0105

紀伊半島周遊

開催日 2001年04月28日(土)- 05月02日(水)
参加者 サイダー/サリーナ/ミキーレ/チューボー/ケン・ボーズ/ジーク
総合評価 ★★☆
難易度 ▲▲
走行距離 340km
地域 東海・近畿

潮岬にて
潮岬にて

コース紹介

伊勢神宮の『外宮』『内宮』、別宮『滝原宮』参拝と宮川沿いの美しい田園風景、リアス式海岸特有のアップダウンとこれまた美しい海岸の風景を満喫する旅。 おまけは本州最南端という肩書き! 最後は白浜でゴージャスな海の幸を食し、ゆったりと露天風呂。 ああ〜最高!

走行ルート図
地図ベース:昭文社エアリアマップ全日本道路地図

day 月日 コース 走行距離 評価 難易度 備考
1 0428 (土) 晴 伊勢〜
『滝原宮』
55km ★★ ▲▲ 宮川沿いの田園風景を満喫
少々アップダウンあり。蓮華が満開!
2 0429 (日) 雨 『滝原宮』〜尾鷲
→大泊
61km ▲▲ 紀伊長島までは緩い登り。その後は海岸線のアップダウンで少々つらい。
尾鷲→大泊 電車
3 0430 (月) 曇雨 大泊〜熊野市〜潮岬 85km ★★ ▲▲ 海岸に鯉のぼり!アップダウンは続くが、前日よりは楽。
素晴しい海岸の景色を楽しみ本州最南端に!
4 0501 (火) 晴 潮岬〜白浜町 76km ★★★ ▲▲ 今回のハイライトルート。
本当に美しい海岸の風景を楽しみながら、快調に飛ばす!
5 0502 (水) 雨 白浜町〜
御坊市
64km - ▲▲ 列車/御坊市17:12→新大阪18:53

概要

伊勢神宮

伊勢神宮

伊勢〜『滝原宮』

伊勢神宮の外宮と内宮をゆっくり参拝し、おかげ横丁で名物の伊勢うどんを食べたら、宮川沿いの田んぼや蓮華畑が続く田園風景の中を、伊勢神宮の別宮、滝原宮に向かいます。

滝原宮

滝原宮

『滝原宮』〜尾鷲

伊勢神宮の別宮『滝原宮』は木々の緑と玉砂利が美しく、静かで趣があります。 野花が咲く穏やかな上りの田舎道で山間部を行き、豪快に下ると紀伊長島。 ここからはアップダウンが続き、ほとんど海は見えず山間部を行く感じです。

橋杭岩

橋杭岩

大泊〜熊野市〜潮岬

本州の最南端潮岬へ。 熊野で獅子岩を眺め、旧道のトンネルを抜け、切り通しを通り、新宮、くじらで有名な太地町と進み、弘法大師が作ったという奇岩、橋杭岩を眺め、素晴しい景色の海岸を楽しみながら、本州最南端の潮岬に到着!

潮岬

潮岬

潮岬〜白浜町

潮岬から白浜まで。 紀伊半島周遊のハイライトです。 荒々しい潮岬の海岸と灯台をあとにし、双島と陸の黒島を眺め、すさみの美しい海岸を楽しみ、志原からは大平洋岸自転車道を。 最後は白浜でゴージャスな海の幸を食し、露天風呂に浸かります。

円月島の前で

円月島の前で

白浜町〜御坊市

白浜から御坊まで。 白浜で三段壁、千畳敷、円月島などの美しい風景を巡り、海岸沿いを北上。 日高川を渡り、紀伊半島周遊の最終目的地、御坊に到着。 雨の中、ハンガーノックに転倒とアクシデントもありましたが、何とか完走できました。

潮岬から白浜方面を望む
潮岬から白浜方面を望む

ジーク感想 by ジーク

初参加!

初対面の人ばかりと一緒に走りだすことになりましたが、半日も経てば元から知り合っている仲間みたいになっていました。共に走り、共に飲み、共に語り合い、本当に楽しく素晴らしいGEO POTTERING の5日間でした。

ところでPOTTERING=「ポタリング」とは「お散歩」と言うような意味とか。だから今回は、海岸沿いの平坦な道をのんびりと走るものだとばかり思っていました。思い出せばこのあたりは何度か車で走ったことがありましたが、こんなにアップダウンがあったとは気付かなかった! 一人だったら初日の一つ目の坂で、めげてしまったかも知れません。 共に走ることが、自分では気付かなかったようなPOWERを引き出してくれました。

こんな長距離は初体験。 4日目、白浜まであと少しの地点で膝に傷を負ってリタイアしてしまいました。しかしそこまで、未整備な自転車と重い荷物に耐えながら本当によく走ったものだと思うのです。 延々と続く坂道も、向かい風も、そして雨も、なくてはならないスパイスでした。 油断で負った傷は今後への教訓となりました。

次回は自転車をよく整備し、装備品を整えて、走りの飛躍的な向上の実現を図りたいと思います。

サイダー感想 by 企て人サイダー

いろいろな人々といっしょ!  東京から三名、関西から三名、しかも幅広い年齢層でのツーリングとなりました。

元気な若者のひっぱりに懸命に追い付こうとする父親世代の方々。 若者に対抗して猛スピードでかっ飛ぶ新人など、個性豊かで楽しかったですね。世代やもろもろの環境を越えて楽しめることは、ほんとうに素敵なことだといつも思っています。

アクシデントを乗り越えて   複数のアクシデントが襲い掛かりましたが大事に至らず、本当に良かったです。 雨とアップダウンにも苦しめられましたが、なんとか走り切ることができました。 山あいの野花や海岸線の美しい風景が記憶に残っています。 また楽しい旅をしましょう!

初日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2001-05