で勢いを増すアニマル・ジーコマリアの引きには誰も着いて行けず、思わず叫び声を上げるメンバーなのですが、

『早くいかないと豚汁がなくなっちゃうよ〜』 とのことで、全員、豚汁を目指して全開モードに突入!

『次の橋の梺が豚汁の場所ですよ〜。』

小貝川ふれあい公園小貝川ふれあい公園

そしてついにフラワーフェスティバルのメイン会場『小貝川ふれあい公園』に到着。

遠方には筑波山、足元には『ひなげし』の群落。 このひなげしを見た瞬間、全員『すごい…』 と言葉も無い。 ←単にボキャブラリーが貧困なだけです。

今日は、あの筑波山の梺の向こうまで行くんだね〜。

ともかく『花より豚汁!』と、豚汁配布会場へと急ぐ。

豚汁の釜豚汁の釜

『おお〜、でっかい釜から湯気がたってるよ〜!』 『やったあ〜』  しかし…

近づくと沸き立っていた湯気は、巨大な釜のお掃除のためのものでした…  釜を見つめたまま愕然とするメンバー。

『このために全力でダッシュしたのに〜〜』 とは左端の『なっちゃん』。 『やっぱり1時間は早くこなくちゃあねぇ。』と読みの深い中央ミワプッチ。

つくばりんりんロードを行くつくばりんりんロードを行く

こうなったらやけ食いだっ! スーパーに買い出しに走り、公園の林のなかで、くやしいお昼となったのです。

ここから少しだけ県道を通って、『つくばりんりんロード』へ入ります。

『いや〜、あの豚汁はおしかったね〜。』と先頭のジーコマリアが言えば、ここから乱入の黄色ヘルメットは『官能小説家のおざきですぜ! おらの本読んでくれてますか?』 などなど良く分からない話題で盛り上がっている。

筑波山に向かって走る筑波山に向かって走る

この道も快適、快適。 廻りは畑や田んぼ。 植えられたばかりの稲がきれい。 筑波山も田んぼに写り込んでいる。

いつの間にか筑波山がぐっと近づいてきた。

『さっきまであんなに遠かったのにね〜』

伝正寺温泉近く伝正寺温泉近く

筑波山をぐるりと廻り込むように進むと、いよいよ真壁町。 もう70kmも走ったよ〜。 温泉はまだ〜?

伝正寺温泉は筑波山の本当に梺。 本コース唯一の短い上りの先に温泉が待っていました。 

お風呂で息を吹き返すと残りの10kmは下り基調で、快調にJR水戸線の岩瀬駅に到着しました。

『小貝川』沿いも『つくばりんりんロード』も安心して走れ、景色も素敵で楽しいコースでした。 ジオポタの定番コースにしたいですね。

ジーコマリア企て人 ジーコマリア

走り終わって、ルートマップをあらためて見ると小貝川とりんりんロードの組み合わせで、茨城県南部を縦断してるんですね。

小貝川なんて、今回初めて知った方もいるんじゃないですか? 田舎の小さな川だけど、『おらが川?』って感じのイベント(フラワーフェスティバル)もやってたりして、なかなか良い川でしたね。

りんりんロードの方も、土浦じゃなくて岩瀬をゴールにして夕暮れ迫る中、終着駅に向かうって感じで良かったです。 しかし反省点も。 豚汁命!! じゃないけど、少々走るペースが速すぎましたね、向かい風の中にもかかわらず。 強化合宿じゃないんだからね。 そして今回の参加者は少ないかな、と思っていたら、横浜のにちさん、中南米旅行計画中のなっちゃん(しかもルートビア好きらしい)、執筆活動の合間をぬって温泉を案内してくれたジモピーの尾崎さん、見送り&差し入れをくれたヴェネーノ(あのおにぎりに助けられた参加者は少なくないよ)、スペシャルサンクスです。 次回は、水戸線より北の茨城を走りましょう。

めざせ、イバジュウ!?(茨城県縦断)

追伸:ひなげしとポピーって同じですよね、よくわからんですが。。

にちさん我が輩の名前はまだない、とりあえず『にち』さん

新人Nです。 ジオポタの会員として、はじめての企画参加で少し緊張しました。(←ぜったいにうそ〜、編集部でした) 天気は快晴とまでいかないまでも、雨は降らない感じで久しぶりの長距離ポタリングに期待が膨らみました。

1年ぶりくらいにヴェネーノに会うのが楽しみでしたが、結局お見送りだけで一緒に走れませんでした。 残念。  いつか一緒に小貝川を上って、宇都宮まで行きたいですね。

小貝川サイクリングロードは、道は多摩川サイクリングロード、風景は荒川って感じで、たまに車が走ってくるくらいでほんとにノビノビと走れました。 途中、休憩してミワプッチとキャッチボールしたのが楽しかったな。 楽器とかスポーツ玩具って持っていくと、とてもポタリングが充実するような気がします。

豚汁が食べられなかったのは残念だけど、バーベキュー場(のようなところ)でやったパーティは楽しかったな。 ゴミは収集にきてくれるし(笑)

忘れちゃいけないのが、フラワーフェスティバルの花。 あとで写真をみたら、とてもキレイだったよぉ。 筑波山もキレイだったな。 一瞬雲がはれて見えるその姿は壮大だった。

また、来年もいって豚汁リベンジしたいな。  土曜に茨城のほうで1泊して、戻り道に豚汁食べるのもよいかも。

なっちゃんなっちゃん

よくがんばった私! 85キロすごいじゃん! やったじゃん! と家について思いました。

トン汁食べられなかったのがちょっと残念でした。  温泉気持ちよかった! 温泉から出た後、なんだか体が軽くなって最後の10キロは気持ちよく走れました。

また気持ちよく走りたいです。

日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05