GEO POTTERINGの歴史 2

コードネイム(会員名) ---変な名前はどうして?---

変な名前が多いですよね。 でもこの解説を知った方は「なるほど…」と、納得されるんじゃないかな。 ---え〜、ほんと---って声もあるけど!

なぜコードネイム?
人はみな名前を持っています。 山田○○さんとかね。 しかも長い間その名前で生活していると、名前の前に妙な肩書きがくっついたりしますね。 自転車に乗って楽しむのに、そんな肩書きも名前も必要ないじゃない? 年令だって、国籍だって、男か女かも!
そんなんで、ジオポタではここでしか通用しないコードを付けることにしました。
『でも007じゃあ感じがでないね〜。』 ということでネイムを付けることになったのです。
合わせてコードネイム?

ジオポタのコードネイムの原則は、
ファーストネイム:本人の名前に由来するネイミングでちょっと捩りを加える!
セカンドネイム:自転車界の著明選手で好きな人のネイムを借用しても良い。
しかし原則的にはそのままは不可、何がしかの捩りを加えること。

001 サリーナ チッポリーナ の場合
ファーストネイム:『サリーナ』は本名の一部を構成する『塩』→『サル』(スペイン語など)から『サリーナ』へ変換。
そして、セカンドネイムはあのイタリアの伊達男、『マリオ チッポリーニ』を『サリーナ』が大好きなことより。さらにチッポリーニのアンチテーゼ(用語が古いかな?)として。なんせ『サリーナ』はたち漕ぎが苦手なアンスプリンタ−なのだ。サリーナいわく、チッポリーニを女の子にするとチッポリーナ! ---ウソで〜す---
でも、韻を踏んでいるところがいいでしょう?『…リーナ』『…リーナ』

まあ、例外も有るんだけど、たいていはこんな調子になっています。

子育てのため『ただいま休業中!』

2000年 2月
中心メンバーの一人ミュウにかわいい女の赤ちゃんができた。
サッチには1999年5月にすでに男の赤ちゃんが生まれている。
こうして、主要メンバー2人が子育てのため休業状態となってしまった。
それぞれの良き伴侶であるヒデッチとヒーローも当然、同様の状態だ。
中心メンバー4人を失った痛手は大きく、その後活動は大幅に低迷することになった。

新人参入(その1)

2000年 春
低迷していた活動に、春風が吹いてきた。
まずマウンテンバイクを持った1人の男が乱入、その名はアブラハム。
彼の登場によって、ホームページの歴史が大きく変わることになった。
デジタルカメラの出現である。
さらに異色の新人、エンリコとミヨミヨが登場。
この2人、自転車を持っていないが決断は早かった。
自転車店でのウォッチング1日、そして翌日には愛車を手にしていたのだった。

新人参入(その2)

2000年 秋
埼玉の奥地から、愛妻のバイクをかついでセーナという男がやってきた。
最高走行距離10km/日の実績を引き下げての登場だ。
印旗沼50kmの迷走で、入会を決意! 何と夜間走行のおまけ付きだ。
そのころ関西支部では、峠越えの厳しいツーリングによって入会を決意したケン・ボーズがいた。

大型新人登場

2001年 1月
お正月、離島ツーリングの経験豊かなミオリーナが、『ポタリングも楽しそう』と入会。GEO POTTERINGではかつてない、ツーリング車の前輪をはずしての輪行で登場だ。
そして、何をまちがえたのか、ついに本物の本格派がやってきた。
その男ミキーレ、自転車を3台所有! トライアスリートを目指しているが、GEO POTTERING走行を行うことを条件に、入会を許された。
『速く走りそうになったら、タイヤを引っ張ってトレーニングにするよ。』とのこと…
もう1人、すごい奴。モーターバイク750cc77馬力を叩き売り、1人力に乗りかえた男デュエルン
一番先頭を走らないと気の済まない若者ウーノも登場。
この年、彼らの活躍が期待される。

オリジナルTシャツ

『マークもできたことだし、ユニフォームがほしいね。』
『自転車用ジャージははずかしいから、Tシャツにしよう』
そんな会話で盛り上がったのは2000年の夏。
マークを微修正し発注直前までの作業を終えたが、秋も深まってしまった。
そこで春までちょっと延期。(本当はサイダーがさぼっただけ!)
2001年 3月下旬 ついにTシャツとマークを印刷屋さんに持ち込んだ。

2001年 4月1日(日)晴
GEO POTTERING のユニフォームが遂に完成!
恒例のお花見の日が、ユニフォーム配付会になった。
お気に入りのカラーのTシャツの胸には燦然とジオポタマークが輝いている。
お花見に集まったジオポタの取り巻きからも『かわいい!』と評判(誰もかっこいいとは言わなかった!)で購入希望が相次ぎ、初回限定30枚(1,500円/枚)のオリジナルTシャツはあっという間に完売となった。

ユニフォームのTシャツを着たサリーナ Tシャツのマーク

新人乱入!(2001年 春編)

東京編
荒川をぶらぶらしていると突然、行く手を塞ぐ一人の男。
かつて出会ったことがある顔がそこにあった。
『いや〜、なんかみんなで走るみたいだから〜。NEW BIKE 買っちゃいました!』
のほほ〜んのプエンタ登場である!

関西編
その名は、ジークフリートザベル。まちがった!
ジーク・ムント・ツァベルという。いえいえこれも違った。
ジーク・ムントザベル! ---名前を決めるのに一苦労!---
愛馬グラーネに跨がりさっそうと登場! しかし愛馬に振り落とされ敢無く幕!
グラーネの調教を再開するジークだが、さてはて調教の成果は…?

新人乱入!(2001年 夏編)

異色の新人レナール登場。 この御仁、ほとんどの自転車部品を自ら作り上げる『つわもの』、しかし、輪行で愛車が傷物になることを極端に恐れるのだった。 BD-1の折畳み時間、公称15秒を15分に変えての登場!

そして、衝撃的な事件が起った。 なんと『大井川』の企画に3名のVISITORSから参加の申し出があったのだ。 慌てふためく事務局。

第一参加者ミワプッチ  キャンプツーリングや山もやるアウトドア派。 いきなり、大井川の上りで「上り好きなんです!」 ときましたね!!!
第二参加者ヴェネーノ  とあるところではクライマーとして慣らした実力派。いきなり同期のライバル登場で、ジオポタでもクライマーを名乗れるのかは??
第三参加者コロンボン  白い愛車に白のバックパックのカラーコーデイネイトで登場。「あそこの角を曲がれば下り坂!」を呪文に激坂を登る!

これら新人のパワフルな行動力はすごい。 それまでは1回/月ペースだったポタリングが4回/月(?)と驚異的なことに!

そして遂に現れた、ジオポタ・グレートジャーニーができる人、ジーコマリア。 自転車の他にカヌーを操る。 しかもシー・カヤックまで持っているという。 ジオポタ・グレートジャーニーに一歩前進か?

オリジナル・ヘッドマーク

自転車に貼られたオリジナルヘッドマーク長く構想段階で止まっていたオリジナル・ヘッドマーク。

2001年 秋、レナールの手によってついに完成。 アルミ箔ベースのかわいいやつだ。

2001年9月29日 某宴会で披露、できたてのほやほや。 前日深夜、レナールによって運ばれてきたものだ。 しかし即日完売というわけにはいかなかった。 なにせ500枚もあるのだ!


GEO POTTERINGの歴史 1 クラブ紹介 GEO POTTERINGの歴史 3
GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2001-10