0305-2

丹後半島 二日目

久美浜~丹後町

開催日 2003年04月27日(日)晴
参加者 ナオボー/チューボー/ケンボーズ
ジーク/サリーナ/サイダー
総合評価 ★★★
難易度 ▲▲
走行距離 40km
地域 近畿

起伏のある海岸線
起伏のある海岸線

コース紹介

久美浜から海岸沿いを経ヶ岬方面へ北上します。いろいろな浜や子午線最北の塔など見所がたくさん。春のうららかなこんな日はお花つみでも楽しみながら、のんびりポタリングしましょう。海岸線には起伏があり、美しい景色とともにちょっとした上りも楽しめます。

走行ルート図
地図ベース:国土地理院20万分の1ベース 山旅倶楽部提供 (描画:カシミール3D 他)

地図:Googleマップgpxファイル/GARMIN Connect/Ride With GPS

発着地 累積距離 発着時刻 ルート 備考
久美浜温泉 START 発09:15 R178
夕日が浦 5km 着09:30
発09:45

地方道
広々とした海。
五色浜 9km 着10:15
発10:45

地方道
入り組んだ海岸線。
七龍峠
 ロードパーク
11km 着11:00

地方道
ちょっと休憩。
子午線最北の塔 13km 着11:40

地方道
ここは明石と同じ経度?
網野
 島児神社
15km 着12:00
発13:15

R178
昼食:またも『ばら寿司』
琴引浜 20km 着13:50

R178
鳴き砂は残念ながら鳴かなかった。
城島 28km 着14:30

地方道
のんびり散歩。
道の駅
 てんきてんき
30km 着15:05

R178
休憩
古代の里 32km 着16:00

R178
竪穴式住居を見学。500円
宇川温泉
 よし野の里
40km 着17:30 泊:よし野の里★★★

野花と青い海野花と青い海

丹後半島は海も山も野花も美しい。 透き通るようなエメラルドの海を背景に可憐な野草が咲き競います。

白い花はダイコン類ですね~。あっちはニンジン類ですよ~。

え~、ほんと~?

だが、どうやら本当らしい! 食べられるのかな?? これはちょっと食べられないらしいね。

『これは私らのところではスカンポっていいます。』 と道端の別の太い草をもぎ取り、ポリポリと食べてみるのはケン・ボーズでした。

夕日が浦夕日が浦

おだやかな道を進むと砂浜の海岸に出ました。『夕日が浦』でしょうか。さきほどまでの風景とは違って、海が目の前に広がります。名前のとおり、ここからの夕日は見事でしょうね。

サーファーが小さな波を頼りに楽しんでいました。

一列でゆっくり上る一列でゆっくり上る

おだやかな海岸も終わり、いつしか緩い上りとなります。

『今日は迷走はないですから安心を~』とは先頭のサイダー。

『今日はたっぷり時間があるからのんびりゆこうね~。』と2番手のナオボー。

3番手、今日も余裕のサリーナ。

『今日は距離が短いからなんとかなるかな~』とは4番手のケン・ボーズ。

しんがりは、いつもひょうひょうのチューボー。カメラは我らが大王ジーク。

五色浜五色浜

今度はちょっときつい上り。やっとのぼった~、と思ったら眼下に素晴らしい景色が広がっている。

『これはいかなくちゃ~。』 と、どんどん下るサリーナ。しぶしぶ後を追うメンバー3人。せっかくの位置エネルギーを失うのはいやだというのは、ジークとナオボー。どうやら五色浜のよう。

ボコボコの平らな岩が広がる海岸です。『紀伊半島の千畳敷の小さなもんですなぁ。』 潮干狩りをする人が何人もいました。イソギンチャクやカニを見つけては歓声をあげます。(お待たせしました、ナオボー、ジーク)

出入りの多い海岸線をバックに出入りの多い海岸線をバックに

ゆるーい上りとゆるーい下りがず~と続きます。

そして道はつづら折りです。その一つのカーブを曲がり切ると、パッと視界が開け、さらに先のつづら折りが見えるのでした。

はるか彼方の今日のコースを一望に記念撮影。

山間の集落山間の集落

下を見下ろすと、つづら折りの先に小さな美しい集落が現われました。

『のんびりした感じの気持ちいい村やな~』と、しんがりを務めるチューボー。

こんなところで生活したら人生観も変わるでしょうね。

琴引浜琴引浜

お昼は網野の島児神社の向かいのお店でお寿司。出てきたのはまたもや鯖の『ばら寿司』でした。『このへんでお寿司といったらこれなんですよ。』 とのこと。

網野を走り出すとすぐに、鳴き砂で有名な『琴引浜』に到着。この浜では煙草の『灰』を落とすことさえ禁じられている。こういった雑物が砂に混じると鳴かなくなるのだという。

靴をくくっ、と砂に埋めてみるが『鳴かないみたいだね~。。』 お天気のせいかな?

海岸海岸

砂浜があるかと思えば、鬱蒼とした植物に覆われた海岸もあります。走るごとに違った風景が次から次ぎへと繰り広げられます。今回の海はあくまで穏やか。しかし、透き通るようなエメラルドも場所によりその色をすこしづつ変えてゆきます。

城島の小さな湾城島の小さな湾

間人! さてなんと読むでしょう? カンジン、マジン、違いますよ。『たいざ』と読みます。穴穂部間人(あなほべのはしうど)皇后がここを『はしうど』と名付けたあと斑鳩に帰った。人々は皇后の名を口にすることをはばかり、皇后がこの地を『退座』したことにちなみ、『たいざ』と呼ぶようになったとのことです。このあたりにはむずかしい読みの地名が多いですね。

城島に到着です。小さな湾にはイカ吊り漁船がありました。湾の水はものすごく透明。

海岸線をどんどこ行く海岸線をどんどこ行く

入り組んだ海岸線だから当然アップダウンは多いのだけれど、中にはこんな平坦な直線も。本当はちょっと上りだけどね。(笑)

雲一つない真っ青な空と、その青を写すような海を眺めながら、『お~、ここはすごい~。』 と全員フル回転で豪快に飛ばす。

このあたりには、立岩や屏風岩などのすばらしい景色があります。

その後、竪穴式住居をいくつか集めた博物館?が目に止まったので立寄ってみました。

丹後松島を後ろに丹後松島を後ろに

ようやく丹後松島に到着です。丹後松島は、陸と地続きになった小さな島が一つあるだけのところでした。ここの松島の名はあの宮城県の松島からではなく、単に島に松が多かったことからきているのでしょうか。

ともかく後ろに松島をひかえた砂浜にて、記念撮影です。

丹後松島からほんのちょっと山側に入ると今日の宿泊地 よし野の里 に到着。露天風呂からの眺めがすばらしい快適な宿です。夜はしんと静まり返った海の彼方にイカ吊りの漁火がおどろくほど等しい間隔で並んでいるのが見渡せました。

ケン・ボーズケン・ボーズ

丹後は、食べ物が美味しかった。鯖のそぼろ寿司は二日連続で食べた。(思い出したら、おなかが鳴りそう!) それにしても、天気も眺めも素晴らしかった。波の音を聞きながらのポタリングは「生命」の洗濯になりました。

このコースは、車ではもう何回走ったことでしょうか。しかし、自転車での経験は初めて。頬にあたる風の心地よさ、第一日の林間での冷たいほどの風の感触。苦しい上りから、下りにかかるときの心地よい風の優しさ。

そして、静かな中に感ずる自分のこぐ、タイヤの音。聞こえて来る鳥の声、はるか下から聞こえる波の音。自然と一体となれるというのが自転車の醍醐味ということをしみじみと感じたポタリングでした。

< 前日へ 丹後半島TOP 翌日へ >
日本自転車コースリスト GEO POTTERING home
GEO POTTERING trademark
GEO POTTERING
uploaded:2003-05