0201

台湾 花東公路海線

総合評価 ★★
開催日 2001.12.29(土)- 01.04(金) 難易度 ▲▲
参加者 サイダー/サリーナ 走行距離 210km

成功付近の海線
成功付近の海線

走行ルート図
地図ベース:Perry-Castaneda Library Map Collection

Googleマップ で地図を表示

◆コース紹介

台湾の南部から東部にかけては大変美しい景色が広がるという。 その中の大きな二つの都市、台東と花蓮を結ぶ割となだらかな花東公路海線を自転車で北上してみることにしました。

花東公路には山の合間を行く山線もありますが、こちらはアップダウンが激しいと思います。 現地の人のお薦めは海線でこちらのほうが景色が良いとのこと。

景色は噂通りすばらしいもので、左手にはすぐ近くにまで山並が迫り、右手には大変きれいな海が広がります。 椰子の木とすすきと田植えを同時に見るのも日本ではない風景。

途中、長浜の北には北回帰線が通り、ここまで太陽が真上に来るのかと思いを馳せます。

こんなところをのんびり走る予定でしたが、あいにく強風向い風でかなり辛いコースとなってしまいました。 花蓮付近には結構な登りもあります。

day 月日 コース 走行距離 備考
1 1229
(土) 晴
成田→台北 EG201/成田10:00→12:50台北  バスで市内へ100元
泊/麒麟大飯店
2 1230
(日) 晴
台北→台南 列車:自強号/台北08:20→12:20台南 741元  台南散策
泊/玉麒麟大飯店W800元
3 1231
(月) 晴
台南→台東 17km 列車:自強号/台南08:26→11:33台東 470元  台東散策
泊/金龍商務旅館W600元
4 0101
(火) 晴/曇
台東〜成功〜長浜 84km 自転車  花東公路海線を走る
泊/建華旅社W700元
5 0102
(水) 小雨/曇
長浜〜豊浜〜花蓮 91km 自転車 花東公路海線を走る
泊/大新大旅社W600元
6 0103
(木) 晴
花蓮→台北 19km 花蓮散策
列車:自強号/花蓮13:15→16:15台東 445元
泊/麒麟大飯店
7 0104
(金) 晴
台北→成田 EG204/台北13:50→17:45成田
1元 = 3.8 円 街歩き編1 台北・台南へ  街歩き編2 台東・花蓮へ

概要

スライドショウ(06'05" キャプション付 音声:BGMのみ)

台東付近台東〜成功〜長浜

台東付近

東部の最大の都市台東から、美しい海岸線を走る花東公路海線を北上して長浜まで。

途中には水が高い方に流れているように見える『水往上流』、大岩礁の『三仙台』、細長い岩の岬の『石雨傘』などの見どころがあります。

向かい風がきつく、ちょっとしたアップダウンもあり、バテバテです。

八仙洞付近を行く長浜〜豊浜〜花蓮

八仙洞付近を行く

花東公路海線の第二部は、東部海岸のほぼ中央部を走ります。 途中には大小さまざまな洞窟がある『八仙洞』や北回帰線を示す白い塔があります。

雨に向かい風、最後の強烈な登りに、アップアップです。

機車軍団街歩き編1 台北・台南

機車軍団

大都市『台北』と熱帯性気候の南国『台南』の街歩き。

大都市『台北』は、カラフルな看板に、古い2〜3階建ての建物と高層建築がごちゃまぜになっていて、その足元の露店を巡るのも楽しい。 機車(バイク)軍団も。

清代に台湾鎮守府が置かれた『台南』はお寺の街で、オランダや日本が統治していた時代の建物も多くあります。

路上で野菜を売るおばさんたち街歩き編2 台東・花蓮

路上で野菜を売るおばさんたち

台東では『天后宮』を巡り、紙銭屋さんや露店を覗き、南国のフルーツを食します。 花蓮では海辺の公園の自転車道を一巡り。

◆感想 by サリーナ

今回は、自転車で初の海外アジア・サイクリングです。 空港を降りたとたん、ド派手な看板や道端の屋台にワクワク、大興奮! 台東〜花蓮はとても景色がよく、普通なら自転車にとってすばらしいルートでしょう。 しかし、走り始めてすぐにリアキャリアが崩壊。 それに象徴されるかのごとく、以降は向い風、雨、長〜い坂、暗闇ダートと、次から次へと試練の連続。 特に実働7時間走行となった2日目は、本当に疲れてボロボロでした。 とはいえ、終わってみると『台湾旅行はすばらしかった!』と思えるのは、どこで何を食べても絶妙の料理の数々(毎食『ウ、ウマイ〜!』と叫んでいた)、そして、自転車に手を振ったり声をかけてくれた台湾の人たちの温かい笑顔があったから。 向い風でない時に、またぜひ走りたいな。

台湾 1 世界自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark

GEO POTTERING
uploaded:2002-01