0305-1

丹後半島 初日

網野~久美浜

開催日 2003年04月26日(土)曇
参加者 ナオボー/チューボー/ケンボーズ
ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★☆
難易度
走行距離 35km
地域 近畿

網野から山の中を行く
網野から山の中を行く

コース紹介

網野から山側のルートを取り、久美浜湾へ出ます。久美浜湾をぐるりと廻り久美浜温泉まで。山は桜がまだ残っていて、新緑が芽吹いたばかりの初々しさです。すこしだけきつい上りがありますがごくわずかな距離なので押しても大丈夫。車はほとんど通らない美しい快適なコースです。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)

地図:Googleマップgpxファイル/GARMIN Connect/Ride With GPS

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
網野 START 発14:30 r20 東京08:00→京都10:25→天橋立12:24→網野12:55
小さな峠 12km 着15:35
発15:45

r20,R312
ここまではゆる~い上り。
峠は勾配7~8%が1kmほど。
久美浜湾
 如意寺
24km 着16:35
発17:15

r11,r49
花の寺。
久美浜温泉 35km 着18:00 泊:久美浜温泉湯元館

バラ寿司バラ寿司

ジオポタ恒例のゴールデンウィーク企画、今年は丹後半島へ向け、いざ出発! 京都から山陰本線、タンゴ鉄道宮福線へと。これらの電車からの風景は田園、そして山間部への春のおとずれを感じさせるすばらしいものでした。

福知山にて参加メンバー全員が車内で合流。天橋立は後日ということで網野へと急ぐ。

いきなり昼食です。電車のなかで済ませるという案もあったのですが、網野にはなにやらすばらしい『バラ寿司』があるという。この情報はきさ家さんの『きこきこ日記帳』よりいただきました。さっそくおすすめの『とり松』へ向かいます。『さば』を『そぼろ』にしたものを二重にした豪華なものでした。

田園風景の中を進む田園風景の中を進む

お昼のあと、久美浜に向かって出発です。『ん~む、ここは山側が楽しそう!。明日からは海岸沿いのコースだから今日は山の中へ行きましょう!』 とはいつも野性の勘のサイダー。ありゃ、いきなり計画変更?

ということで、なぜか山へと向かうメンバーでした。

まずは平坦な田園風景。『おおらかで、素敵なとこやな~。』 とは企て人、笑顔の先頭のナオボー。このあたりは、のんびりおしゃべりしながら余裕で楽しく進みます。

ちょっと上りちょっと上り

しかし、『山の中』ということになれば、やっぱり上り?

徐々に勾配がきつくなってきた。風景も田園から『山』へと変わりつつある。

責任を取って?先頭を引くサイダー。『上りはあそこまでですよ~。』 

ほんまかいな? 疑念を隠せないメンバーなのですが…

あとに企て人ナオボー、サリーナ、ケンボーズと続く。

山間の集落を行く山間の集落を行く

『ほ~ら、もう終わった。』

最初の上りを終えると山あいの村に出た。確かに平らだねえ~、ここは。

まだまだ余裕のメンバーは、野花がきれいだとか新緑が素敵だとか言い合っている。

しかし、しばらくすると目指す先の風景は…

道は見当たらず、山が覆い被さり…

『ど~してくれんの、サイダー!(怒)』

畑の中へ畑の中へ

『ありゃ、どうしましょ… でも道はあるはずなんですよ、ローマまでね。。』 といいかげんなサイダーである。

地元の人に訪ねると、『ろーまってとこは知らんが、ここを行けば久美浜までは行けるよ。』

教えてもらった道は、幅員は狭いもののきちんと鋪装されていました。

『わぁお、こんなとこ行っちゃって大丈夫かしら~ん?』とは責任重大な企て人ナオボー。

どんどん山奥へどんどん山奥へ

道は山の奥へ奥へと我々を誘います。

『今日は山の中のコースですから…』(汗)のサイダー。

しかし、奥へ奥へと入るにつけ、新鮮な春の芽生えを新たに感じるのです。

『子供のころはよく、こんなところを駆け回ったっけね。』とはチューボーとケンボーズ。

山もずいぶん深まってきた。『峠は越えずにショートカットルートがあるはずなのですが…』

小さな峠越え小さな峠越え

しかしその道には冊が穿たれていた。入れたとしても絶望的なダート。やむなく全員で小さな峠越えです。

ホー、オケキョ~

『なんや~いまの、ウグイスやろか?』 『少し音程が悪いような気がしますが、ウグイスですね。』

ナオボーとケンボーズはこんな会話を交わしながら、『のんびりといきましょう~。』と押しモードに。

上るチューボーとサイダー上るチューボーとサイダー

勾配は7~8%でしょうか。1kmに満たないくらいの距離をえっちらおっちらと上ります。

快速ジーク、サリーナは余裕で上り、頂上でチューボー、サイダーを励まします。『もうすぐ頂上だよ~、がんばって~。』

里へ下る里へ下る

上りのあとは豪快なダウンヒルです。木々の間をかすめるような豪快な下りが終わると里に出た。

『いまの下り、すごかったやな~、いつの間にあんなに上ったのやろ~? こっちから上ったらたいへんやな~』 と驚きのナオボーでした。

ここからもしばらく緩い下りが続き、久美浜まではあっという間です。

如意寺如意寺

久美浜湾を廻り出したところに四季折々の花で有名な『如意寺』がある。『関西花の寺25ケ所霊場』の第7番札所で、この時期はミツバツツジが境内をピンクに染めて見事です。9月には萩! 約500種の四季折々の花が境内や散策道を彩るまさに『花のお寺』。

住職が『あの花は○○で、あちらは…』と説明をしてくれました。植物に詳しいケン・ボーズを中心に境内を散策するメンバー。

門の外には久美浜湾が広がります。

久美浜湾久美浜湾

『湾って、なんでこれが湾なんじゃ~?』とはジーク。確かに海と繋がっているような、いないようなで湖のようでもありますが。。

久美浜湾の西側は湾のすぐそばを通る箇所が少ないのがちょっと残念ですが、小高いところからの眺めが麗しい。

おだやかな久美浜湾をぐるりと廻り、網野方面へ少しもどると本日の宿に到着です。

チューボーチューボー

今回の丹後半島は、ゆっくり、のんびり、まさにポタリングでした。

海と山の景色が素晴らしかった。五色浜や琴引浜、棚田そしてもちろん天橋立の景観、また子午線塔なんてあんなところにあるなんて本当に以外でした。

食事の良かったこと!!  とり松と万助楼のあのちらし寿司、おいしいし満腹にもなりました。双子岩での昼食、あのボリュウム一杯の荒煮定食、今も目の前に浮かびます。宿の夕食も満足。

温泉も堪能しました。特に、吉野の里の露天風呂ゆったりしました。周りのロケーションが実に雄大で、自然のふところに抱かれた至福の時間でした。 こんなポタリング、いつでも歓迎です。

丹後半島TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05