8802

スペイン 2

ペニスコラ

開催日 1988.09.05(月)- 09.06(火)

ペニスコラ
ペニスコラ

旅の概要

◆  バルセロナから南下した先はバレンシアのペニスコラという小さな街。 小さく突き出した江ノ島のようなところにある旧市街を散策し、浜辺でビーチリゾートを楽しみます。

行程表

day 月日 行程 備考
13 09.04
(日)
Barcelona
→ Benicarló
列車:Barcelona17:50 → Benicarló21:42
泊:H.Marynton** 4,558Pts
14 09.05
(月)
Benicarló
→ Peñiscola
タクシー700Pts:Benicarló → Peñiscola12:30
泊:H.Mar Enostrum* 1,300Pts
15 09.06
(火)
Peñiscola
H.Mar Enostrum* 1,300Pts
夜行列車:Benicarló21:42 → Granada11:20
1F(フラン)= 22円、1Pts(ペセタ)= 1.1円、時差: -7h(夏時間)

ペニスコラの先端から海岸を見るペニスコラの先端から海岸を見る

スペインはカタルーニャのバルセロナでガウディ、ピカソ、ミロといった大家の作品を鑑賞したあとは、地中海沿いを下りアンダルシアへ向かいます。 アンダルシアに入る前にバルセロナから200kmほどのところにある、バレンシアのペニスコラというところに寄ることにしました。 ペニスコラは白いビーチと江ノ島のように出っ張った半島の上に旧市街がある、美しいところだそうです。

夕方バルセロナの駅で列車を待つも、これがなかなか来ない。 2時間近くも遅れてやってきた列車ですが、とにかくこれに乗れば一安心。 ペニスコラへはベニカルロという駅で下車します。 そのベニカルロに到着したのは2時間以上遅れて真夜中の0:00ごろで、なんと廻りは真っ暗。 日本と違ってこのあたりの鉄道駅は街の中ではなく、街からずいぶん離れた所にあることが多いのです。 下車した人々はいたのかいなかったのか、とにかくまわりには誰もいません。 無人駅でもないとは思うのですが、駅員も見当たりません。 駅の外に出てもバスはおろかタクシーさえ、それどころか車も人も全く見当たりません。 暗くて街がどちらにあるのかさえわからないので、歩いて行くわけにもいかない。 困った!

ペニスコラのビーチから要塞を見るペニスコラのビーチから要塞を見る

その暗闇のなかに突然車のベッドライトが一筋。 やってきた車から下りたおじさんは駅の中をちょっと覗いて、助手席のおばさんに首を振るとそのまま立ち去ろうとします。 私たちは走ってこの車に近づき、なんとかおじさんに話しかけました。

『すみません、街に行きたいんですが、どうしたらいいですか?』

『やあ、君たち、さっきの列車で来たの? ずいぶん遅れたね。 まあここではしょっちゅうだけれどね。 私たちは知り合いが来るっていうんで迎えにきたんだけれど、今のには乗っていなかったみたいだ。 そうそう、今の時間だと街には歩いて行くしかないよ。 よかったら送ってあげるよ。』

ということで、小さなセアットという車に乗せてもらいました。 泊まる所は決めていないというと、おじさんとおばさんが相談して、適当なホテルに連れて行ってくれました。 感謝。

地中海のサリーナ地中海のサリーナ

翌日はちょっと朝寝坊をしてゆっくり朝食を済ませ、昼ごろタクシーでペニスコラに向かいました。

タクシーを下りるとそこはビーチでした。 ビーチ近くに宿をとり、まずはリゾートをと海岸に出ました。 ジリジリと焼き付けるような太陽はこれぞスペインの太陽という感じ。 海の色は深い紺碧。 水はやっぱりしょっぱかった。

ビーチでくつろぐサイダービーチでくつろぐサイダー

強い日差しを反射した砂はほとんど真っ白に見えます。 ここのビーチにはトップレスの女性が沢山いて目を楽しませてくれました。(笑)

この砂浜の先にはちょっと突き出した高台があり、そこは真っ白な建物で埋め尽くされています。 この高台がペニスコラの旧市街のようです。 この旧市街は遠くから見ると半島のように突き出ていて、陽の光を受けた真っ白な家々が輝いて見えます。 そもそもペニスコラという語はラテン語の半島を意味する言葉から来ているのだそうです。

ペニスコラの旧市街ペニスコラの旧市街

ビーチでチャパチャパしたあとはこの旧市街を巡ります。 急坂を上ったり階段を上ったりしつつ上へ上へと上って行きます。

狭い路地を行く狭い路地を行く

その路地は狭く、両側から民家が押し迫ってくるようです。

はげ落ちた外壁の民家はげ落ちた外壁の民家

民家はどれも古く、岬の上にあり強風を受けるためか、あちこちで外壁が剥がれ落ちているところをよく目にします。

紺碧の空に映える白い建物紺碧の空に映える白い建物

建物はいずれも2階から3階建てほどで、ほとんどの外壁は白い漆喰で固められています。 写真はピンクがかって見えますがおそらく白なのです。 ところどころで顔を出す空は見事な紺碧。

ペニスコラのバルと地中海ペニスコラのバルと地中海

そうそう、こんな迷路のようなところをぐるぐる廻っていると、思いがけない所から海が現れてびっくりすることもあります。 ここはそんなところの一場面で、狭い路地の先に紺碧の海、横には小さなバルがあり、上にはこのバルのマークなのか、箒に乗る魔法使いのかわいらしい看板がぶらさがっていました。

こんなバルでは軽く食事をすることもできます。 鰯のマリネ、小蛸のトマトソース煮、ビールで500pts/人。 漁港だけありレストランでもおいしい新鮮な魚介が結構安くいただけました。 サラダ、パエジャ、魚のフライ、メロン、ワイン1/2ボトル付きで1,100pts/人など。

ペニスコラ城ペニスコラ城

さらにぐるぐるしているうちにお城に辿り着きました。 このペニスコラ城は14世紀に建てられたものだそうで、15世紀にはベネディクトゥス13世が住んでいたとか。 内部も見学できるようになっていて、ぐるっと一廻り。 中庭がとてもきれいです。

ペニスコラ城からの眺めペニスコラ城からの眺め

お城からは周囲360°が見渡せ、古い街並を通してビーチが、そしてその反対側には漁港が見えます。 港からは遊覧船が出ていて半島の旧市街の廻りをぐるっと廻ってくれます。  断崖絶壁の上に建つ要塞のような旧市街はなかなか見応えがありました。

広場では牛追い?の準備広場では牛追い?の準備

下の街に戻ると、広場では牛追いだか闘牛だかの冊を設置していました。 夏はどこでもお祭りシーズンで、ここペニスコラでももうすぐお祭りとのことです。 この旅ではあちこちでお祭りに出合いました。

ビーチリゾートを楽しみ、古城を巡り、古い街歩きを楽しんだペニスコラです。 日本ではまだあまり有名ではありませんが、とてもすばらしいところでした。

そのペニスコラを後にし、夜に今度は本当の夜行列車でアンダルシアのグラナダへと向かいます。

グラナダ フランス+スペイン TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2009-03-18