8802

スペイン 5

ロンダ

開催日 1988.09.10(土)- 09.12(月)

渓谷の上に建つロンダ
渓谷の上に建つロンダ

旅の紹介

◆ コスタ・デル・ソルの港町マラガから小さな車セアット・イビザでやってきたのは、深い渓谷の上に建つロンダ。 恐ろしいほどの高さにある橋を渡り、左右に分かれた新市街と旧市街を散策します。 有名な闘牛場で闘牛を観、近くのピレタ洞窟で旧石器時代の壁画を楽しみます。 出会った瞬間から『おともだち』のマキに連れられ夜のお祭りに。

行程表

day 月日 行程 備考
19 09.10
(土)
Málaga → Mijas
→ Ronda
レンタカー:Málaga12:30 → Mijas → Ronda17:30
泊:Apartamento* 2,400Pts
20 09.11
(日)
Ronda
泊:Apartamento* 2,400Pts
21 09.12
(月)
Ronda → Arcos de la Frontera
→ Jerez de la Frontera
レンタカー
泊:Hostal Trujillo** 2,500Pts
1Pts(ペセタ)= 1.1円、時差: -7h(夏時間)

ロンダ付近ロンダ付近

私たちの車セアット・イビザはマルベージャの先で海岸から内陸に進路を変え、街らしきものがほとんどない山の中のうねうねした道を、ロンダに向かっています。 海岸から50km近く走ったところでようやく、穏やかな上り坂の向こうの丘の上にロンダの街が見えてきました。

渓谷を覗く渓谷を覗く

渓谷の上の橋を渡り、ちょっと下を覗くと、お〜〜、た、高い〜。 ちょっと足がすくむくらいです。 しかしのんびり観光は後回し、まず宿探しです。 この旅では、これまで宿さがしは特に問題がなかったのですが、このロンダはちょっと混んでいるようでお目当ての Hostal Ronda Sol は満室! なんでもお祭りの最中で、今日は土曜日、この週末は大きな闘牛が行われるのだそうです。 しかし近くになんとかアパルタメントを見つけることができました。

街はお祭り街はお祭り

ちょっと出歩けば、なるほど街中あちこちでフラメンコやらダンスやらと大賑わいです。 旧市街を散策しているとようやく日が傾き夕方らしくなってきました。 街角のバルでセルベサ(ビール)を飲みながら夕涼みをしていると、近くでなにやらひっかけていたおじさんが声をかけてきました。

マキ(中央)とアルフォンソ.マキ(中央)とアルフォンソ.

『や〜君たち、観光かい? どこから来たの? へ〜日本人、ちょっとめずらしいね。 日本人はここにはあんまり来ないからね。』 とか、なんとか、かんとか。

ああだ、こうだ、とつたないスペイン語と英語でやりとりしていると、このおじさんがなかなか面白い。 考古学者で博物館に勤めている(?)らしく、親しい日本人が付けてくれた日本名を持っているといいます。 本名は忘れたけれど、その日本名はマキ。 どうやら『槙』らしい。

ピレタ洞窟の前でピレタ洞窟の前で

『ピレタ洞窟を知っている? アルタミラみたいな旧石器時代の壁画があるんだ。 よかったら案内してあげるよ。』 とマキがいいます。 なんかわからないけれど面白そうだから行ってみよう、ということになりました。

翌日、待ち合わせの同じバルに行くと、マキと彼の友人アルフォンソが待っていました。 4人で小さなセアット・イビザに乗り込むと、さすがに少々窮屈です。 マキがちょっと寄り道するからと言って案内する道はとても狭くて、小さなイビザでもこすっちゃいそうです。 知人からアンダルシアを廻るなら小さい車のほうがいいよ、とアドバイスがあったのですが、その意味がよく分かりました。

洞窟の小さな入口洞窟の小さな入口

『バーモ、バーモ!』 マキが叫んでいるのですが、なんていう意味? と聞いたら『バーモス(行け)、バーモス(行け)!、という意味。 アンダルシアでは最後のSを食べちゃうんだよ。』 とのこと。 なるほど、アンダルシアでは最後のSは発音しないらしい。

バーモ、バーモ! と、ちょっと重いセアットを飛ばしてロンダから西へ向かいます。 ロンダの街を出ると、道は谷間の川に沿って山の中を進み、30kmほどでピレタ洞窟に到着しました。 そこは多少は観光化されているのだろうと思っていたら、廻りには土産物屋はおろか、本当になにもないところでした。

『えっ、本当にここ〜 ・・・』 洞窟の入口には鎖が張られ、なにやら小さな看板があります。 えっ、今日は休み? と思われしも、実はそうではなく、定時にしか人を入れないらしい。 しばらく待つと係の人がどこからともなくやってきて、鎖をガチャリ。

『じゃあ僕たちはここで待っているから観てきて。』 とマキ。 あれ、いっしょにはいるんじゃあないの? 案内するって洞窟の中じゃあなくて、ここまでという意味だったのか?

洞窟の巨大魚洞窟の巨大魚

鎖を外した係の人はガイドに早変わり、あとに続いて洞窟の奥へと進んで行きます。 かなり暗い洞窟をしばらく進むと、ガイドのライトに照らされ、闇の中にボ〜と浮かび上がる牛や鹿。 お〜、いたいた。 そして1m以上ある巨大な魚も。 この壁画、なんでも今から2万5千年ほど前のものらしい。 気が遠くなるほどの長い年月をこの壁画は生き抜いてきたわけです。

マエストランサ闘牛場マエストランサ闘牛場

洞窟から戻った私たちは、闘牛を観ることにしました。 闘牛は午後6時からで日本ならりっぱな夕方ですが、ここアンダルシアではまだまだ日は高く、真っ白な闘牛場の外壁が目に痛いくらいです。

ここのマエストランサ闘牛場は現代闘牛発祥の地として有名で、現在の闘牛士のマントと牛の前に差し出す赤い布を始めたのが、18世紀のこの地の闘牛士なのだそうです。

闘牛場内部闘牛場内部

席の値段は何段階かに分れますが、面白いことに、日なたと日影で料金が違います。 私たちの席はソル・イ・ソンブラ、日なたと日影という席で、グレードとしては真ん中よりちょっと下。 2,000ペセタ也。 実際この席、見始めは日影だったのですが、時間が経つと日なたに。 日なたはとってもとっても、とっても暑い!

日なたと日影席日なたと日影席

一般的な闘牛って、闘牛士一人と牛一頭の戦いではないのですね。 一人の闘牛士マタドールは通常、銛撃ち二人、馬に乗って槍を突くピカドール一人を従えているのです。 私たちがイメージするこの代表的なスタイルのものは昨日行われたようで、私たちが観たのはこれとはちょっと違うRejoneo(騎馬闘牛)というものです。 馬に乗った闘牛士が一人で最初から最後までやるもので、助手が一人(だったと思う)いるものでした。 このスタイルはここロンダで現代闘牛が行われるようになる前からあるものだそうです。

開演?開演?

ファンファーレが鳴り響くとまず、この地の重鎮だか貴族だか、偉い方が入場してきて貴賓席に着きます。 再びファンファーレが鳴ると、今度は闘牛士たちが入場してきてなにやら儀式のようなことを始めました。 顔見せ挨拶のようなものでしょうか?

入場する闘牛士たち入場する闘牛士たち

闘牛の起源は、牧畜の豊穣を祈願して神様に牡牛を捧げたことに始まるそうで、『真実の瞬間』(死)までの運びが厳密に決められているそうです。 首筋を槍で突き、ひらひらの付いた飾り銛を撃ち込み、最後に首の付け根の急所を剣で一突き。

馬に乗る闘牛士たち馬に乗る闘牛士たち

この最後の一突きも馬の上から行われますが、これで牛が絶命しなかったら、闘牛士は馬から下りて戦います。 上手な闘牛士にかかると、馬の上からの一撃で見事に牛は倒れますが、下手な闘牛士だと、牛がかわいそうなくらいに何度も刺さなければなりません。 こんなときは客席からブーイングが起こります。

飾銛を撃たれた牛飾銛を撃たれた牛

助手の役目は闘牛士が危なくなった時に牛の気を引いたり、追われる闘牛士をゲートを開けて闘牛場の外に出したりすることのようです。 たまに銛を撃ったかな。 騎馬闘牛の最大の見せ場は、なんといっても襲いかかる牛を見事な手綱捌きで交わすところでしょう。 時に牛の頭に帽子を被せたりという芸当も披露されます。 馬の軽々としたステップが見事。 馬ってとても俊敏な動物だったのですね。

馬を下りて戦うヘタッピイ馬を下りて戦うヘタッピイ

見事牛を絶命させると、観客席は総立ちで白いハンカチを振ってオーレ!と叫びます。 闘牛士はその牛の耳を切り取って持ち帰るらしいのですが、そのあと耳をどうするのでしょう? 万事うまく運べばこうなりますが、中には牛に追われて、かなり惨めな姿をさらす闘牛士もいますね。

一日の闘牛で絶命する牛は6頭。 閉幕すると闘牛場の土の上に入れるのですが、そこは血の臭いが立ちこめていて、吐き気がするほどでした。 観るのは一度でいいかな。

フラメンコフラメンコ

闘牛の後はちょっと観光をして、夜に再びバルでマキに会いました。 フェリア(お祭り?)があるから遊びに行こうと誘われていたのです。 まずはバルのはしご。 そこでアルフォンソのお兄さんパコとその娘アライア、友人のホセに会い、みんなで近くのお祭りに出かけました。

セアットでちょっと離れたところに着くと、小さな移動型遊園地があり賑やか。 飲んで踊って、昔日本の遊園地にもあった天井から電気を取って走る電気自動車のようなものに乗ってみんなでぶつけ合いをしたり。 とにかく楽しく賑やかに夜は更けて行き、帰りはなんと午前3時。

谷の上の家々谷の上の家々

翌日はゆっくり起きて街をぶらぶら。 ロンダはグアダレビン川の断崖絶壁の上に街があるのですが、その谷底まではゆうに100メートルはあろうかというもの凄いものです。 絶壁の際に建つ建物はいまにも落っこちてしまいそう。

絶壁絶壁

この谷に下りる道があるので行ってみました。 褐色の崖に地層が幾重にも重なっているのが見え、その向こうにはオリーブの畑がうねるように続いています。 下って下って、さらに下ったところで振り返ると新旧の街の間に架かるヌエボ橋が谷底からグッと立ち上がっているのが見えます。(TOP写真)

ロンダの街並ロンダの街並

こちらはたしか新市街。

ロンダからロンダから

こちらはたぶん旧市街。

格子と白い壁とスペイン瓦格子と白い壁とスペイン瓦

アンダルシア家々はたいていこんな感じ。

赤茶けた大地赤茶けた大地

午前中をロンダで過ごし、昼頃アルコス・デ・ラ・フロンテーラに向けて出発しました。 焼け付くような太陽の下に赤茶けた大地とオリーブ畑がどこまでも広がっています。

アルコス+ヘレス フランス+スペイン TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2009-05-19