9702

ジョドプール・デリー

北インド周遊 5

総合評価 ★★★
開催日 1992.01.13(月)− 01.15(水)

ブルーシティ ジョドプール
ブルーシティ ジョドプール

旅の紹介

◆  タール砂漠の入口にあるジョドプールでは、赤茶けた大地の中に建つマハラジャの館で独特の音楽を聞き、青く塗られた家々が無限に続くブルー・シティを徘徊。オートリクシャーが走り回る大賑わいのデリーでは、女学生とダンスを。

  1992.01.13(月)

砂漠の町砂漠の町

前日ジャイプールから飛行機でジョドプールにやってくると、そこは砂漠! 赤茶けた大地が広がっていました。

マハラジャの館マハラジャの館

車でやってきたのはこちら、本日の私たちの宿でもあるマハラジャの館です。 旧市街から外れた砂漠の中にぽつんとある感じです。

砂漠の楽師(ポパ)?砂漠の楽師(ポパ)?

玄関にはこんな音楽隊がいました。 このあたりのラージャスターンの砂漠には独特の音楽を奏でる楽師(ポパ)がいると聞きますが、それでしょうか?

マハラジャのお出ましマハラジャのお出まし

ここには今でもマハラジャが住んでいて、建物の一部をホテルとして開放しているのだそうです。 なんでも今日はそのマハラジャの誕生日だそうで、中庭で盛大なパーティーがおこなわれていました。

シタールとタブラシタールとタブラ

シタールとタブラによるインドの伝統的音楽が演奏されていました。

メヘラーンガル砦メヘラーンガル砦

マハラジャの館を出てオートリクシャーで向かったのは旧市街にあるメヘラーンガル砦。

砦のアップ砦のアップ

ここジョドプールも『プール』と付くので城壁に囲まれています。 その城壁の中が旧市街でそのほぼ中央部にこのメヘラーンガル砦はあります。 下から砦の上までは120mほどあるそうで、圧倒的威容です。

砦の上の風景砦の上の風景

砦の上に上れば意外と普通の景色が広がっています。 観光客なのか、サリーを身に纏った女性が結構いました。

サリーの女たちサリーの女たち

カメラに愛想してくれる女性です。

ブルー・シテイブルー・シテイ

砦の上から町を見渡せばこんな感じです。 この町は結構広いのです。

水色の建物水色の建物

この町はブルー・シティと呼ばれるように、ほとんどの建物が水色に塗られています。

  1992.01.12(日)-01.15(水)

クッワト・アルイスラーム・モスクの境内クッワト・アルイスラーム・モスクの境内

デリー郊外の広々とした平原の中に聳え立つのがクトゥブ・ミナール。 デリーに奴隷王朝を創始した将軍アイバクはインド最古のモスク、クッワト・アルイスラーム・モスクをここに建設しました。 そのモスクに付属して72.5mもある石造の戦勝記念塔を建てました。 これがクトゥブ・ミナールなのですが、破壊したヒンドゥー教やジャイナ教の寺院などの石が使われているので、イスラム教では禁じられている偶像の彫刻などが混じっていてちょっと滑稽。 周辺は広々とした公園のようになっています。

踊る女学生踊る女学生

その公園では女学生たちが集まり、なにやら盛り上がっています。 一人が踊りだし、もう一人が手拍子。 これがきっかけでどんどん踊り手が増えて行きます。 そしてついに私たちにも声がかかり、その輪に加わることに。 お〜ラッキー!

デリーの通りデリーの通り

デリーはいつでもどこでも大賑わい。

デリーの通り2デリーの通り2

オートリクシャーも満員。

小さな八百屋小さな八百屋

路上の八百屋さん。

総菜屋総菜屋

大きな金属の器にはいろいろな総菜が入っています。

揚げパン屋さん揚げパン屋さん

こんなに売れるの? 揚げパンです。

大混乱大混乱

リクシャーも通れないほどの大混雑です。

北インド周遊 TOP サイダー&サリーナの世界の旅 TOP GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2008-09-19